SF・ファンタジー

『三体』あらすじ・ネタバレ感想文|第1部の解説と要約|魅力的なVRゲームの世界が斬新すぎる!

小説『三体』のレビュー
この記事に書かれていること
  • 『三体』あらすじ・魅力&感想
  • 第1部を簡単に解説・要約
  • VRゲーム「三体」と三体問題
  • 不可解な事件とゴースト・カウントダウン
  • 三体人の目的

ネタバレあります。ご注意ください。

VRゲーム『三体』の驚くべき真実とは?

劉慈欣さんのSF小説『三体』読書感想です。全3部作の第1部を読みました。初めて読んだ中国SF小説です。

第1部『三体』のテーマは 地球外生命体とのファーストコンタクト。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かった。内容は難しいね。

Amazonのレビュー評価がめちゃくちゃ高いのですが、第1部『三体』に限っては、絶賛するほどか?というのが正直な感想です。・・・でも面白かったので第2部も読みました。

三体Ⅱ黒暗森林レビュー
『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文【解説】フェルミのパラドックス劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文です。タイトルの意味とフェルミのパラドックス、面壁計画、羅輯と章北海、「水滴」、結末と羅輯の呪文について書いています。...
ひつじくん。
ひつじくん。
三体問題、陽子 (プロトン) と智子 (ソフォン) とか、理解出来なかった。

翻訳は読みやすいのですが、内容は難しい。そして、中国のSF小説なので名前が・・・。

葉文潔をイエ・ウェンジエと読むか、ヨウブンケツと読むか (←私は後者)。『三体』は、自分が読みやすいルビで読んじゃった方が良いことに気づきました。

私の中では、陽子 (プロトン) はヨウコ、智子 (ソフォン) はトモコです。

『三体』あらすじ・評価

中国SF小説『三体』

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
物理学者の父を文化大革命で惨殺され、人類に絶望した中国人エリート科学者・葉文潔 (イエ・ウェンジエ)。彼女は、ある日、巨大パラボラアンテナを備える謎めいた軍事基地にスカウトされる。数十年後、ナノテク素材の研究者・汪淼 (ワン・ミャオ) は、世界的な科学者が次々に自殺している事実を告げられる。その陰に見え隠れする “科学フロンティア” への潜入を引き受けた彼を怪現象が襲う。汪淼が入り込む三つの太陽を持つ異星を舞台にしたVRゲーム『三体』の驚くべき真実とは?

『三体』第1部を簡単に解説・要約 (ネタバレあり)

『三体』は 異星人との戦い (第1部は ファーストコンタクト) を描いたSF小説です。

内容を簡単に解説すると

第1部は、地球人が異星人 (三体人) とコンタクトをとり、三体人は地球を侵略するために地球文明を遅らせようと画策する話。

小説には多くの登場人物が出てきます。主人公は2人。

  • 葉文潔 (イエ・ウェンジエ)・・・エリート科学者
  • 汪淼 (ワン・ミャオ)・・・ナノテク素材研究者

他にもたくさんの登場人物がいるのですが、2人と異星人 (三体人) が主軸になって物語は進んでいきます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
登場人物のキャラが濃くないから、あまり感情移入できなかった。

あえて好きな登場人物をあげるなら、警官の史強 (シー・チアン)。彼はカッコよかったです。

『三体』で描かれているのは主に3つのパートでした。

  • 葉文潔の過去・・・文化大革命で家庭を壊された犠牲者・葉文潔の過去から現在に至るまで
  • 汪淼視点の現代・・・科学フロンティアに潜入して不可解な事件を調べる汪淼。その過程でVRゲーム「三体」世界へログインする
  • 三体世界・・・VRゲーム「三体」と、実際の三体世界での異星人の視点

日本語訳『三体』は、文革が描かれた葉文潔の過去から始まります。そして汪淼視点の現代、VRゲーム「三体」、実際の三体世界・・・と続く。

文革とは

文化大革命 (文革) は、中華人民共和国で1966年から1976年まで続いた、中国共産党の毛沢東による文化運動。

ひつじくん。
ひつじくん。
葉文潔の中では恨みが燻っていた。・・・だから異星人に手を貸すマネをしたのかな。

彼女の心情は理解出来なかったけど、『三体』はスケールの大きい物語でした。

小説『三体』魅力・ネタバレ感想|ここが面白い

小説『三体』の魅力、面白かったところは3つありました。

ここが面白い
  • VRゲーム「三体」世界
  • ほどよいミステリー感
  • 地球の科学を壊滅させようとする異星人
ひつじくん。
ひつじくん。
レビューをまじえて詳しくみていくね。

VRゲーム「三体」と三体問題|斬新な世界

小説のタイトルにもなっている「三体」の世界は、恒紀と乱紀が不規則にやってくる。

何よりもまず、汪淼が挑戦するVRゲーム「三体」が面白かったです。

気候が温和なのが恒紀で、それ以外は乱紀。乱紀のときは人類は集団で脱水し、長めの恒紀が来たとき、再水化して復活する。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ギョッとするけど、この世界観が斬新で面白い。

恒紀じゃなければ文明は発展しないから、なかなか進まない。厄介なことに恒紀と乱紀には規則性がありません。

三体世界には3つの太陽が存在するからです。

「さあ、これできみにも、このゲームのゴールがわかっただろう。知性と論理を駆使してあらゆる現象を分析し、太陽の運行の法則性を発見する。文明の存続はそれにかかっている」

「三体」は、太陽の運行の法則性を求めるゲームでした。でもこれには解がないんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
三体問題だ。

難しくてよくわからなかったけど、このVRゲームがそのまま異星人の世界そのものなんです。三太陽世界は実在する。それに気づいたとき、鳥肌がたちました。

「三体」のようなVRゲームがあったら面白そう。やってみたいです。

ほどよいミステリー感|不可解な事件とゴースト・カウントダウン

『三体』はSF小説ですが、ほどよいミステリー感もあって楽しめました。

「リストにある物理学者たちは、この二カ月足らずのうちに、たてつづけに自殺している」

自殺した学者のほとんどが〈科学フロンティア〉となんらかの関係があったのです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ミステリー好きだから、こういう展開は気合が入る。

ナノテク素材研究者・汪淼が登場。葉文潔の過去から時は飛んで現代へ。警官の史強とともに不可解な自殺事件を調べはじめるのですが・・・。

突如、汪淼が写した写真にゴースト・カウントダウンが出現。カウントダウンは1200時間からスタートしていました。

フィルムの最後の一枚を撮ったあの時から、このカウントダウンはまだ継続しているのか?

ひつじくん。
ひつじくん。
怖いんだけど・・・。カウントダウンが0になっらどうなるんだろ。

科学では証明不可能な神がかった力が働いている・・・。ブキミさを感じました。

三体人の目的|侵略のために地球の科学を壊滅!?

物語の後半で、地球に干渉する異星人の存在が明らかになります。

「いま起きているこういうことすべてには、陰で糸を引いている黒幕がいる。目的はひとつ。科学研究を壊滅させることだ」

汪淼に現れたゴーストカウントダウンや、物理学者たちの自殺事件。それらは、ある1つの目的のために仕掛けられたことでした。

陰で糸を引いているのは三体人です。

そして地球にも三体人に協力する人たちが一定数いました。人類に絶望した葉文潔や、藩寒 (ファン・ハン)、マイク・エヴァンズなど。

彼らの理想は、三体文明に人類文明を矯正してもらうこと。地球を、調和のとれた、罪のない、豊かな世界に戻してもらうこと。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
文革で家族を失った葉文潔は、人類に絶望してしまったんだね。

地球を征服しようと企む三体人が、ちょっと面白かったです。

ゴーストカウントダウンや、物理学者たちの自殺をけしかけた三体人の目的は、地球の科学を壊滅させることでした。

彼らが地球にやってくるのは、いまから約450年後。その頃には、地球文明は、三体文明をはるかに凌駕してしまっていると予測しているんです。

つまり

三体人は、約450年後、地球を乗っ取るためにやってくるけど、逆に返り討ちに合うことを心配している。

ひつじくん。
ひつじくん。
SF小説で描かれる異星人って、大抵、地球よりも文明が進んでいる場合が多いイメージ。

『三体』で描かれている異星世界は、3つの太陽が存在して、恒紀と乱紀を繰り返していました。文明の発展と衰退を繰り返す世界です。

征服しようとして地球にやってくるのに、返り討ちにされるかもしれない異星人・・・という設定が新鮮で面白い。

それもこれも、全ては3つの太陽が存在する三体問題に起因していることなのですが。斬新な世界観が目を引きました。

地球の科学を壊滅させるために三体人が送り込んできた陽子 (プロトン) と智子 (ソフォン)。

この辺りは難しくて理解出来なかったけど、智子により、リアルタイムで地球をモニターすることが可能。そしてリアルタイムで地球人とコミュニケートすることもできてしまうという・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ホーガンのSF小説『星を継ぐもの』シリーズでも、こういうのあったな。

人工知能ゾラックや、ヴィザー。人工知能を介せば、地球人と異星人がコミュニケートできるやつ。

『ガニメデの優しい巨人』JPホーガン【あらすじと感想】ガニメアンとミネルヴァの謎ジェイムズ・P・ホーガンのSF小説『ガニメデの優しい巨人』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。優しい異星人・ガニメアン、相対性理論とタイムマシーン、人工知能ゾラック、明かされる人類の謎について書いています。...
『巨人たちの星』J・P・ホーガン【あらすじと感想】テューリアンとジェヴレン人の宇宙戦争ジェイムズ・P・ホーガンの小説『巨人たちの星』あらすじと感想です。シリーズの魅力、監視された地球、人工知能ヴィザー、テューリアンVSジェヴレニーズ、シャピアロン号救出とブラックホールについて書いています。...

ホーガンの小説ではテンション上がりましたが、『三体』では、一方的に監視されているからブキミな感じです。

ひつじくん。
ひつじくん。
三体人、恐るべし。

『三体』はミステリーありのSF小説

劉慈欣さんの小説『三体』。ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』を読んでいるような面白さ&本格SF小説・・・と言われているけど、また違った感じがしました。

『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン【あらすじと感想】ルナリアンとミネルヴァの行方ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。チャーリー、月の裏側、月はどうやってできたのか、ガニメアン発見で深まる謎について書いています。...

読みやすいけど『星を継ぐもの』よりは難しい。三体問題などの要素が強く、本格SF小説というよりは数学的な小説・・・という印象を受けました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ミステリー要素があるのが嬉しい。

絶賛するほどではないものの面白かったです。3部作だからまだまだ序盤ですね。これから宇宙的なSF感が強まることを期待して。

三体Ⅱ黒暗森林レビュー
『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文【解説】フェルミのパラドックス劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文です。タイトルの意味とフェルミのパラドックス、面壁計画、羅輯と章北海、「水滴」、結末と羅輯の呪文について書いています。...
2020年9月現在では、まだ最終(第3部)の日本語版は出版されていません。第1部→『三体』、第2部→『三体2 黒暗森林 上下』です。
面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
思いっきり泣ける小説
【思いっきり泣ける小説】涙が止まらない!ファンタジー・恋愛からミステリーまで思いっきり泣ける、号泣間違いなしの小説を厳選して紹介します。絶対泣ける!ファンタジー&ヒューマン・恋愛小説と切なくて泣ける!ミステリー小説です。あらすじと感想も簡単に書いています。...
ホラー小説おすすめ
ホラー小説おすすめ|怖さがクセになるサイコホラーからSF、ミステリー・怪奇小説まで怖さがクセになるサイコホラー、SF、ミステリー、怪奇小説を厳選して紹介。怖いのはもちろん、面白さも絶品でした。読書の参考にして下さい。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら