SF・ファンタジー

『タイム・リープ あしたはきのう』高畑京一郎【あらすじと感想】ラノベに留まらない本格SF小説

私の『明日』は、いつ?

高畑京一郎さん『タイム・リープ あしたはきのう』。ひだまりさん。が 高畑さんの本を読むのは2冊目になります。前に読んだ『クリス・クロス 混沌の魔王』が面白かったのでこちらも読んでみました。

文庫本 上下巻ですが、面白すぎて一気に読んでしまいました。タイトルからも分かる通り、時間を扱ったSF小説です。もっと早くに読めばよかった。これはレビューの評価が高いのも頷けます。

『タイム・リープ』あらすじ

あしたはきのう、かもしれない!?

『タイム・リープ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
高校に通う鹿島翔香は、ふしぎな出来事に遭遇する。昨日の記憶が全くないのだった。彼女は不安に思いながらも、若松和彦に相談するが・・・。

『タイム・リープ』感想

ラノベなのに、時間SFとしてレベルが高い本。矛盾がないのがすごいです。
それでは 本の内容をまじえたレビュー (ネタバレしない程度の) です。

鹿島翔香に起こった時間飛躍

初めは火曜日でした。

主人公の鹿島翔香は、月曜日の記憶がまるまる抜けていることに気づいたんです。『タイム・リープ』というタイトルから、この時点で読者は 「あ、時を跳んだんだな」 と気づくわけですが、それが分からない彼女は混乱します。

時を跳ぶ。
「タイムリープ」 や 「タイムトラベル」 などの時間SFもので ひだまりさん。が読んだことがあるのは、筒井道隆さん『時をかける少女』、北村薫さん『ターン』や『スキップ』です。・・・どちらかと言えば『時をかける少女』に近いお話かなと思います。

でも似ているようで、また違った物語になっています。

私が読んだ数少ない時間ものでは、本作が1番面白かったです。

夢中で読みました。まるでパズルのようにたくさんの複雑なピースが全て嵌ったときに、 「そうか、この記述はこのことを指していたんだ。だから・・・だったんだ」 と、とても満足感が得られるというか、スッキリする。とても上手いなと思います。

タイムリープって?

そもそも 「タイムリープ」 ってどういう現象なのでしょうか。筒井さんの『時をかける少女』でも書いたのですが、おさらい。

【Time-Leap】とは・・・時間飛躍。肉体はそのままで記憶だけ入れ替わる現象のこと。

体はそのままで意識だけが入れ替る状態です。
たとえば、「タイムトラベル」 のように過去に行ったら私が2人・・・という現象にはならないのが 「タイムリープ」 。

本作では なかなか興味深い展開になります。

翔香が危ない目にあうと (階段から落ちるとか) 時間飛躍がおきる。日曜日から火曜日に行ったり、飛ばした月曜日に戻ったり・・・。過去にも未来にもリープするわけです。そして朝目覚めるときは危険がないと分かっている日にまたリープする。

翔香の不安な気持ちが伝染します。そんな時に力になってくれるのが、同じクラスメイトの若松和彦です。彼がまたカッコ良いんですよね。頼りになる少し大人びた男の子です。

あしたはきのう

1週間の間に時間飛躍がたびたび起こります。ちょっと混乱しそうになるんですが、それでも読みやすくサクサクと読めてしまいました。ここで重要なのは・・・、

1度過ごした時間は再び過ごさないということ。

主人公が階段から落ちてリープする瞬間がたびたびあるのですが(笑)、落ちるその瞬間でリープした彼女はそこまでを過ごしているので、戻るとしたら落ちたその後の時間から・・・ということになります。それでたびたび時系列が乱れるので、おや?となるんです。

この現象を分かりやすく説明しているところがありました。

たとえば、映画を見るとする。そのまま見れば、なんの苦労もなくストーリーを追える。だが、フィルムを引き出し、あっちこっちでぶった切って、順不同に入れ替えてつなぎ直したら、どうなると思う?

さすが和彦くん。とても分かりやすいです。

翔香の明日は明日とは限らない。あしたはきのう、かもしれない。

今の彼女に起きている現象は、こういう事なんですね。前後の状況 (過去や未来) は 順不同になっています。時間は決して重ならないし、時系列はバラバラでも1週間で区切るとトータルでは全ての時間をちゃんと生きているんです。

日曜日に何があったのか?

問題になってくるのは、いつ 「タイムリープ」 が始まったのかです。

・・・どうやら日曜日に何かがあったらしい。翔香にとって危険な出来事があったから、彼女は時間をリープしてしまったんです。

読んでいると 薄々わかるんですよね。怪しい人物も・・・。

ネタバレになるので書きませんが、日曜日に何かがあったことだけは確かなようです。・・・防衛本能からか、彼女の記憶は抜け落ちていますが。それを見事に、勇敢に立ち向かう和彦がとても頼もしく思えました。

『タイム・リープ』が 高評価な理由

本書はSFですが、ラノベの括りになるのかな。読みやすいし、分かりやすい。ラノベを超えて本格的なSFと言っても良いくらいです。何よりも読んでみて高評価の理由に納得しました。

伏線の回収が素晴らしいんです。

矛盾がありません。先ほども書きましたが、一つ一つがパズルのピースのような感じで最後には余りなくぴたっと収まる。

たとえば 日曜日から火曜日に飛んだ、月曜日をまだ経験していない翔香が、クラスメイトの行動を怪訝に思っても、後で月曜日を経験することでパズルのピースが嵌ったように腑に落ちる。

それがたびたび繰り返されて、それを読者も一緒に味わうんです。ほんとに気持ち良いです。相当練って書かれたものなんだろうなと思いますが、難しいところがなく登場人物のキャラも良いからかサラサラと読めるんですよね。

高畑京一郎さん、天才だわ。

こういう小説を読むと、作家さんて凄いんだなと思わずにはいられません。

高畑京一郎さんの遊び心

ベタ褒めしちゃうくらい素晴らしい作品ですが、一つ難点を挙げるとミスプリが目立つところ、ぐらいでしょうか。

ストーリーや展開、伏線回収は完璧です。そして所々に高畑さんの遊び心が描かれていました。

「タイムリープ」 について相談する翔香に和彦が言ったひとことに、筒井さんの『時をかける少女』を連想したり・・・。

それから最後。ひだまりさん。が 前に読んだ高畑京一郎さんの『クリス・クロス 混沌の魔王』の登場人物が出てきました!リンクしてるんだぁ。

また『クリス・クロス 混沌の魔王』読みたくなるじゃないか。

ちなみに本作は映画化されているようです。小説が良かっただけに映像を見るとがっかりしてしまいそうなので、ためらってしまいます。・・・ちょっと気にはなりますが。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 焼酎太郎 より:

    お疲れです、寒いっすね。

    この本は文庫本と単行本で内容がだいぶ違うのかしれません。
    アマゾンのレビューで「単行本のほうがおもろいで」
    みたいなのがあったので、単行本を読んだのですが
    私の脳みそでは理解ができなかったです\(^o^)/
    機会を作って文庫本も見てみますわ。

  2. ひだまりさん。 より:

    お疲れさまです。寒いですね (*_*)
    札幌はもう真っ白です。このまま根雪になりそうな勢いです。

    焼酎太郎さんは単行本の方を読まれたのですね。
    もしかしたら少し変わってるのかな?
    確かに混乱しますよね。
    私も読み終わってからわからないことがあったのでネットで検索していたら、詳しく書かれているブログがあって、それで腑に落ちたところがありました。

    伏線回収が素晴らしく上手いですね。
    良い本を読んだなと思います。

    コメントありがとうございます
    (*^o^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA