アート・スポーツ小説

原田マハ 「タンギー爺さん」 リンゴの画家 ポール・セザンヌ

どこまでも美を追求した画家、ポール・セザンヌ。

原田マハさん『ジヴェルニーの食卓』
第3回目は、ポール・セザンヌを描いた 「タンギー爺さん」 のレビューです。

少しだけネタバレあります。

『ジヴェルニーの食卓』あらすじ

有名画家の半生を描いた短編集。

『ジヴェルニーの食卓』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネ。彼らの人生がよみがえる。

リンゴの画家、ポール・セザンヌ

リンゴの画家とも言われるポール・セザンヌ。リンゴをモチーフにした絵は 60点ほどあるようです。

こちらは 「リンゴとオレンジ」 です。

白いナプキンやお皿の上にたくさんのりんごとオレンジが描かれています。でもよく見ると、お皿、なんだか歪んでる?

原田さんの記述にこんな文章がありました。

あなたの絵の中のリンゴは、不思議にぺたっとしていて、それなのにこんもりやわらかく盛り上がってもいて、じいっとみつめるうちに、なんだか目を離せなくなってしまう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
確かに、じぃっと見てると不思議な感覚になります。りんごに惑わされるというか・・・。

実は、セザンヌは、さまざまな方向から見たモチーフを1番良い角度で描いているんです。・・・お皿が歪んで見えるのは、そこからみたリンゴが最も良く見える角度だから。

すべてはリンゴのために。

こんな描き方もあるんだなと、びっくりしました。・・・おそるべし、セザンヌ。

『タンギー爺さん』感想

ポール・セザンヌのリンゴに魅入ってしまいました。そしてタンギー爺さんのおおらかさ、温かさを感じる1話でした。

おおらかなタンギー爺さん

この1話は、タンギー爺さんの娘がセザンヌに宛てた手紙文で展開されます。

ジュリアン・フランソワ・タンギー

この時代の印象派画家にとっては、いなくてはならない存在です。貧しい画家たちを理解し、彼らの絵と交換するかたちで、絵具などの画材を提供していました。セザンヌにも、ゴッホにも・・・。

でもそのおかげでタンギーのお店は赤字続き・・・。家族の支えもあり、成り立っていたんだなとしみじみしました。

タンギー爺さんと言えば、フィンセント・ファン・ゴッホが描いたタンギーの肖像画が思い浮かびました。

メインはタンギー爺さんですが、背景に日本の浮世絵らしきものが描かれているのにも目がいってしまいます。

ゴッホを描いた、原田さんの『たゆたえども沈まず』。そちらにも彼が出てきました。『ジヴェルニーの食卓』の方を先に書かれていますので、読む順番が逆になってしまいましたが・・・。

『たゆたえども沈まず』原田マハ/【あらすじと感想】ゴッホ 「星月夜」/兄を支えたテオドロスゴッホの情熱 原田マハさんのアート小説『たゆたえども沈まず』です。今回は ゴッホ を扱っていました。フィンセント・ファン・ゴッホに...

初め、「タンギー爺さん」 というタイトルを見たとき、ゴッホを描いたお話なのかなと思っていたのですが、・・・あら、違う? セザンヌ・・・ってポール・セザンヌ?と意表をつかれた感じで読み進めました。

セザンヌの口ぐせ

ポール・セザンヌ。
リンゴの画家と言われたエピソードなども語られていて心が温まりました。その彼がたびたび口にしていた言葉があります。

リンゴひとつで、パリをあっと言わせてやる

・・・まさに、リンゴの絵を見た ひだまりさん。は、あっと驚いたわけですが、それにしてもセザンヌの視点はすごいなと思います。

彼については、また読む順番が逆なんですが、以前に原田さんの小説でお目にかかったことがありました。『デトロイト美術館の奇跡』です。

『デトロイト美術館の奇跡』原田マハ【あらすじと感想】マダム・セザンヌへの想い「マダム・セザンヌ」への想い 原田マハさん『デトロイト美術館の奇跡』 10月7日~東京の上の森美術館で『デトロイト美術館展』...

そこで描かれていた油彩画「マダム・セザンヌ」。ポール・セザンヌの妻、オルタンスを描いた絵でした。そちらもぐっと引き込まれるんです。

その時はリンゴの絵をじっくり見ることなく読み終わってしまいました。今回 「タンギー爺さん」 で描かれたセザンヌを読むと、また違った発見があって面白かったです。

一番印象に残ったシーン

一番印象に残ったのは、周りの人たちが彼について語っているシーンでした。

それを読むと、ポール・セザンヌって偉大な画家だと思うんです。そして自分のことのように嬉しくなる。

リンゴが最もよく見える角度を丹念に描いたセザンヌ。この手法が高く評価されています。まさに彼だけの表現。

ゴッホも、セザンヌを高く評価しています。彼の絵は、今までの印象派画家とはひと味違う雰囲気を持っています。リンゴの絵からも伝わるように、モチーフの美に徹底的にこだわっているんです。

飽くなき美の追求

原田マハさん『ジヴェルニーの食卓』より、「タンギー爺さん」 のレビューでした。

ポール・セザンヌについて、そしてリンゴの絵が衝撃でした。

やはり画家の視点は熱く鋭いなと思わずにはいられません。彼はどこまでも美を追求し続けた画家なんですね。それもそのモチーフの本質の美です。

リンゴはリンゴ以外の何ものでもなく、でもリンゴゆえに美味しく美しい。・・・自分で書いていてよく分からない日本語になっていますが (*^^*ゞ

ひだまりさん。
ひだまりさん。
角度を変えても本質は変わらないけど、美しさって見る角度で変わってくる。モノでも人でも。

ちょっと余談。

先月、店長会での支店長の話が頭をよぎりました。

「スタッフを輝かせてあげるのも店長の仕事」・・・というようなことです。

ポール・セザンヌが角度を変えてリンゴの美を追求し続けたように、ひとりひとりのスタッフの持ち味を輝かせてあげられたら、素敵なお店になるだろうなと思いました。

『ジヴェルニーの食卓』より、他のレビューはこちら。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA