ヒューマン・ラブ・ラノベ

『カラスの親指』道尾秀介【あらすじ&感想・レビュー】タイトルの意味に驚愕!華麗な詐欺師たち

この記事に書かれていること
  • 『カラスの親指』あらすじと感想・レビュー
  • 華麗な詐欺師たち
  • 詐欺とマジックの違い
  • アルバトロス作戦
  • テツさんの思い
  • 『カラスの親指』タイトルの意味と結末

ネタバレあります。ご注意ください。

カラスの親指は誰か?

道尾秀介さんの小説『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』感想です。詐欺師のお話だけあって、騙され感が半端ない。再読でしたが、楽しめました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
映画にもなっていますね。

小説を読んだ後で阿部寛さん主演の映画も見ました。小説も映画もテツさんが好きです。

『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』あらすじ・登場人物

驚愕の逆転劇!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
詐欺を生業として生きる中年男2人組。ある日、彼らの生活に1人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?息もつかせぬ驚愕の逆転劇と感動の結末。第62回日本推理作家協会賞受賞作。

主な登場人物
  • 武沢竹夫 (タケさん) ・・・主人公、詐欺師
  • 入川鉄巳 (テツさん) ・・・タケさんの相棒、詐欺師
  • 河合まひろ・・・スリで生計をたてている
  • 河合やひろ・・・まひろの姉
  • 石屋貫太郎・・・やひろの彼氏
  • トサカ・・・白ネコ
ヤミ金組織関係者
  • ヒグチ
  • ノガミ
  • セイリヤ
  • 老ソラマメ

『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』感想・レビュー

爽快でした。ペテンを仕掛ける方が、実は騙されていた・・・。スピーディな頭脳戦と思いきや、人情あふれた家族ドラマのような物語です。

タケさん、テツさん、やひろにまひろ、貫太郎。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
登場人物のキャラが良いんですよね。

この中に タイトル 「カラスの親指」 が指している人物がいます。道尾さんの小説は タイトルに深い意味があるものが多い。

ひつじくん。
ひつじくん。
意味がわかったときの衝撃がクセになるね。

華麗な詐欺師たちと 「他人家族」

『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』は 詐欺師のお話です。主人公・タケさんとテツさんは詐欺師、まひろはスリで生計をたてていました。

詐欺の手口が華麗なんですよね。悪いことをしているのに、登場人物に魅力を感じてしまう。どのキャラも個性的です。

ひょんなことから、タケさん、テツさん、まひろ、やひろ、やひろの彼氏 (貫太郎)、紛れ込んだ猫 (トサカ) が一緒に暮らし始める。

5人と1匹は 他人なのに 本当の家族みたいでした。指の話が印象的です。

指の話

お父さん指はテツさん、お母さん指はタケさん、お兄さん指は貫太郎、お姉さん指はやひろ、赤ちゃん指はまひろ。

タケさんがお母さん指なのは笑ってしまったけど、お父さん指にテツさんなのは最後まで読むと納得です。

詐欺とマジックの違い

やひろの彼氏・貫太郎はマジシャン。彼が言う、理想的な詐欺とマジシャンの違いが新鮮でした。

詐欺は相手が騙されたことに気づかないのが理想的。マジックは相手が騙されたことを自覚できなければ意味がない。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
技術を駆使して人を騙すのは一緒だけど、詐欺とマジックは 似ていてまったく反対なのですね。

道尾秀介さんの小説、こういう小話が面白くて好きです。

例えば『笑うハーレキン』で書かれていた道化師とピエロの違い。道化師の顔に涙マークを描くとピエロになるという小話が書かれていました。

『笑うハーレキン』道尾秀介【あらすじと感想】偽りの顔と素の自分道尾秀介さんの小説『笑うハーレキン』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。全てを失ったホームレスたち、ピエロと道化師の違い、笑顔の裏にある哀しみ、アイツ (疫病神) の存在、意外なカラクリについて書いています。...

『staph スタフ』で書かれていた乳酸菌のおにぎりの話。手で握ったおにぎりは時間が経つと乳酸菌で美味しくなるそうです。

『staph スタフ』道尾秀介【あらすじと感想】悲しく切ない不可逆性変化の罪道尾秀介さんの小説『staph スタフ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魅力的な登場人物でした。乳酸菌でおにぎりが美味しくなること、スタフの意味、不可逆性変化の罪と黄色ブドウ球菌について書いています。...

ちょっとしたウンチク (雑学) 的な小話ですが、なるほどと思います。

アルバトロス作戦

タケさんもテツさんも、やひろもまひろも、みんな残酷な過去を背負って生きていました。もう逃げたくない。彼らはアルバトロス作戦を決行します。

アルバトロス作戦

ヤミ金組織をペテンにかけて、アホ面かかしてやる計画。

アルバトロスとは アホウドリのこと。日本ではアホウドリと呼ばれていますが、海外では格好いい鳥のようです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
貫太郎が良い味だしてました。

騙すことが本業の彼ら。ヤミ金組織相手に暴力では勝てないけど、頭脳戦なら・・・。

騙す側と騙される側。誰が騙していたのか、最後の最後にひっくり返るのが面白かったです。

テツさんの思い

テツさんの思いに胸を打たれました。

家族もいない。仲間もいない。何もない。だから、せめて死ぬ前に、あの世に持っていけるような思い出が欲しかったんですよ。

自分が詐欺師であったことを後悔していたテツさん。最後に願いが叶って良かったです。

ひつじくん。
ひつじくん。
自分の人生の終わりが見えたとき、過去を振り返りたくなるかもしれないね。

みんな残酷な過去を吹っ切れた。そして素敵な思い出になったんじゃないかな。

『カラスの親指』タイトルの意味と結末 (ネタバレあり)

『カラスの親指』はズバリ、テツさんを指しています。

カラスというのは玄人のことです。カラスが黒いから そう言うようですね。ここでは玄人の詐欺師を指しています。

親指は そのまま父親の意味ですね。テツさんは やひろとまひろの本当の父親だった。そして親指にはもう一つ意味がありました。

親指だけが、正面からほかの指を見ることができるんです。ぜんぶの指の中で、親指だけが、ほかの指たちの顔を知ってるんですよ

思わず自分の手を見てしまいました。確かに正面に向かい合わせになるのは親指だけです。

タケさんがかつてヤミ金組織で やひろとまひろの母の取り立てをやっていたこと。その罪滅ぼしで彼女たちにお金を送っていたこと。ヤミ金組織から逃げるように暮らしていたこと。

全てをテツさんは知っていた。知っていて彼らが出会うように仕向けたのです。

ひつじくん。
ひつじくん。
みんなテツさんの手のひらの上でコロコロ転がされていたんだね。

二重、三重のペテン。騙され感が半端ないけど、結末は感動します。そして読了感は爽快でした。

続編もあります

こちらもオススメ

道尾秀介さんの小説カエルの小指レビュー
『カエルの小指』道尾秀介【あらすじ&感想・タイトルの意味を考察】ド派手なペテン計画の結末は?道尾秀介さんの小説『カエルの小指 a murder of crows』あらすじと感想・レビューです。少しだけネタバレあります。タイトルの意味の考察と解説、5本の指とあの男の話、印象に残った言葉、蛙化現象、結末について書いています。...
『スケルトン・キー』道尾秀介【あらすじと感想】切ないサイコパス道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...
『鏡の花』道尾秀介 「もしも」 の世界を描いた連作短編集道尾秀介さんの小説『鏡の花』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。『もしも』の世界、後悔と深い哀しみ、今ある 「繋がり」、『シュタインズ・ゲート』について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA