ヒューマン・ラブストーリー

『荒地の恋』ねじめ正一【あらすじと感想】詩人・北村太郎の恋の行方と結末

この記事に書かれていること
  • ねじめ正一さんの小説『荒地の恋』あらすじと感想
  • 荒地派の詩人
  • 北村太郎の恋
  • 大人な関係
  • 儚き人生の終焉と穏やかな結末

少しだけネタバレあります。

恋に落ちた詩人・北村太郎

ねじめ正一さんの小説『荒地の恋』感想です。本格的な恋愛小説を読んだのは久しぶりです。豊川悦司さん主演でドラマ化されるということで、どんなものかと読んでみたのですが・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
何だ、この人たちは!!

登場人物がみんな個性的で面白すぎる。くっついては離れて、またくっついて・・・・・。今で言うところの不倫です。

家庭を捨てて禁断の恋に走る情熱的な男と女。何歳になっても人は恋をするものなのですね。そしてそれは盲目です。

『荒地の恋』あらすじ

詩人・北村太郎の恋と地獄。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
北村太郎は53歳、詩人。ある時、親友の妻に恋をして・・・。

『荒地の恋』感想

1998年、宝島社の新聞広告で刺激的なキャッチコピーが掲載されました。

そこに登場していたのが、詩人・田村隆一です。荒地派の代表的な詩人。田村の妻を奪った男がいました。北村太郎、本書の主人公です。

舞台は1970年代後半から80年代。ここに出てくる人たちは、みんな実在するんですよね。荒地派と言われる戦後の代表的な詩人たちです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
実在の人物だから興味深かったです。恋は盲目。

荒地派の詩人

みんな自分に正直

そうじゃないと家庭を捨ててまで恋に生きることなんて出来ないんじゃないかな。このお話に出てくる人たちは、主に『荒地』という同人誌のメンバーです。

check!

『荒地』は、1947年9月~1948年6月まで刊行されていた詩の同人誌。中心メンバーの田村隆一の誘いによって集まりました。本書で登場するメンバーは・・・、

  • 北村太郎 (豊川悦司さん演じる北沢太郎)
  • 田村隆一 (松重豊さん演じる三田村貴一 )
  • 鮎川信夫
  • 加島祥造
  • 中桐雅夫
  • 疋田寛吉

みんな実在する人物です。

53歳の男が恋に落ち、多くの人を傷つけても自分に正直に生きる。少し自分勝手な気もしますが、そこに至るまでの葛藤と人間関係が面白いんです。

自分勝手だけど世間に愛されている男。北村に魅力を感じました。

北村太郎、恋に落ちる

恋に落ちるのはいつも突然です。

北村は 友人でかつて同人誌のメンバーであった田村の妻・明子 (ドラマでは鈴木京香さんが演じます。実名は和子らしい) に恋をします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
友人の奥さん・・・・・って。

絶句してしまいます。さらに悪いことに、彼は自分の妻に正直に打ち明けてしまうんです。こんなに正直すぎていいの・・・と、あ然としました。

でも一度燃え上がったものは止めることができないですよね。やがて北村は家庭を捨てて明子と暮らし始ることに (結局その恋にも終わりがくるのですが・・・)。

そこまでの過程が泥沼状態で、当事者だったら耐えられないかも。読んでいて、うわーと思いました。

大人な関係

興味深かったのは、それぞれの大人 (奇妙?) な関係です。北村は明子と暮らしますが、明子の夫であり彼の友人でもある田村との交友関係は続いていくんです。

2人の展開を大まかに言うと こんな感じです。

  • 北村→明子と付き合う→別れる→阿子という女性と付き合う。(モテモテですね)
  • 明子→北村と付き合う→別れる→田村とよりを戻すが、北村の世話を焼く。

主人公が田村の妻 (明子) をとったのに2人の友情はそのままで。結局、彼女とは上手くいかなくなり別れる。その後、主人公に新たな恋人 (阿子)が出来ても明子が世話を焼きにくる。

・・・へんな関係。ちょっと狂気すらも感じてしまいました。

でもそれが人間なのかなとも思ってしまうんです。周りから見たら理不尽なことにも、当人達にとっては普通のことなのかも。

北村の明子への気持ちにも変化が生じます。愛している気持ちは変わらないけれど、それがいつしか恋愛から妹に抱くような愛情に変わっていきます。

ひつじくん。
ひつじくん。
愛にも様々なかたちがあるものだ。

『荒地の恋』儚き人生の終焉と穏やかな結末

『荒地の恋』を通して見えてくるのは1人の男の人生です。

恋愛を中心として描かれている物語と思いきや、決してそれだけではないんだと気づきます。家庭を捨た男のその後の人生。友人の死と元恋人の自殺騒動がありました。そして発覚する主人公の病・・・。

多発性骨髄腫。後半で描かれているのは「死」です。

どんなに楽しい人生を過ごしても辛い時を送ってても、死は平等に訪れるんだなと しみじみしちゃいました。

人生って儚いけど、その結末は穏やかなものでした。静かに幕を閉じます。

不倫の果ては地獄

「愛」と「地獄」を感じました。不倫で始まる恋が愛になり、果ては地獄へと続いていく。妻と子供との関係。明子との甘い生活から地獄へ。

まさに荒地ですね。それでも一緒になりたいと願う気持ちは正直わからなくもないです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
夫婦って何だろう。夫の一言で簡単に崩れてしまう絆の儚さ。

切ない気持ちと恋をする気持ちと半々で読んでいました。でも なぜか主人公を憎めないんですよね。

他にもあります

WOWOWドラマ原作本のレビュー

こちらもオススメ

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA