ヒューマン・ラブ・ラノベ

「美しい墓」原田マハ【あらすじと感想】色彩の魔術師アンリ・マティスの半生『ジヴェルニーの食卓』より

この記事に書かれていること
  • 原田マハさんの短編小説『ジヴェルニーの食卓』より、「美しい墓」 あらすじと感想
  • アンリ・マティス 「マグノリアのある静物」
  • マティスの熱い視線
  • マティスとピカソの友情
  • ヴァンス ロザリオ礼拝堂

少しだけネタバレあります。

生きる喜びを描き続けた画家。

原田マハさんのアート小説『ジヴェルニーの食卓』感想です。4つの短編集。マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネ・・・。実話に基づき、印象派画家と言われるアーティストを描いたお話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
4話どれも素晴らしい!!

1話ずつレビューを書いています。第1回目は『ジヴェルニーの食卓』より、アンリ・マティスを描いた 「美しい墓」 のレビューです。

『ジヴェルニーの食卓』あらすじ

「瞬間」 を描きとった画家たちの物語。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネ。新しい美を求め、時代を切り拓いた巨匠たちの人生が色鮮やかに蘇る。『楽園のカンヴァス』で注目を集める著者が贈る、“読む美術館”。

アンリ・マティス 「マグノリアのある静物」

アンリ・マティスはフランスの画家です。

自然をこよなく愛し「色彩の魔術師」と言われ、緑あふれる世界を描き続けました。

こちらがマティスが描いた絵。原田さんの小説にも出てきます。

【マグノリアのある静物】

マグノリアのある静物
ひだまりさん。
ひだまりさん。
カラフルでポップな絵ですね。

マグノリアの後ろに描かれているのはオレンジ色の鍋・・・。意外な組み合わせですが 楽しくなってきます。

原田さんの文章を読みながら絵を眺めるのも、この小説の醍醐味ですね。

「美しい墓」 感想

1話目から やられました。目が潤んでしまいます。修道女・マリアの回想で語られる 「色彩の魔術師」 アンリ・マティス。

一人称で語られる小説って、実はあまり好きじゃないんです。でも原田さんが描くとこうも違うのか!・・・と、物語に引き込まれました。

マティスの熱い視線

「美しい墓」 は かつてマティスに仕えていたマリアという女性の視点で描かれています。

マグノリアのマダムに仕えていたマリアですが、21歳の夏、アンリ・マティスに出会います。情熱的な画家でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼はいつもひと目ぼれをするんだ。

マティスの絵を何枚か見て感嘆しました。これが彼の視線なのかと。

もちろん、ここで描かれているマティスの人物像は 原田さんの創作。でも一瞬一瞬をカンヴァスに写し取る画家の視線は ひと目ぼれの感覚に似ていると思わずにはいられません。

ただ 生きる喜びだけを描き続けたいとの強い思いに胸を打たれました。

彼の絵を見てると喜びや楽しさが伝わってきます。マグノリアの花と鍋を一緒に描いた 「マグノリアのある静物」 も。

ダンスをしている絵を何枚か見たのですが、そちらも躍動感がありました。

マティスとピカソの友情

「美しい墓」 には、パブロ・ピカソも登場します。

マティスの絵が鮮やかな色彩で描かれているのに対し、反戦の思いを描いたピカソの 「ゲルニカ」 はモノトーンの暗い絵。

反対の雰囲気を醸し出していました。12歳の年の差はありましたが、お互い親交があったようです。

でもマティスが亡くなったとき、ピカソは葬儀にも姿を見せなかった・・・。マリアが彼を訪ねたシーンが印象的でした。

ピカソが託した一輪のマグノリア。

それに込められた彼の思いを感じた瞬間、何とも言えない哀しさがあふれました。

パブロ・ピカソについては、以前に読みました『暗幕のゲルニカ』もおすすめです。同じく原田さんのアート小説。

『暗幕のゲルニカ』あらすじと感想文|パブロ・ピカソの訴えと戦争|原田マハ原田マハさんの小説『暗幕のゲルニカ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。モノクロームの絵、暗幕に隠されたもの、アートの力と情熱について書いています。...

ヴァンス ロザリオ礼拝堂

「美しい墓」 とは、ヴァンス村にあるロザリオ礼拝堂を指しているようです。

アンリ・マティスが手がけたロザリオ礼拝堂。

色鮮やかなステンドグラス、光が差し込むと素敵でしょうね。4年の歳月を捧げ、完成させた礼拝堂。マティスの集大成です。

ピカソから託されたマグノリアを持って、マリアは礼拝堂に訪れます。

マティスが晩年を捧げたその場所は、彼の思いが一番詰まっているところなのかもしれません。

『ジヴェルニーの食卓』は、画家の生涯を垣間見れる本

『ジヴェルニーの食卓』1回目は、アンリ・マティスを描いた 「美しい墓」 のレビューでした。

マグノリアのマダムの最後、そしてマリアの視点で描かれたマティスも・・・。ラストは切なさがあとをひきます。

原田さんの小説は 画家の生涯を垣間見ることができます。その後に絵画を見るのが楽しい。おすすめの1冊です。

他のレビュー

こちらもオススメ

『楽園のカンヴァス』原田 マハ /【あらすじ&感想】アンリ・ルソー「夢」への情熱原田マハさんの小説『楽園のカンヴァス』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。アンリ・ルソー『夢』と『夢をみた』について書いています。絵画を鑑賞したくなる小説でした。...
『デトロイト美術館の奇跡』原田マハ【あらすじと感想】マダム・セザンヌへの想い原田マハさんの小説『デトロイト美術館の奇跡』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ポール・セザンヌ「マダム・セザンヌ」、絵画への想いについて書いています。...
『たゆたえども沈まず』あらすじと感想文|ゴッホ 「星月夜」 と弟テオドロス|原田マハ原田マハさんのアート小説『たゆたえども沈まず』あらすじと感想です。ネタバレあります。情熱的な画家・ゴッホとテオ、 「星月夜」、歌川広重 「大はしあたけの夕立」、タイトルの意味について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら