SF・ファンタジー

『ガニメデの優しい巨人』JPホーガン【あらすじと感想】ガニメアンとミネルヴァの謎

この記事に書かれていること
  • ジェイムズ・P・ホーガンのSF小説『ガニメデの優しい巨人』あらすじと感想
  • 優しい異星人・ガニメアン
  • 相対性理論とタイムマシーン
  • 人工知能ゾラック
  • 明かされる人類の謎

少しだけネタバレあります

かつて存在していた惑星ミネルヴァ。そこで何が起こったのか?

ジェイムズ・P・ホーガンのSF小説『ガニメデの優しい巨人』感想です。巨人たちの星シリーズ2作目。前作『星を継ぐもの』がすごく面白かったので楽しみに読みました。

前作のレビューはこちら

『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン【あらすじと感想】ルナリアンとミネルヴァの行方ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。チャーリー、月の裏側、月はどうやってできたのか、ガニメアン発見で深まる謎について書いています。...

『ガニメデの優しい巨人』というタイトルからも想像できるように、2作目ではガニメアン (異星人) と遭遇しちゃいます!未知との遭遇です。

最初の方は少し中だるみしたけど、途中から止まらなくなりました。最後は前作と同じく驚愕の結末・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
すごい。ダンチェッカーはやはり鋭いです。

『ガニメデの優しい巨人』あらすじ

次々と謎が明かされる!?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
木星の衛星ガニメデに不時着していた宇宙船は 2500万年前のものだった。ガニメアンの技術の進歩は凄まじいものがあった・・・。

『ガニメデの優しい巨人』感想

前作では 木星の衛星ガニメデの氷の下に埋まっていた宇宙船の発見により、身長8フィートの巨人・ガニメアンの存在が明らかになりました。

優しい異星人・ガニメアン

2500万年前にこつ然と姿を消したガニメアン。彼らにいったい何があったのか? そして絶滅したミネルヴァ固有の陸棲動物。惑星ミネルヴァで何が起こったのか?

・・・解明されるのかしらとワクワクしながら読んでいました。

本作ではガニメアンと遭遇します。

シャピアロン号に乗ってやってきたガルースやシローヒン。彼らはみんな優しいんです。争いはなく温和で何事にも慎重な性格。戦争を繰り返した歴史を持つ地球人とは大違いでした。

ひつじくん。
ひつじくん。
巨人たちから見ると 地球は〈悪魔の惑星〉・・・。

弱肉強食、戦争を繰り返してきたので そう見えるみたいです。最後まで読むと、そういう風になった地球人の理由が明かされるんですよね。

チャーリーやコリエルといったルナリアンの進化も・・・。思わぬところに巨人たちが関係していました。

相対性理論とタイムマシーン

元はミネルヴァに住んでいたガニメアン。ある目的のため惑星イスカリスにいました。それが失敗に終わり、シャピアロン号で惑星を離れたのが2500万年前。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ガルースやシローヒンは2500万年生きているの!?

絶句しましたが、これにはアインシュタインの相対性理論が関係しています。

時間は重力や速さの影響を受けるというもの。

不思議な現象です。地球では2500万年経っているのに シャピアロン号上ではわずか20年・・・。浦島太郎みたい。光速を越えることができれば タイムマシーンも実現するのかもしれません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
未来への一方通行。ドラえもんのように未来や過去に自由に行けたら良いのに。
ひつじくん。
ひつじくん。
そのうちに宇宙旅行なんてのも実現するかもね。

SFものを読むと想像が膨らみます。

人工知能ゾラック

おっ!と興味を抱いたものがありました。人工知能ゾラックです。

ハント博士やガニメアンたちは ゾラックを介して話ができます。人工知能の学習能力には目を見張りますね。何回かやり取りをするうちに、どんどん吸収していく。

先日 見た番組がすごかった。

NHKで放送されていた人工知能のスペシャル番組を見ました。(将棋の羽生さんが出演していたものです)

人間のような感情を持ち行動するロボットがいました。初めは何も出来なかったAIが学習を繰り返すうちに完璧に近づいていくんです。

車の自動運転だったり、医療分野だったり・・・。人間よりも正確に安全に。

すごいです。どんどん人間に近づいていく。何十年か先には ゾラックのようなAIと共存する社会も夢ではなくなるのかもしれません。

明かされる人類の謎

木星の衛星ガニメデの下に埋まっていた宇宙船の動物から、まったく新しい酵素が発見されました。・・・それはどんな働きをするものなのか?

他にも様々な謎があります。

  • シャピアロン号が出発した後、ミネルヴァで何があったのか。
  • ガニメアンは何のために地球の動物をミネルヴァへ運んだのか。
  • ミネルヴァ固有の動物が絶滅したのはなぜか

徐々に解明されていく謎。今回もダンチェッカー (生物学者) によって 驚愕の内容が明かされます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
それでルナリアンと地球人は戦争を繰り返す歴史を送ってきたのか。納得。

壮大な物語を読むと、その余韻に浸っていたくて少しの間ぼーっとしてしまいます。今回も しかり。ガニメアンが地球を離れた時、胸が熱くなりました。彼らは知っていたんだ・・・。

ラストは 次作『巨人たちの星』も読みたくなってしまう展開でした。巨人の星。そこはどんなところなんだろう?

「星を継ぐもの」 シリーズ

『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン【あらすじと感想】ルナリアンとミネルヴァの行方ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。チャーリー、月の裏側、月はどうやってできたのか、ガニメアン発見で深まる謎について書いています。...
『巨人たちの星』J・P・ホーガン【あらすじと感想】テューリアンとジェヴレン人の宇宙戦争ジェイムズ・P・ホーガンの小説『巨人たちの星』あらすじと感想です。シリーズの魅力、監視された地球、人工知能ヴィザー、テューリアンVSジェヴレニーズ、シャピアロン号救出とブラックホールについて書いています。...

月が舞台のドラえもんの小説

『映画 ドラえもん のび太の月面探査記』辻村深月【読書感想文とあらすじ】異説クラブメンバーズバッジ辻村深月さんの小説『映画 ドラえもん のび太の月面探査記』あらすじと読書感想文です。少しだけネタバレもあります。2019年のドラえもん映画の小説版です。異説クラブメンバーズバッジで月にうさぎ王国を作ったのび太とドラえもん。結末はほっこりしました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 又八郎 より:

    ドラえもん2019から跳んできました
    星を継ぐものシリーズは全部読みましたが
    私の中では5本の指に入る作品です

  2. 又八郎さんへ。

    コメントをありがとうございます (^ ^)
    星を継ぐものシリーズ、面白いですよね。私も大好きな小説です。・・・と言いつつ最後の『内なる宇宙』はまだ読んでなかった (^_^; のを今思い出しました。

    謎が解明されていくところが すごかったです。辻褄がちゃんと合っていて、物語なんですがリアル感が楽しめました。

    私の中でも5本の指に入っています (*´`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA