ヒューマン・ラブ・ラノベ

『カラスの親指』道尾秀介【あらすじと感想】鮮やかな詐欺師たち

騙しているつもりが騙されていた!?

道尾秀介さんの小説『カラスの親指』感想です。道尾秀介さんの本、初めて読んだのですが すごいですね!見事に騙されました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
だ、騙された・・・。

『カラスの親指』あらすじ

スカッとする逆転劇!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
詐欺を繰り返すタケさんとテツさん。彼らの元に、1人の少女が仲間入りする。やがて仲間は増え続け・・・。彼らには忘れられない過去があった。

『カラスの親指』感想

『カラスの親指』は 前々から気になっていた小説です。・・・というのは、レビューの評価がどの方もとても高いから。

読んでみて納得でした。もっと早く読めば良かったです。

他人でありながら本当の家族

とても読みやすい物語でした。タケさんとテツさんの会話のリズムが心地良かったです。クスリと微笑んでしまいました。

後に加わる同居人と1匹がいるのですが、どの人物にも愛着が湧きました。会話からキャラクターの人柄が伝わってきます。他人でありながら本当の家族のような温かさ。

登場人物たちは それぞれが過去を引きずって生きている人々です。

タケさんとテツさんは詐欺師で、まひろさんはスリ。

悪いことをしているのにそのキャラクターに魅力を感じてしまう。道尾さんの描き方にあるのでしょうね。過去から逃げ続ける毎日。ある時を堺にして逆転劇を仕掛けます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とてもスリリングな展開で目が離せなない。

道尾マジック

『カラスの親指』の面白さの1つに 読者をペテンにかけるマジックのようなものがあります。

理想的な詐欺は相手が騙されたことに気づかないこと。でもマジックは相手が騙されたことを自覚できなければ意味がない。

道尾さんは詐欺とマジックの違いをこのように書いています。

これが道尾マジック。

見事に騙された私は最後に実感しました。結末にビックリして感動して・・・。最後の最後まで忙しかったです。騙しているつもりが騙されていた。

タイトル『カラスの親指』には 意味があります。

親指だけが正面からほかの指をみることができる。

思わず自分の手のひらを見つめちゃいました。最後まで読み終えると、この本のタイトルがなぜ『カラスの親指』なのかがわかります。それが誰を指しているのかも。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
道尾マジックに はまっちゃいそうです。

こちらもオススメ

『スケルトン・キー』道尾秀介【あらすじと感想】切ないサイコパス道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...
『笑うハーレキン』道尾秀介【あらすじと感想】偽りの顔と素の自分道尾秀介さんの小説『笑うハーレキン』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。全てを失ったホームレスたち、ピエロと道化師の違い、笑顔の裏にある哀しみ、アイツ (疫病神) の存在、意外なカラクリについて書いています。...
絵本『緑色のうさぎの話』道尾秀介【あらすじと感想】それでも生きてゆく道尾秀介さんの絵本『緑色のうさぎの話』あらすじと感想です。仲間はずれにされた緑色のうさぎのお話でした。大事なのは言葉にすること、読んだ後に残る切なさについて書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA