おすすめ本特集

【上田早夕里】おすすめ小説|オーシャンクロニクルシリーズ順番|SF短編&長編

上田早夕里おすすめ小説

驚異の世界がここに!

上田早夕里さんの小説が最高に面白い!実際に読んで良かったものを紹介します。

  • オーシャンクロニクルシリーズ(重厚で完成された世界観が圧巻)
  • ヒヤリとするSF短編&長編小説
ひだまりさん。
ひだまりさん。
上田早夕里さんはSF小説が絶品の作家さんだよ。

世界観が半端なく良くて、ピリッと怖さもあるのが特徴です。圧倒されました。

オーシャンクロニクル・シリーズ読む順番|イチオシ海洋SF

上田さんのSF小説でイチオシなのがオーシャンクロニクル・シリーズ。重厚で完成された世界観が魅力です。

オーシャンクロニクルシリーズは、リ・クリテイシャス(大規模海面上昇)により、多くの陸地が水没した未来地球が舞台の海洋SF小説。

短編の中の1話~長編まで続くシリーズです。読む順番は出版順の方が良いかな。まとめました。

シリーズ(出版順)
  1. 短編『魚舟・獣舟』表題作のみ(2006年)
  2. 長編『華竜の宮』上・下(2010年)
  3. 短編『リリエンタールの末裔』表題作のみ(2011年)
  4. 長編『深紅の碑文』上・下(2013年)
  5. 短編『獣たちの海』(2022年)

本編の長編は出版順で読んでください。『華竜の宮』上・下→『深紅の碑文』上・下ですね。

ひつじくん。
ひつじくん。
短編はスピンオフだから、この順番じゃなくても大丈夫。

長編以外は読まなくてもストーリーはわかるけど、上田さんは短編も面白い作家さん。まずは『魚舟・獣舟』(シリーズは表題作のみ)を読んでおくと、ざっと世界観をつかめます。

では、1冊ずつ簡単なレビューとともに紹介してきいますね。

『魚舟・獣舟』短編集

6つの短編集

あらすじ

現代社会崩壊後、陸地の大半が水没した未来世界。そこに存在する魚舟、獣舟と呼ばれる異形の生物と人類との関わりを衝撃的に描き、各界で絶賛を浴びた表題作。書下ろし中編を含む全6編を収録。

表題作「魚舟・獣舟」がオーシャンクロニクルシリーズになっています。物語は独立しているけど、陸地の大半が水没した世界観は一緒。先にこちらを読むと、長編『華竜の宮』に入り込みやすくなるので読みましょう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
他の短編も面白かった。ちなみに「小鳥の墓」は『火星ダーク・バラード』に繋がってるよ。
『魚舟・獣舟』あらすじ・ネタバレ感想文「小鳥の墓」シュールな未来SF|上田早夕里上田早夕里さんの小説『魚舟・獣舟』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。テーマと本の目次、陸地の大半が水没した未来世界、「小鳥の墓」 レビュー、教育実験都市について書いています。...

『華竜の宮』上・下(長編)

多くの陸地が水没した25世紀

あらすじ

25世紀、大多数の陸地が水没した世界―。そこで暮らす人々は、陸上民と海上民に別れて暮らしていた。外交官である青澄誠司は、彼らの対立の仲裁に奮闘していた。その頃、この星に試練が再びおこることが発覚し・・・。

物語の舞台は25世紀。ホットプルームの上昇により陸地の大半が水没した世界です。外交官の青澄を中心に、官僚たちとのネゴシエーションなどの心理戦に重きをおいていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
完成された世界観が重厚でハマった。
『華竜の宮』あらすじ・ネタバレ感想文|人類滅亡の危機⁉多くの陸地が水没した世界|上田早夕里上田早夕里さんの小説『華竜の宮』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。陸地の大半が水没した世界、外交官・青澄の心理戦、プルームの冬、夢と希望をのせたロケットについて書いています。...

『リリエンタールの末裔』短編集

4つのSF短編集

あらすじ

彼は空への憧れを決して忘れなかった―。長篇『華竜の宮』の世界の片隅で夢を叶えようとした少年の信念と勇気を描く表題作ほか、人間と技術の関係を問い直す傑作SF4篇。

表題作「リリエンタールの末裔」がオーシャンクロニクルシリーズです。リ・クリテイシャス以降の世界で、空を飛ぶことへの憧れや情熱が描かれていました。胸が熱くなる1話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『深紅の碑文』に主人公のチャムが登場するよ。
『リリエンタールの末裔』あらすじ・ネタバレ感想文|チャムの憧れと情熱|上田早夕里上田早夕里さん『リリエンタールの末裔』あらすじとネタバレ感想です。リ・クリテイシャス以降の世界、鉤腕を持つ少年・チャムの願いと憧れについて書いています。...

『深紅の碑文』上・下(長編)

大異変後、種の存続は可能なのか?

あらすじ

陸地の大半が水没した25世紀。人類は 陸上民と海上民に分かれて暮らしていた。地球の危機、大異変が迫る中、資源を確保するために彼らの対立は増すばかりだった・・・。

『深紅の碑文』は、3人の登場人物が主軸として描かれていました。ラブカのリーダー・ザフィール、ロケットを飛ばすことを夢見る星川ユイ、パンディオンの理事長・青澄誠司です。人類滅亡の前に、それぞれの思いが交差する。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『華竜の宮』の主人公・青澄が好き。泣けるシーン満載だった。
『深紅の碑文 上下』あらすじ・ネタバレ感想文|オーシャンクロニクル・シリーズ|上田早夕里上田早夕里さんの小説『深紅の碑文』上下 あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。完璧な世界観、登場人物、タイトル 「深紅の碑文」 に込められた意味について書いています。...

『獣たちの海』短編集

4つの短編集

あらすじ

陸地がほぼ沈んだ25世紀。海に生きる海上民と〈魚舟〉や〈獣舟〉の美しくも激しい生きざまを叙情的に描いた、待望の全作書き下ろし4篇。

『獣たちの海』は4つのストーリーがすべてオーシャンクロニクル・シリーズです。海に生きる海上民と魚舟視点の物語になっているのが新鮮でした。どれも面白くてシリーズを堪能できます。

短編「迷舟」「獣たちの海」「老人と人魚」、最後は中編「カレイドスコープ・キッス」が収録されています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「老人と人魚」には新人類ルーシィが登場したよ。
「獣たちの海」感想文
『獣たちの海』ネタバレ感想文・あらすじ|オーシャンクロニクル・シリーズ|上田早夕里上田早夕里さんの小説『獣たちの海』あらすじとネタバレ感想文です。海洋SFオーシャンクロニクル・シリーズの解説、短篇「老人と人魚」期待の新人類ルーシィ、「カレイドスコープ・キッス」アシスタント知性体・レオーについて書いています。...

初めて読む人はこちら|超面白い!上田早夕里おすすめSF小説

いきなり長編のオーシャンクロニクル・シリーズは敷居が高い・・・という方は、まずこちらを読みましょう。読みやすくて超面白いSF小説。驚異の世界が楽しめます。

  • 『夢みる葦笛』短編集
  • 『火星ダーク・バラード』

少し読み慣れてきたら

長編小説『破滅の王』もおすすめです。怖くて震えたけど、リアル感があって読み応えたっぷりでした。

『夢みる葦笛』短編集

10編のSF短編集

あらすじ

妖しくも宝石のごとく魅力を放つ珠玉の傑作短編集。人工知性、地下都市、パラレルワールド、人の夢―あなたの想像を超える全10編を収録。

『夢みる葦笛』を読んで、上田さんの小説が好きになりました。10編すべてが素晴らしい。1冊でまったく違う世界観が楽しめます。人間にあってAIにはないもの。それを求めるAIと人間の関係・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
完成された世界観に圧倒された。
『夢みる葦笛』上田 早夕里【あらすじと感想】誰も見たことがない驚異に満ちた世界上田早夕里さんの小説『夢みる葦笛』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。謎の生物・イソア、異星生物・プテロス、人工知性、 「アステロイド・ツリーの彼方へ」 について書いています。...

『火星ダーク・バラード』長編

ハードボイルドなSF小説

あらすじ

火星治安管理局の水島は 神月璃奈とともに、凶悪犯ジョエル・タニを列車で護送中、奇妙な現象に巻き込まれて意識を失った。その間にジョエルは逃亡、璃奈は射殺されていた。疑いをかけられた水島は個人捜査を開始するが、その矢先、アデリーンという名の少女と出会う。

上田さんのデビュー作。本作に脇役として登場する殺人犯・ジョエル・タニの存在感が大なんですよね。彼は短編集『魚舟・獣舟』の中の1話「小鳥の墓」にも登場。『火星ダーク・バラード』も「小鳥の墓」も、読みやすくて面白かったのでおすすめです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
デビュー作から人間の改変は健在。
『火星ダーク・バラード』あらすじ・ネタバレ感想文|遺伝子改変とプログレッシヴ計画|上田早夕里上田早夕里さんの小説『火星ダーク・バラード』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。神月璃奈を殺したのは誰か、プログレッシヴ計画、アデリーンの思い、「小鳥の墓」 について書いています。...

『破滅の王』長編

細菌兵器「キング」の脅威

あらすじ

上海自然科学研究所に務める宮本は、日本総領事館の呼び出しに応じた。そこで依頼されたのは、治療法がない 「キング」 と呼ばれる細菌兵器の治療薬の製造だった・・・。

『破滅の王』は細菌兵器「キング」を中心に描かれた物語です。それを扱う人間や、実在の人物の元で行われた生体実験などにヒヤリとしました。リアルすぎて、フィクションなのかノンフィクションなのかわからなくなります。「キング」よりも恐ろしいものは人間なのかも・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
すさまじく面白かった。
『破滅の王』あらすじ・ネタバレ感想文・細菌兵器キング(R2v)の脅威|上田早夕里上田早夕里さんの小説『破滅の王』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。細菌兵器 R2v「キング」と、それよりも恐ろしいもの、素敵な登場人物、身勝手な人間について書いています。...

【上田早夕里】おすすめSF小説まとめ

上田早夕里さんのSF小説。オーシャンクロニクルシリーズと、その他の面白かった本を紹介しました。

紹介した本

【オーシャンクロニクルシリーズ】

  1. 短編「魚舟・獣舟」(2006年)
  2. 長編『華竜の宮』上・下(2010年)
  3. 短編「リリエンタールの末裔」(2011年)
  4. 長編『深紅の碑文』上・下(2013年)
  5. 短編『獣たちの海』(2022年)

【その他おすすめ】

  • 『夢みる葦笛』短編集
  • 『火星ダーク・バラード』長編
  • 『破滅の王』長編
ひつじくん。
ひつじくん。
どれもハズレなし。おすすめだよ。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
思いっきり泣ける小説
【思いっきり泣ける小説】涙が止まらない!ファンタジー・恋愛からミステリーまで思いっきり泣ける、号泣間違いなしの小説を厳選して紹介します。絶対泣ける!ファンタジー&ヒューマン・恋愛小説と切なくて泣ける!ミステリー小説です。あらすじと感想も簡単に書いています。...
癒されたい時におすすめの小説
癒されたいときに読みたい!ほっこり心温まる小説|日常に疲れたときにオススメほっこり・心温まる小説を厳選しました。癒されたい時、疲れた時におすすめです。読むと元気になれて心に染みる本を紹介。ほのぼのと心が温まります。読書の参考にして下さい。...
こちらは読んだ?