SF・ファンタジー

『深紅の碑文 上下』上田早夕里【あらすじと感想】オーシャンクロニクル・シリーズ

オーシャンクロニクル・シリーズ!

上田 早夕里さん『深紅の碑文』上下
すっかり上田さんのSFの虜になってしまった ひだまりさん。です。オーシャンクロニクル・シリーズ『華竜の宮』に続き、姉妹編の『深紅の碑文』を読みました。

*前作『華竜の宮』のレビューはこちらです。
レビューを読む

文章2段組のボリューミーな物語ですが、ハマるハマる。面白くてやめられなくなりました。

オーシャンクロニクル・シリーズ 完璧な世界観

オーシャンクロニクル・シリーズは、短編『魚舟・獣舟』から始まり、長編『華竜の宮』『深紅の碑文』と続いています。

短編を飛ばして『華竜の宮』から読んでも 話の道筋はわかるのですが、『華竜の宮』を読まずに『深紅の碑文』を読んでしまうと混乱します。順番どおりに読んどけ・・・ということですね。

3つとも共通した世界観の元、物語が展開されます。

ホットプルームの上昇によって陸地の大半が水没した世界です。この設定が完璧で素晴らしいんです。

そしてその世界に暮らすのは 元々の人間である陸上民、人間を改変してより海で暮らしやすくした海上民、海上民の兄弟である魚舟、魚舟が変異した獣舟、それから人工知性体・・・。『華竜の宮』でも ちらっとでてきた海上民を改変した “ルーシィ” と呼ばれる新たな種族もでてきます。

シリーズ全体を通して描かれているのは 「生きる」 という希望を捨てない人間の強さや、壮絶な争いでした。

『深紅の碑文』あらすじ

陸地の大半が水没した25世紀。

『深紅の碑文』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
陸地の大半が水没した25世紀。人類は、陸上民と海上民に分かれて暮らしていた。地球の危機、大異変が迫る中、資源を確保するために彼らの対立は増すばかりだった・・・。

『深紅の碑文』感想

これまた面白かったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
リ・クリティシャス以来、第2の世界異変、そしてそのあとにやってくる “プルームの冬” 到達前までの混乱した世界が描かれています。

人類滅亡を前に交差する3人の想い

前作では、人工知性体がロケットにのって宇宙に旅立つところで終わっていましたが『深紅の碑文』のラストがあの『華竜の宮』のラストに繋がっていくのかなと思いました。ロケット打ち上げは 胸が高鳴りますね。

主軸に描かれている登場人物は3人です。

  • ラブカのリーダー、ザフィール
  • 宇宙にロケットを飛ばすことを夢見る、星川ユイ
  • 救援団体 (パンディオン) の理事長、青澄誠司

ひとりは海の生活のため、ひとりは空に想いをはせ、そしてひとりは海と陸が争いなく共存する世界を目指し―。人類滅亡の前に それぞれの思いが交差します。

上田さんが描く登場人物たちがまた良いんですよね。青澄誠司をはじめ、ラブカのリーダー・ザフィールも味があって素敵です。

主にこの3人の現在から過去に至るまでが細かく描かれているから感情移入しやすい。ザフィールは 元は医師だったけど、海賊のようなラブカのリーダーになるまでが凄まじく、彼の行く末が気になりました。

パンディオン理事長、青澄の人生記

青澄さんが出てくると、自然と顔がほころびました。ひだまりさん。の大好きな登場人物です。

『華竜の宮』では 外交官時代が描かれていましたが、本作では外交官を辞めて救援団体 (パンディオン) で奮闘する彼が大きく描かれています。

彼の信念は外交官時代と変わらず、陸と海とが平和に暮らす社会を目指します。大異変、そして “プルームの冬” が来ても混乱を減らすために。

・・・やっぱり彼は素敵です。今回はそんな青澄が心を許せる女性もでてきて、心がホワホワと温まりました。

『華竜の宮』と『深紅の碑文』は、青澄誠司の人生記が描かれていると言っても過言ではありません。

前作では外交官時代が、本作では外交官を辞めてパンディオンを立ちあげてからの彼が描かれているんです。

そして青澄と切っても離せないのが、アシスタント知性体のマキです。

前作では男性として描かれていましたが、本作では女性に作りかえたマキが登場します。『華竜の宮』で、コピーマキを宇宙センターに預けたんですよね。彼女の存在もこのシリーズには欠かせません。

マキがいれるコーヒーが美味しそうで飲みたくなってしまいました。

「深紅の碑文」 に込められた意味

殺戮知性体が怖かったです。

AIが進み、人類をより環境に適応したものに作りかえる技術をもった人々の行く末の世界は、凄まじいものがあります。”プルームの冬” が来る前に人類が滅んでしまいそうな争いがこれでもか!と描かれているんです。なんて愚かな・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも社会から争いはなくなることはないのかもしれませんね。

本書に書かれている1文に、心が凍りつきながらも頷けるものがありました。

〈大異変〉があってもなくても、人間社会は闘争を求めるだろう。悲しいかな、それが人間の本質である。

これが人間の本質と言われれば 悲しくなりますが、確かに世界から戦争という文字はなくなりません。人間が持つ弱さでもあります。

生きるためとはいえ、まさにこの小説は血みどろの争いが描かれているんです。下巻の最後の方に このタイトルに込められた意味が書かれているのですが、ピッタリだなと思いました。

深紅というのは、争いで流された血を指しています。

そこには死んでしまった罪なき人々の叫びや無念・・・と言った様々な思いがあふれているんです。サクッと恐ろしいタイトル 。こういうヒヤッとするようなSFが、ひだまりさん。は とても好きです。上田さんの小説、今のところどれもハズレてません。

胸を熱くする小さな抵抗

タイトルの意味にビビりながらも、この小説の魅力はそれだけには留まりません。「見えない十人」 という組織や、救世の子たちもミステリー感があって面白い。

そして人々の根底にあるのは 結局のところ 「生きるため」 、種の存続のためという思いです。これは理解ができるし共感もできる。

どれだけ文明が進んでいても、人類滅亡の危機が目前に迫ってしまえばそれは避けられない。人間の抵抗なんて小さなものに見えます。

でも、そんな中で奮闘する青澄やザフィール、星川ユイを見ていると、その小さな抵抗が胸を熱くするんです。特に下巻ではウルっとくるシーンがいくつかあって、何度泣いたか・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
・・・うぅ、青澄さん (T ^ T)

宇宙に旅立った人工知性体の話、新人類のルーシィの話・・・。

大異変後、種の存続は可能なのか?

いろんな登場人物のその後が気になります。これは続きが読みたい!! 嬉しいことに、新人類・ルーシィを描いた続編 (?) が 今執筆されている最中・・・とか。とても楽しみです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. ボオ より:

    お久しぶりです。

    読むのは2度目ですが、飽きる事無く浸れました。作り込まれた世界観とはこういうモノか、と感心しまくりでした。

    登場人物も魅力が溢れていて、例えば···
    ·青澄~アニスさんとは惜しかった。彼の側に強力なライバルが居たからだ、と思えてなりません。
    ·ザフィール~過去が凄まじ過ぎ···。その部分を読んだ時、一気に物語に引き込まれました。

    ん?続編ですか!楽しみですねー。

  2. ボオさん、こんばんは。
    お久しぶりです (^O^) コメントをありがとうございます。

    『華竜の宮』『深紅の碑文』と、ハマりました。アオズミがお気に入りですが、本作は悲しくて泣きました (T-T)
    ザフィールの過去は凄まじすぎでしたね。殺戮知性体、怖かったし・・・。

    上田早夕里さんの世界観、ハマりました。
    続編、いつ頃単行本になるのですかね。私も楽しみです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA