アート・スポーツ小説

『暗幕のゲルニカ』原田マハ【あらすじと感想】パブロ・ピカソの訴えと戦争

この記事に書かれていること
  • 原田マハさんの小説『暗幕のゲルニカ』あらすじと感想
  • モノクロームの絵
  • 暗幕に隠されたもの
  • アートの力と情熱

少しだけネタバレあります。

ゲルニカを消したのは誰?

原田マハさんの小説『暗幕のゲルニカ』感想です。

モダンアートを扱った『暗幕のゲルニカ』。前作『楽園のカンヴァス』があまりにも面白すぎて楽しみにしていました。期待を裏切りません。原田マハさんの読ませる力は凄いです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ピカソの絵に心酔しながら、とても幸せな1日を過ごせました。

『暗幕のゲルニカ』あらすじ

スリリングなアート小説。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ある日、国連本部のロビーに飾られていたタペストリー、ピカソの 「ゲルニカ」 が消えた。ニューヨーク近大美術館のキュレーターである八神瑤子は、「ピカソの戦争」展に「ゲルニカ」を出展しようと奮闘するが・・・。

『暗幕のゲルニカ』感想

『楽園のカンヴァス』では アンリ・ルソーの「夢」を、そして今作ではパブロ・ピカソの「ゲルニカ」を扱っています。

その絵に込められた想いは深く強い。何度も表紙になっている絵を眺めてしまいます。原田さんの的確で繊細な言葉の数々にハッとさせられました。

モノクロームの絵

パブロ・ピカソが描いた「ゲルニカ」を表した文章を息を止めて読んでいました。原田さんの文は 絵のイメージが浮かんできます。物語に引き込まれました。

1937年、パリ万博スペイン館に展示するために描かれた大作『ゲルニカ』。縦・約350センチ、横・約780センチの巨大なものでした。

ゲルニカ

この本を読んで初めて目にしました。白とグレーと黒のモノクロームで描かれていて、なんだか不気味な雰囲気。見ていると胸騒ぎがしてくるようです。

ひつじくん。
ひつじくん。
ゲルニカという地が空爆され、犠牲となった人々や動物の叫び声が聞こえてきそうだね。

まさに地獄の絵。この絵から伝わるのは戦争の悲惨さです。原田さんはこの物語を通して、ピカソが訴えている強い想いを描いていました。

暗幕に隠されたもの

ニューヨーク近大美術館 (MoMA) のキュレーター・八神瑤子の時代と、パブロ・ピカソの時代とが交互に書かれていました。

2つの違う時代が同時に進んでいくような錯覚。ドキドキの展開で読むのをやめられません。

国連本部のロビーに飾られていたタペストリーに暗幕がかけられます。アメリカがイラクに対して武力行使をするとした会見でのことでした。

暗幕を掛けたのは誰か―。その意図することは何か―

これは実際にあったことのようですね。この他にも、9.11のアメリカ同時多発テロなど史実を織り交ぜて描かれていました。

ピカソが「ゲルニカ」の制作に取りかかり、愛人のドラ・マールがその過程を写真に収めたこと。まるで現実をみているかのような詳細な文章には引き込まれました。

彼の生涯を語る時、その時代背景は切り離せません。そこにあったのは戦争です。

アートの力

戦争。それを原田さんはこんな文章で表しています。

もっとも美しく、もっとも賢い、神の被創造物であるはずの人類が繰り返してきた、もっとも醜い行為。

的をついていて思わず頷いてしまいました。

もう1度この本の表紙になっている絵を眺めます。美しいはずの人類がしてきたことの結果が、この「ゲルニカ」。

何度でも眺めてしまいます。特に本書を読み終わったあとでは心に訴えてくるものがあるんです。

反戦を訴えるために。

瑤子は「ピカソの戦争」展に「ゲルニカ」を出展しようと奮闘します。キーマンとなる人物は ルース・ロックフェラーとパルド・イグナシオです。

交差する2つの時代。彼らは架空の人物のようでした。様々な国を渡り歩いてきた巨大な絵の保管場所をめぐって強奪戦が繰り広げられます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最後まで読んで、アートには力があるんだなと思いました。

本の初めにはピカソのある言葉が書いてありました。読む前と読んだ後では、この言葉の重さが違ってくるんです。

芸術は武器―。

ピカソの絵 「ゲルニカ」 は反戦を訴えています。芸術によって人の心は変わるかもしれませんね。

作者の情熱

前作でも思ったことですが、原田さんの情熱が存分に感じられる作品になっています。主人公の瑤子を通して作者のアートを愛する気持ちが伝わってきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本作を読まなかったら、この絵を見ても不気味・・・の一言で終わってしまっていたかもしれない。

それじゃ有名な絵を前にして、なんだか勿体ないような気がします。「ゲルニカ」を見てみたくなると同時に深く心酔してしまいました。

なぜ1枚の絵がそれほど人の心をつかんで離さないのか、その理由がなんとなくわかったような気がします。

こちらもオススメ

『楽園のカンヴァス』原田 マハ /【あらすじ&感想】アンリ・ルソー「夢」への情熱原田マハさんの小説『楽園のカンヴァス』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。アンリ・ルソー『夢』と『夢をみた』について書いています。絵画を鑑賞したくなる小説でした。...
『たゆたえども沈まず』原田マハ【あらすじと感想】ゴッホ 「星月夜」 と 兄を支えたテオドロス原田マハさんのアート小説『たゆたえども沈まず』あらすじと感想です。ネタバレあります。情熱的な画家・ゴッホとテオ、 「星月夜」、歌川広重 「大はしあたけの夕立」、タイトルの意味について書いています。...
『デトロイト美術館の奇跡』原田マハ【あらすじと感想】マダム・セザンヌへの想い原田マハさんの小説『デトロイト美術館の奇跡』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ポール・セザンヌ「マダム・セザンヌ」、絵画への想いについて書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA