アート・スポーツ小説

「エトワール」 原田マハ / エドガー・ドガは、なぜバレリーナを描き続けたのか?

この記事に書かれていること
  • 原田マハさんの短編小説 「エトワール」 あらすじと感想
  • エドガー・ドガと踊り子
  • 印象派・女性画家、メアリー・カサット
  • 彫刻作品 「十四歳の小さな踊り子」
  • エトワールに込められた思い

少しだけネタバレあります。

バレリーナを描き続けたエドガー・ドガ

原田マハさんの短編小説『ジヴェルニーの食卓』より、第2回目は、エドガー・ドガを描いた 「エトワール」 のレビューです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
バレリーナの画家。

『ジヴェルニーの食卓』あらすじ

「一瞬」 に情熱を捧げた画家たちの物語

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネ。彼らを描いた珠玉の短編集。

エドガー・ドガと踊り子

「エトワール」 で描かれている画家、エドガー・ドガ。初めに彼の絵を紹介します。

エドガー・ドガの絵は バレエを描いたものが多い。それもかなり緻密・・・というか、立体的で今にもバレリーナが絵から出てきて踊りだしそうな雰囲気です。

ひつじくん。
ひつじくん。
踊り子たち、ひとりひとりの動きが実に細かい。

舞台だけでなく、その裏側や練習風景も描いているのを見ると、よほどバレエが好きなんだなと思わずにはいられません。

エドガー・ドガの絵を 原田さんはこんな風に書いていました。

あまりのリアルさに、見てはいけないものを見てしまったような気分になる。

本当にリアルですよね。ここに書かれていることがよく分かります。マジマジと絵を見てしまうのですが、その後に少し後ろめたい気持ちにもなったりする。

ドガはなぜここまで踊り子たちを描き続けたのか?

「エトワール」 を読むと、それがよく分かるんです。

「エトワール」 感想

エドガー・ドガについて あまり興味がなかったのですが、読後は検索して絵を眺めてしまいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
絵画って、何も知らずに見るのと、背景や作家の思いを知ってから見るのとでは大違いなんですよね。

今まで原田さんのアート小説を何冊か読んできましたが、本当に素晴らしいとしみじみ思います。

印象派・女性画家、メアリー・カサット

「エトワール」 で語られているのはエドガー・ドガですが、もう一人、女性画家がでてきます。

メアリー・カサットです。

ドガの友人。彼と彼女は恋人だったのか? ・・・定かではないですが、「エトワール」 ではお互いを認め合う友人としての親交が描かれていました。

女性画家って珍しいですね。当時はあまりいなかったため、彼女はそうとう苦労したようです。

メアリーの絵も見てみました。母と子が描かれているものが多く、眼差しに温かな印象を受けました。

彫刻作品 「十四歳の小さな踊り子」

ドガの作品に彫刻 「十四歳の小さな踊り子」 というのがあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼は絵だけでなく、彫刻も作っていたんだ。

踊り子にポーズを取らせて何枚もスケッチしていましたが、それだけでは不十分と思い、絵を描くためのマケット (模型) として作ったのがきっかけらしいです。

その彫刻 「14歳の小さな踊り子」 をめぐり、メアリーの葛藤が描かれていました。

気になるのは 彫刻のモデルになった少女です。進んでモデルになる踊り子と、彼女たちを描くドガ。そこには さまざまな思いがありました。

エトワールに込められた思い

「エトワール」 とはフランス語ですが、どんな意味があるんだろうとWebで検索してみました。

エトワールの意味
  • 花形 (パリオペラ座バレエ団で、最高位の踊り手のこと)
ひだまりさん。
ひだまりさん。
何ごとにも1番になれるのは気持ちの良いことですね。

でもそこまでの道のりは辛く長い。血のにじむような努力をしなければならない時もあります。ここで描かれている踊り子たちのように。

なぜ踊り子たちは、進んでモデルになるのか。

それが1番になることへの近道だからです。有力者の愛人になって、たっぷりとお金をもらう。彼女たちは必死です。必死なほど美しく見えるものです。

本書を読んだあとに、ドガが描く彼女たちを見ると感慨深くなります。優雅だけど、どこか力強さも感じました。

踊り子たちと、芸術家は同じ。ひょっとしたらドガは、彼女たちに自分を重ねて見ていたのかもしれませんね。

ひつじくん。
ひつじくん。
だから踊り子たちを描き続けた?

真相はわかりませんが、ドガの描くバレリーナの絵を見ながら 本人に聞いてみたくなりました。

「瞬間」 を描きとる画家たち

原田マハさん『ジヴェルニーの食卓』より、第2回目は 「エトワール」 のレビューでした。

レビューを書きながら感じたことがあります。

画家という人は 「一瞬」 や 「瞬間」 を描きとることに長けているということ。

だから彼の絵は 躍動感を感じるのですね。

「エトワール」 で描かれている画家、ドガだけではありません。「美しい墓」 のアンリ・マティスもそうです。後のお話に登場するセザンヌ、モネもみんな 「瞬間」 を描きとることに熱心でした。

「一瞬」 を逃さず捉える視線、そしてそれを正確に描けるのは天才です。『ジヴェルニーの食卓』は その 「一瞬」 に情熱を捧げる画家たちの物語でした。

他のレビュー

こちらもオススメ

『暗幕のゲルニカ』原田マハ【あらすじと感想】パブロ・ピカソの訴えと戦争原田マハさんの小説『暗幕のゲルニカ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。モノクロームの絵、暗幕に隠されたもの、アートの力と情熱について書いています。...
『デトロイト美術館の奇跡』原田マハ【あらすじと感想】マダム・セザンヌへの想い原田マハさんの小説『デトロイト美術館の奇跡』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ポール・セザンヌ「マダム・セザンヌ」、絵画への想いについて書いています。...
『スイート・ホーム』原田マハ【あらすじと感想】いつも誰かを想っていたい。『スイート・ホーム』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。小説のテーマは 「家族愛」 でした。心のこもった料理と誰かを大切に想う気持ちが温かくて泣きました。本の目次もまとめています。 ...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA