おすすめ本特集

原田マハおすすめアート小説|文字で絵画鑑賞!?有名画家たちの思いが描かれた本

原田マハおすすめアート小説

おすすめアート小説

原田マハさんのアート小説が面白い。小説を読んでから絵画鑑賞をすると、また違う趣が味わえます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
実在の有名画家たちが身近に感じられるんだ。

原田さんの言葉は魔力がありますね。絵画に詳しくなくても楽しめちゃう、おすすめアート小説をご紹介します。ぜひ文字からも絵画鑑賞してみて下さい。

有名画家が身近に感じられる!? 原田マハおすすめアート小説

原田さんのアート小説はそれぞれが完結しているので、どれから読んでも大丈夫です。でもまずは『楽園のカンヴァス』を読んでほしい。山本周五郎賞受賞作です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私は『楽園のカンヴァス』を読んで、アート小説にハマったよ。

『楽園のカンヴァス』|アンリ・ルソー 「夢」

この絵は真作か、それとも贋作か!?

あらすじ

アンリ・ルソーの大作『夢』。その絵画とほぼ同じ構図で描かれた『夢を見た』が、スイスの大邸宅にあった。ティムと織絵はその絵画が真作であるか贋作であるかの判定を依頼されるのだが・・・。

『楽園のカンヴァス』ではアンリ・ルソーの大作 「夢」 を扱っています。その絵画とほぼ同じ構図で描かれた 「夢を見た」。こちらは原田さんの創作ですが、「夢を見た」 が真作であるか贋作であるかを調べるストーリーです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
時間がたつのを忘れ夢中で読んだ。

原田さんがルソーの絵画に感じた想いが伝わってきます。モダン・アートに深く心酔したくなりました。

『楽園のカンヴァス』あらすじ・ネタバレ感想文|アンリ・ルソー「夢」原田マハ原田マハさんの小説『楽園のカンヴァス』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。アンリ・ルソー『夢』と『夢をみた』について書いています。絵画を鑑賞したくなる小説でした。...

『暗幕のゲルニカ』|パブロ・ピカソ 「ゲルニカ」

スリリングなアート小説

あらすじ

ある日、国連本部のロビーに飾られていたタペストリー、ピカソの 「ゲルニカ」 が消えた。ニューヨーク近大美術館のキュレーターである八神瑤子は、「ピカソの戦争」展に「ゲルニカ」を出展しようと奮闘するが・・・。

『暗幕のゲルニカ』。こちらではパブロ・ピカソ 「ゲルニカ」 を扱っています。白と黒のモノクロームの絵。この絵から伝わるのは戦争の悲惨さでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本作を読まなかったら、不気味・・・の一言で終わっていたかも。

有名な絵を前にして、なんだか勿体ないような気がします。本を読んで、「ゲルニカ」 を見てみたくなると同時に深く心酔しました。

『暗幕のゲルニカ』あらすじ・ネタバレ読書感想文|パブロ・ピカソの訴えと戦争|原田マハ原田マハさんの小説『暗幕のゲルニカ』あらすじと読書感想文です。ネタバレあります。モノクロームの絵、暗幕に隠されたもの、アートの力と情熱について書いています。...

『たゆたえども沈まず』|フィンセント・ファン・ゴッホ 「星月夜」

ゴッホの絵が身近に感じられる小説!

あらすじ

画商の林忠正と その助手の重吉。そして情熱的な画家・ゴッホと 彼を支えた弟のテオ。彼ら4人の思いが交差するとき、あの作品が生まれた―。

『たゆたえども沈まず』はフィンセント・ファン・ゴッホ 「星月夜」 を扱っています。彼がどんなふうに生きて、どんなふうに描いて、どんな人たちと関わって人生を終えたのか。それがよく分かるんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読む前に絵を見るのと、読み終わってからでは全然違う。

フィンセントの気持ちになって、あるいは弟・テオドロスの気持ちになって絵画を鑑賞できます。フィンセントの絵は彼ひとりの作品ではないんだと、しみじみしました。

『たゆたえども沈まず』あらすじ・ネタバレ感想文|ゴッホ「星月夜」と弟テオドロス|原田マハ原田マハさんのアート小説『たゆたえども沈まず』あらすじと感想です。ネタバレあります。情熱的な画家・ゴッホとテオ、 「星月夜」、歌川広重 「大はしあたけの夕立」、タイトルの意味について書いています。...

『リボルバー』|フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」×ポール・ゴーギャン

交差する2人の孤高の画家

あらすじ

パリ大学で美術史の修士号を取得した高遠冴は、小さなオークション会社CDCに勤務している。冴の元にある日、錆びついた一丁のリボルバーが持ち込まれた。それはフィンセント・ファン・ゴッホの自殺に使われたものだという。ゴッホは、ほんとうに自ら命を絶ったのか?ゴッホとゴーギャン。生前顧みられることのなかった孤高の画家たちの、真実の物語。

『リボルバー』はゴッホとゴーギャンを描いた物語です。ゴッホを語る上では外せない画家ゴーギャン。彼らはアルルで共同生活をしていた時期がありました。2人の孤高の画家に思いを馳せたくなる一冊。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ゴッホとゴーギャンの絵画を鑑賞したくなるよ。

ゴッホ「ひまわり」、ゴーギャン「我々はどこから来たのか?我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?」を思わずネットで検索。ゴッホを描いた『たゆたえども沈まず』とともにおすすめです。

「リボルバー」感想
『リボルバー』ネタバレ感想文・あらすじ|ゴッホとゴーギャンを描いたアート小説|原田マハ原田マハさんの小説『リボルバー』あらすじとネタバレ感想文です。ゴッホを撃ち抜いたリボルバー、犯人はゴーギャン!?浮上した他殺説、「ヴァエホの肖像」「我々はどこから来たのか?我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?」「ひまわり」について書いています。...

『アノニム』|ジャクソン・ポロック 「ナンバー1A 1948」

一枚の絵で世界は変わるのか!?

あらすじ

ジャクソン・ポロック幻の傑作「ナンバー・ゼロ」のオークション開催が迫る香港。建築家の真矢美里は7人の仲間とともにオークション会場へ潜入していた。一方、アーティストを夢見る高校生・張英才に“アノニム”と名乗る謎の窃盗団からメッセージが届く。

『アノニム』はジャクソン・ポロックの絵画を扱っています。本の表紙は 「ナンバー1A 1948」 ですが、 「ナンバー・ゼロ」 (原田さんの創作) をめぐるストーリーでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
エンタメのような小説。

今まで読んできたアート小説とは趣が違いました。ポロックの絵画に出会うことができて良かったです。

『アノニム』あらすじ・ネタバレ感想文|ジャクソン・ポロック「ナンバー・ゼロ」原田マハ原田マハさんのアート小説『アノニム』感想です。少しだけネタバレあります。窃盗集団 「アノニム」、アクション・ペインティング、ジャクソン・ポロック作 「ナンバー・ゼロ」、読みどころ、アートを通して見えるものについて書いています。...

サクッと読みたいときは? おすすめアート短編集

サクッと読みたいときは短編小説もおすすめ。原田マハさんのアート小説の中から2冊、短編集をご紹介します。

『ジヴェルニーの食卓』

「瞬間」 を描きとった画家たちの物語

あらすじ

マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネ。新しい美を求め、時代を切り拓いた巨匠たちの人生が色鮮やかに蘇る。『楽園のカンヴァス』で注目を集める著者が贈る、“読む美術館”。

『ジヴェルニーの食卓』は有名画家を描いた4つの短編集です。アンリ・マティス、エドガー・ドガ、ポール・セザンヌ、クロード・モネを扱っていました。ピカソやゴッホ、タンギー爺さん・・・なども登場します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どのストーリーも良かった。

史実に沿って描かれているから、有名画家が身近に感じられました。画家の生涯を垣間見ることができます。

「美しい墓」あらすじ・ネタバレ感想文|色彩の魔術師アンリ・マティス『ジヴェルニーの食卓』原田マハ原田マハさんの短編小説 「美しい墓」 あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。アンリ・マティス 「マグノリアのある静物」、マティスとピカソの友情、ヴァンス ロザリオ礼拝堂について書いています。...
「エトワール」感想文|エドガー・ドガは、なぜバレリーナを描き続けたのか?|原田マハ原田マハさんの短編小説 「エトワール」 あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。エドガー・ドガと踊り子、女性画家、メアリー・カサット、彫刻 「十四歳の小さな踊り子」、エトワールに込められた思いについて書いています。...
原田マハ「タンギー爺さん」あらすじ&ネタバレ感想文|リンゴの画家ポール・セザンヌ原田マハさんのアート小説 「タンギー爺さん」 あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。リンゴの画家、ポール・セザンヌ、おおらかなタンギー爺さん、セザンヌの口ぐせ、印象に残ったシーンについて書いています。...
『ジヴェルニーの食卓』あらすじ・ネタバレ感想文|クロード・モネ「睡蓮」|原田マハ原田マハさんの短編小説『ジヴェルニーの食卓』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。クロード・モネ 「睡蓮」ら2つの家族とブランシュ、オランジュリー美術館について書いています。...

『デトロイト美術館の奇跡』|ポール・セザンヌ 「マダム・セザンヌ」

デトロイト美術館 売却!?

あらすじ

ゴッホ、セザンヌ、マティス。綺羅星のようなコレクションを誇る美術館が、市の財政難から存続の危機にさらされる。市民の暮らしと前時代の遺物、どちらを選ぶべきか?全米を巻き込んだ論争は、ある男の切なる思いによって変わっていく―。アメリカの美術館で本当に起こった感動の物語。

『デトロイト美術館の奇跡』はアメリカのミシガン州デトロイトにある美術館をめぐる実話を元に描かれた短編集です。ポール・セザンヌ 「マダム・セザンヌ」 を扱っていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
めちゃめちゃ感動した。

美術館に親しんできた市民の思いが描かれています。素敵なアートに会いに行く・・・。市民にとって美術館とは憩いの場でもあるんですね。

『デトロイト美術館の奇跡』あらすじ・ネタバレ感想文|マダム・セザンヌへの想い|原田マハ原田マハさんの小説『デトロイト美術館の奇跡』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ポール・セザンヌ「マダム・セザンヌ」、絵画への想いについて書いています。...

絵画に興味がなくても面白い!原田マハのアート小説

絵画に興味がなくても楽しめるのが原田さんのアート小説です。私も絵画には疎かったけど、めちゃめちゃハマりました。

紹介した本
  • 『楽園のカンヴァス』
  • 『暗幕のゲルニカ』
  • 『たゆたえども沈まず』
  • 『リボルバー』
  • 『アノニム』
  • 『ジヴェルニーの食卓』
  • 『デトロイト美術館の奇跡』

紹介した本は、全て読み終わったあとに絵画を見たくなる魅力がある。

原田さんのアート小説は、だいたいが表紙に絵画を載せています。読む前に見るのと、読み終わってから見るのとでは感じ方が違うんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本を読んでから見ると、絵画の向こう側も想像で補える。

アートが好きな人はもちろん、そんなに興味がなくてもオススメの小説です。

Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
大人向け恋愛小説
切ない!大人向け恋愛小説おすすめ|深い恋愛観に共感!?オススメ!切ない大人の恋愛小説をご紹介します。江國香織さんの小説から2冊、ほっこりする恋愛小説とラブコメ。どれも深い恋愛観が描かれていました。...
最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
【東野圭吾】読むならコレ!おすすめ・面白い小説|ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
【薬丸岳】おすすめミステリー小説|迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
こちらは読んだ?