SF・ファンタジー

『三体Ⅲ 死神永生』ネタバレ感想文・あらすじ|タイトルの意味、宇宙の真相を解説|劉慈欣

『三体Ⅲ 死神永生』
この記事に書かれていること
  • 『三体Ⅲ 死神永生』あらすじと感想文
  • タイトルの意味を考察&解説
  • 階梯計画と天明の贈り物
  • 崩壊した三体
  • 暗黒森林攻撃回避のプロジェクト
  • マジック・リングの崩壊
  • 紙切れと暗黒森林攻撃
  • 宇宙の真相

ネタバレあります。ご注意ください。

発動された暗黒森林攻撃

劉慈欣さんの小説『三体Ⅲ 死神永生』読書感想です。三体シリーズ(「地球往事」)3部作にして完結篇。超スケールがでかい!圧倒されました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これはすごい。まさに次元を超えた宇宙スケール。

SF小説だから宇宙スケールなんてびっくりすることじゃないじゃん。・・・と思うかもしれないけど、完全に想像の上をいっていました。

前作『三体Ⅱ 黒暗森林』で物語にひと区切りついていたから、この後どんな展開になるのか不思議だったんです。(正直、『黒暗森林』が面白かっただけに不安でした)

心配無用、『黒暗森林』とはまた違った面白さがありました。

『三体Ⅲ 死神永生』あらすじ・評価

三体シリーズ、ついに完結

著:劉 慈欣, 翻訳:大森 望, 翻訳:ワン チャイ, 翻訳:光吉 さくら, 翻訳:泊 功
あらすじ

三体世界の太陽系侵略に対抗すべく立案された地球文明の切り札「面壁計画」。その背後で極秘の仰天プランが進んでいた。侵略艦隊の懐に、人類のスパイをひとり送る―奇想天外な「階梯計画」を実現に導いたのは、若き航空宇宙エンジニアの程心(チェン・シン)。計画の鍵を握るのは、学生時代、彼女の友人だった孤独な男・雲天明(ユン・ティエンミン)。この2人の関係が人類文明の、いや、宇宙全体の運命を動かすとは、まだ誰も知らなかった・・・。

『死神永生』タイトルの意味を解説|三体(地球往事)シリーズ最終巻

『死神永生』というタイトルは、本書の中の文章に由来するようです。

人間、どこへ航海しようと、結局いつかは、この灯台が示す方角に向かうことになる。すべてが移ろいゆくこの世の中で、死だけが永遠だ

ひつじくん。
ひつじくん。
死だけが永遠。生きている限りどこにいても、いつかは平等に訪れるということ?

この文章を読むとそう思いますが、もう一つ、タイトルに関係ありそうな文章がありました。

あらゆる文明とあらゆる記憶は、未来永劫、この果てしない墓に葬られたままとなる。こうして、死だけが永遠につづく

「果てしない墓」は膨張し続ける宇宙を指しています。

つまり「死だけが永遠」(死神永生)というのは、膨張し続ける宇宙の中では「死だけが永遠と繰り返される」という意味。

・・・そう考えると「死神永生」は「宇宙」を指しているとも言えますね。

ちなみに、英語版のタイトルは『Death’s End(死の終わり)』です。

膨張し続ける宇宙が終わる(かもしれないラストを考えると)→新宇宙を暗示した明るい未来をイメージできるタイトルに感じました。

「三体」3部作は、原題だと「地球往事」3部作なんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
往事とは過去の意味だよ。

三次元世界で存在していた過去を指しているのか・・・。『死神永生』を読み終わったあとでは哀愁を感じます。

最終巻においては「地球往事」シリーズというのが、しっくりきました。「三体」シリーズの方がインパクトありますが。

『三体Ⅲ 死神永生』ネタバレ感想文

『三体Ⅲ 死神永生』は前2作よりも、SF要素がてんこ盛りでした。

次元、低高速ブラックホール、光速、宇宙都市、光墓、長方形膜状物体、小宇宙空間・・・。

ちょっと盛りすぎてて、まとまりに欠ける気がしないでもない。それでも面白いのは確かです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
四次元空間、三次元→二次元の崩壊がドキドキだった。

想像すると恐ろしいのだけど、読むのを止められませんでした。この辺り映像で見てみたいです。

ひつじくん。
ひつじくん。
ラストは宇宙の真相まで追求してた。本当にスケールが大きいよね。

階梯計画(ラダー・プロジェクト)と天明が贈った星

前巻『黒暗森林』で三体世界を抑止することに成功して、危機紀元は終わりを迎えました。

三体Ⅱ黒暗森林レビュー
『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文【解説】フェルミのパラドックス劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文です。タイトルの意味とフェルミのパラドックス、面壁計画、羅輯と章北海、「水滴」、結末と羅輯の呪文について書いています。...

『死神永生』は少しだけ時期が重なるんです。面壁計画とともに、実は裏で違う計画が進行していました。

三体に人類をひとり送り込む計画、階梯計画(ラダー・プロジェクト)です。

「われわれは、脳だけを送る」

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ゾッとするけど、可能なんだよね、この世界では。

選ばれたのは、病で余命わずかの雲天明(ユン・ティエンミン)でした。主人公・程心(チェン・シン)の大学時代の友人です。

学生のときから程心に恋心を抱いていた天明は、かなりのロマンチスト。彼女に星をひとつ、最後の方では小宇宙空間までプレゼントするのだから・・・。

天明が程心にプレゼントした星(DX3906)は、最後の方で彼女の道しるべとなります。

ひつじくん。
ひつじくん。
『死神永生』は本格SF小説だけど、最後はラブストーリーのようにも思えたよ。

階梯計画後、人工冬眠に入った程心。月日は流れ、目覚めたときには彼の脳は行方不明・・・。階梯計画は人々から忘れ去られていました。

天明、どうなったの?

そのうち出てくるかな・・・と読みすすめていたら上巻ラスト辺りで登場。無事に三体人が回収してくれたようで安心しました。

暗黒森林攻撃により、三体世界が壊滅!?

三体世界、崩壊してしまうのですよね。わりと早い段階で。暗黒森林攻撃がなされたのです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
暗黒森林については『三体Ⅱ 黒暗森林』のレビューで詳しく書いているよ。
三体Ⅱ黒暗森林レビュー
『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文【解説】フェルミのパラドックス劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文です。タイトルの意味とフェルミのパラドックス、面壁計画、羅輯と章北海、「水滴」、結末と羅輯の呪文について書いています。...

羅輯(ルオ・ジー)によって攻撃は抑止されたけど、執剣者(ソードホルダー)が程心に交代したとたんに三体艦隊は重力波送信器を破壊。三体人による地球侵略が始まります。

執剣者とは

簡単に言うと、三体、ひいては地球の運命を握る人です。三体世界の座標を宇宙に送信する重力波送信器のスイッチを管理する人。羅輯→程心になりました。

三体が地球に危害を加えるようなら、スイッチを押して座標を公開。暗黒森林攻撃が三体に向けてなされるかもしれません。ただその場合、三体と交流のある地球の座標も知られることになります。

ひつじくん。
ひつじくん。
程心はスイッチを押さなかったんだ。

それを見越した上で送信器を破壊した三体艦隊。これで心置きなく地球を侵略できると思いきや、座標は送信され、崩壊の道をたどります。

座標を宇宙に向けて送信したのは、重力波送信器を搭載した地球艦隊〈万有引力〉と〈藍色空間〉の乗員でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
焦っただろうね、三体人は。

・・・まぁ、崩壊しても艦隊で宇宙に逃げのびた三体人もいたわけで。脳だけ送った天明も生きています。

そして三体から送られてきた智子。今回は女性型ロボットとして登場しました。読み方は「ともこ」です。『三体』で出てきた智子(ソフォン)とは別物(進化系?)。

程心とは気心の知れた友人のような感じで、彼女の存在も目を引きました。

地球も危ない!暗黒森林攻撃の回避は可能か?

『死神永生』上巻の後半から、地球は暗黒森林攻撃の回避を探っていきます。三体が攻撃され、いずれは地球も・・・。

ある文明が、自分たちは無害で、だれに対しても脅威にはならないということを全宇宙に示し、それによって暗黒森林攻撃を回避することはできるのか

羅輯の問いかけに対して可能だと答える智子。ただその方法や正解を三体人は教えてくれません。

天明が語った「地球のおとぎ話」にヒントを得て、3つのプロジェクトが進んでいきます。

3つのプロジェクト

  • 掩体計画(バンカー・プロジェクト)・・・木星・土星・天王星・海王星の巨大惑星を掩体として、暗黒森林攻撃による太陽爆発の影響を回避する。4つの惑星の近傍に、全人類を収容できるだけの宇宙都市を建設
  • 暗黒領域計画(ブラック・ドメイン・プロジェクト)・・・太陽系を低光速ブラックホールに変えることにより、全宇宙に安全通知を送信する
  • 光速宇宙船プロジェクト・・・太陽系を脱出する

ひつじくん。
ひつじくん。
一番攻撃されなさそうなのは、低光速ブラックホールに変える暗黒領域計画かな。

低光速ブラックホールとか、まさに本格SFでワクワクしちゃいます。(←実はよくわかってないけど)

最終的には掩体計画が進んでいました。木星にできた宇宙都市など、程心の視点で描かれた世界もSF感満載なんですよね。

絶望的だったのは、掩体計画が正解ルートではなかった点です。複雑な気持ちにもなりました。

高次元から低次元へ|発動された暗黒森林攻撃

『死神永生』で一番興味をひかれたのが「次元」です。

二次元、三次元、四次元・・・。今いる世界は三次元(または、三次元+時間)と言われていますね。

「縦」と「横」と「厚み」があるのが三次元。「厚み」がない、平面図のような世界が二次元。三次元にもう一つ「何か」をプラスしたのが四次元。(「何か」は「時間」なのかもしれないし、違う何かかもしれません)

ひだまりさん。
ひだまりさん。
高次元の方が要素がたくさんあって楽しそう。

上巻のはじめに描かれている第1部「魔法使いの死」は、次元が描かれていたのですね。

どう繋がるのか不思議だったけど、〈万有引力〉が四次元から「水滴」を攻撃したときに気づきました。

ひつじくん。
ひつじくん。
「魔法使いの死」の彼女は、四次元から攻撃していたんだ。

三体シリーズ最終巻は、次元がひとつのポイントになっています。

  • 【崩壊するマジック・リング】四次元空間→三次元空間へ
  • 【次元攻撃】三次元→二次元へ

崩壊していくところは悲しくもあるけど、スリリングで息が止まるくらいハマりました。

四次元宇宙「魔法の指輪(マジック・リング)」の崩壊

宇宙に三体の座標を公開した〈万有引力〉と〈藍色空間〉は、四次元空間の入口が存在していることに気づきます。

関一帆の例え話が興味深い。

「三次元に二次元が含まれるように、四次元空間には三次元空間が含まれる。たとえて言えば、いまわれわれは、四次元空間の中の、三次元の紙の中にいる」

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ただ見えないだけで、もしかしたら、この世界は高次元なのかも。

四次元空間で見つけたドーナツ形の物体、”魔法の指輪”(マジック・リング、光墓)との会話にワクワクしました。

我是墓地(わたしは墓だ)

かつては宇宙船だったマジック・リング。でも、いまは死んで墓になっています。四次元宇宙に浮かぶお墓。

ひつじくん。
ひつじくん。
なんとも奇妙な光景だね。

あと少しで四次元宇宙から三次元宇宙に落ちてくる・・・。四次元にあるものは全て崩壊していきました。

ちょっぴり切なくなるけど、このシーン、好きです。

小さな紙切れと暗黒森林攻撃

下巻の後半はヒヤリとしました。『黒暗森林』で水滴の攻撃を受けたときのようなヒヤリ感。

恐るべきことに、地球に対して暗黒森林攻撃がなされます。

それは一枚の小さな紙切れでした。太陽系を目指して進む〝長方形膜状物体〟。クレジットカードよりやや大きいサイズで、きわめて薄く厚みは測定できません。

紙切れの正体は二次元空間です。

四次元が三次元に崩潰するように、三次元空間も二次元空間へと崩潰するのかもしれません。ひとつの次元が量子レベルに小さく折り畳まれるのです

紙切れは急速に拡大し、多くの三次元空間がそこに落ちていく・・・。太陽系の崩壊です。

太陽、地球、他の惑星・・・。太陽系にあるもの全てが一枚の紙切れ(二次元空間)へと落ちていくのは怖くもあり、あ然としました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
三次元のモノが、二次元に落ちたら生きてはいられないよね・・・。

厚みがなくなるから、紙に描かれた絵のようになってしまうんです。恐るべき暗黒森林攻撃。太陽系崩壊のところは目が離せませんでした。

『黒暗森林』が一件落着な終わり方をしていたから、こんな展開が待ち受けているとはつゆ知らず。

ひつじくん。
ひつじくん。
衝撃だったけど面白かったよ。

宇宙の真相|改変され続ける宇宙

宇宙の真相がまたパンチが効いていました。・・・『死神永生』は驚きが詰まったビックリ箱のような本ですね。

宇宙は、生命によってすでにどれだけ変わってしまっているのだろう? どれほどのレベル、どれほどの深度で改変がなされているのだろう?

最初の方で、楊冬(ヨウ・ドン)が疑問に思ったことの答えがラストに明かされます。

宇宙の真相

もともとの宇宙は、十次元。太陽系を攻撃したときのように次元攻撃を繰り返すうちに低次元化していった。

一度放たれた次元攻撃は止まらないのです。〈万有引力〉と〈藍色空間〉が遭遇したマジック・リングも宇宙の真相を理解していました。

海を干上がらせた魚は、海が干上がる前に陸に上がった。ひとつの暗黒森林からべつの暗黒森林に移動した

  • 「海を干上がらせた魚」→暗黒森林(次元)攻撃者
  • 「陸」「べつの暗黒森林」→低次元宇宙(低次元宇宙で生き延びられるように自らを改造)
  • 「ひとつの暗黒森林」→今いる高次元宇宙

怖いなぁ・・・。結局、どの次元でも暗黒森林攻撃は続いていくのか。かつてのエデンの園のような美しい楽園、十次元の宇宙に行ってみたいです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宇宙の真相、次元攻撃、崩壊・・・。全てに圧倒された。

面白かったのでオススメです。

著:劉 慈欣, 翻訳:大森 望, 翻訳:光吉 さくら, 翻訳:ワン チャイ, 監修:立原 透耶
著:劉 慈欣, 翻訳:大森 望, 翻訳:立原 透耶, 翻訳:上原 かおり, 翻訳:泊 功
著:劉 慈欣, 翻訳:大森 望, 翻訳:立原 透耶, 翻訳:上原 かおり, 翻訳:泊 功
著:劉 慈欣, イラスト:富安 健一郎, 翻訳:大森 望, 翻訳:光吉 さくら, 翻訳:ワン チャイ, 翻訳:泊 功
著:劉 慈欣, イラスト:富安 健一郎, 翻訳:大森 望, 翻訳:光吉 さくら, 翻訳:ワン チャイ, 翻訳:泊 功

『三体』を無料で聴こう

Audible

『三体』を読むなら、本を聴く「Audible」もおすすめ。新規登録でお好きな本を1冊無料で聴けます!

  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

小説『三体』のレビュー
『三体』あらすじ・ネタバレ感想文|第1部の解説と要約|魅力的なVRゲームの世界が斬新すぎる!劉慈欣さんのSF小説『三体』あらすじ・魅力&ネタバレ読書感想文です。第1部を簡単に解説・要約しました。VRゲームと三体問題、不可解な事件とゴースト・カウントダウン、三体人の目的について書いています。...
三体Ⅱ黒暗森林レビュー
『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文【解説】フェルミのパラドックス劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文です。タイトルの意味とフェルミのパラドックス、面壁計画、羅輯と章北海、「水滴」、結末と羅輯の呪文について書いています。...
ハマる!一度は読むべきSF・ファンタジー、恋愛小説
【ハマる面白さ】一度は読むべき本|SF・ファンタジー、恋愛小説おすすめ私を読書沼に落とした名作(SF・ファンタジー、お仕事、恋愛)小説を厳選しました。一度は読むべき本です。...