ヒューマン・ラブストーリー

『最果てアーケード』小川洋子【あらすじと感想】思い出を求めて・・・

思い出を求めて・・・。

小川洋子さん『最果てアーケード』
寂しくて、優しい・・・。小川洋子さんの本を読むと、「モノ」と向き合いたくなります。そう言えば、前に読んだ絵本『ボタンちゃん』でもそんな気持ちになったっけ。

『最果てアーケード』あらすじ

記憶のかけらが集まった、小さなアーケード。

『最果てアーケード』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
様々なひとたちが、思い出を探しにくる小さなアーケード。ちょっぴり切なくも美しい物語。

【目次】

衣装係さん、百科事典少女、兎夫人、輪っか屋、紙店シスター、ノブさん、勲章店の未亡人、遺髪レース、人さらいの時計、フォークダンス発表会

『最果てアーケード』感想

小川さんの物語は、独特の世界観がありますね。それがたまらなく好きなファンも多いんじゃないかな。

『最果てアーケード』は1人の女の子が愛犬べべと共に、亡くなった父親の面影を追いながら成長していく物語です。短編集のようになっていますが、全て1人の少女の視点で書かれていました。

静謐な寂しさ

優しさと寂しさを感じました。

それも、静かな静謐なものです。心がほわりと温かくなる一方で、すこし残酷なところもある。そんな世界観が魅力の作家さんです。

本書を読んで、心に刺さった言葉がありました。2人の人物の言葉なんですが、とても切なさを感じます。

1人目は「衣装係さん」

かつて映画の衣装を作っていた彼女は、たびたび、アーケードのレース屋さんに来ます。そして自宅で独り、せっせと衣装を作るんですが・・・、

誰も着ない衣装を作り続ける「衣装係さん」。

・・・なぜ?
心がチクリと痛みました。彼女は、レースにある思い入れがあったんですよね。それを読むと、一心にレースを買い漁り、誰も着ることのない衣装を作り続ける気持ちが少しだけ理解できたような気がしました。

2人目は「雑用係さん」です。

自分で自分に絵葉書を送る「雑用係さん」。

切なさが込み上げてきて、そのまま読めずに思わず天井を見上げて小休止しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「衣装係さん」も「雑用係さん」も、ここで描かれている他の人たちは、みんな必死に生きているんですよね。

それが伝わってくるから、切なくもじんわりと温かな気持ちになります。

百科事典少女

1番好きだなと思ったのは「百科事典少女」です。

そこには女の子の友達のRちゃんが登場します。アーケードにある図書室で本を読む2人。Rちゃんの愛読書は、10巻までの百科事典でした。

・・・え!?と思うかもしれませんね。

調べ物をする時は開くこともありますが、愛読書というのは珍しい。でもこの章を読むと、百科事典をペラペラめくりたくなってしまうんです。

この世界では、し、ではじまる物事が一番多いの。し、が世界の多くの部分を背負ってるの。この釣り針みたいな頼りない一文字が、実はひそかに一生懸命がんばってくれているんだよ。

ここで描かれている百科事典は10巻までのもので、5巻目は、まるまる「し」で始まる言葉でした。

「し」って、すごいんですね。でも世界は「し」だけじゃなくて、その他の文字もあわせて成り立っている。百科事典には、この世界の全てが入っているんです!思わず事典をめくりたくなってしまいました。

少しネタバレになりますが・・・

実はこのRちゃんは重い病気で死んでしまうんです。そしてその後、ある紳士がアーケードを訪れます。

Rちゃんのお父さんです。

彼は娘が読んでいた百科事典を丁寧に書き写していく。何日も何日もかけて、黙々と。辞書を通して娘の思い出を辿っていくんです。この部分を読んだとき、胸が熱くなりました。

「モノ」と思い出

私が小川洋子さんの本を読むのは2冊目です。

前は絵本『ボタンちゃん』を読みました。その2冊を読んで感じたことがあります。

小川さんの「モノ」に対しての愛情です。

『最果てアーケード』は、何かしら大切な人を失った人々が出てきます。衣装係さんや、Rちゃんの父親、兎夫人・・・。彼らはみんな小さなアーケードに思い出の品を探しに来るんです。

こじんまりして昔ながらのアーケード。そこは人々が、悲しみの果てにようやくたどり着いた場所なのかもしれません。

使用済みの絵葉書、義眼、徽章、発条、玩具の楽器、人形専用の帽子、ドアノブ、化石……。アーケードの店主たちは、それらを大切に扱っています。

小川さんは、「モノ」と「ヒト」との思い出を愛情いっぱいに描いているんだなと思いました。・・・だから切ないけど、ジワッと温かい。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
Rちゃんの父親のように、娘が読んでいた本に接することで、子供を失った悲しみを癒していく人もいるんですよね。

使い古しのレースでも使用済みの絵葉書でも、その一つ一つには思い出が詰まっていて。それらと向き合う時間はとても静謐。他人が土足で入ってはいけないような、静かな時を感じました。

父親の面影を求めて

アーケードを通して、女の子は様々な人の喪失感や悲しみを見ていきます。全て彼女の視点ですが、時系列がバラバラなんです。

父親が生きていた頃と、火事で亡くなってしまってからのこと。お客さんを尾行して、その背中に父親の面影を見ていたり・・・。

この物語は、一冊を通して父親との思い出が描かれているんですね。

温かい、寂しい、温かい、寂しい、温かい・・・。そんな感情が交互にわきあがってきます。心が静かに澄み渡っていく・・・。そんな物語でした。

こちらのレビューもどうぞ。小川洋子さんの絵本です。

『ボタンちゃん』小川洋子【あらすじと感想】思い出を見つけに・・・ボタンちゃんが出会ったもの。それは・・・小川洋子さん『ボタンちゃん』絵本小川さんの言葉がやさしく心に届きます。岡田千晶さんの淡いタッチの...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. ボオ より:

    こんにちは。

    小川洋子さんの作品は、初めてでした。独特な世界観である事には、全く同意します。

    正直な所、読後に浮かんだ最初の感想は、「不気味」でした(あの結末は、ちょっと···)。しばらくして、「いや、それを全体の感想とするには乱暴だなー」と再考しました。

    で、大まかな感想となりますが···。

    まず、店主達の多くは個性豊かな上に辣腕で、お客の心をガッチリとキープしている様は、堂々たるものでした(「満足して、二度と現れない」お客も結構いた気がしますが···)。

    また、アーケードは、一時を過ごすにも居心地が良さそうでした。べべに会えれば、なお良しです。

    以上です。
    初めて出会う著者の作品を好きになれると、嬉しいです。ではでは。

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちは。
    コメントをありがとうございます (*^^*)

    私も小川洋子さんの本はあまり読んだことなかったのですが、(絵本を含めて2冊です) 独特な世界観だなと思いました。ハマる人はハマるのかなと思います。

    アーケード、確かに居心地が良さそうですね。べべに会いたいです (*´`)

    店主たちを見ていると、もの悲しい気持ちになったのを覚えています。でもイヤな感じではなくて、独特な雰囲気というか小川さんが描く世界にすんなりと入れました。・・・こういう空気感が好きなのかもしれません。

    実は結末がどうだったか記憶があいまいなんです (*^^*ゞ 店主たちが個性的すぎて、印象が強かったからかな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA