SF・ファンタジー

『タイム・リープ あしたはきのう』高畑京一郎【あらすじと感想】ラノベに留まらない本格SF小説

この記事に書かれていること
  • 高畑京一郎さんの小説『タイム・リープ あしたはきのう』あらすじと感想
  • 鹿島翔香に起こった時間飛躍
  • 日曜日の出来事
  • 高評価な理由
  • 作者の遊び心

私の『明日』は、いつ?

高畑京一郎さんの小説『タイム・リープ あしたはきのう』感想です。高畑さんの本を読むのは2冊目。

文庫本 上下巻ですが、一気に読んでしまいました。タイトルからも分かる通り、時間を扱ったSF小説です。もっと早くに読めばよかった。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったです。

『タイム・リープ』あらすじ

あしたはきのう、かもしれない!?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
高校に通う鹿島翔香は ふしぎな出来事に遭遇する。昨日の記憶が全くないのだった。彼女は不安に思いながらも 若松和彦に相談するが・・・。

『タイム・リープ』感想

ラノベなのに 時間SFとしてレベルが高い本。矛盾がないのがすごいです。

鹿島翔香に起こった時間飛躍

初めは火曜日でした。

主人公の鹿島翔香は 月曜日の記憶がまるまる抜けていることに気づきます。

『タイム・リープ』というタイトルから、この時点で読者は 「あ、時を跳んだんだな」 とわかるのですが 彼女は混乱します。

「タイムリープ」 や 「タイムトラベル」 などの時間SFもので読んだことがあるのは、筒井道隆さん『時をかける少女』、北村薫さん『ターン』や『スキップ』です。

ひつじくん。
ひつじくん。
本書は『時をかける少女』に近いお話だね。

でも似ているようで、また違った物語になっています。

夢中で読みました。パズルのようにたくさんの複雑なピースが全て嵌ったときに、 「そうか、この記述はこのことを指していたんだ。だから・・・だったんだ」 と 満足感が得られる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
スッキリです。

タイムリープって?

そもそも 「タイムリープ」 ってどういう現象なのでしょうか。

【Time-Leap】とは・・・時間飛躍。肉体はそのままで記憶だけ入れ替わる現象のこと。

体はそのままで意識だけが入れ替る状態です。

たとえば、「タイムトラベル」 のように過去に行ったら私が2人・・・という現象にはならないのが 「タイムリープ」 。

翔香が危ない目にあうと (階段から落ちるなど) 時間飛躍がおきる。日曜日から火曜日に行ったり、飛ばした月曜日に戻ったり・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
過去にも未来にもリープするんだね。

そして朝目覚めるときは危険がないと分かっている日にまたリープする。

翔香の不安な気持ちが伝染します。そんな時に力になってくれるのが、同じクラスメイトの若松和彦です。

彼がまたカッコ良いんですよね。頼りになる少し大人びた男の子です。

あしたはきのう

1週間の間に時間飛躍がたびたび起こります。混乱しそうになるんですが、それでも読みやすくサクサクと読めました。

ここで重要なのは・・・、

1度過ごした時間は再び過ごさないということ。

主人公が階段から落ちてリープする瞬間があるのですが、落ちるその瞬間でリープした彼女はそこまでを過ごしているので、戻るとしたら落ちたその後の時間から・・・ということになります。

それでたびたび時系列が乱れるので、おや?となるんです。

この現象を分かりやすく説明しているところ。

たとえば、映画を見るとする。そのまま見れば、なんの苦労もなくストーリーを追える。だが、フィルムを引き出し、あっちこっちでぶった切って、順不同に入れ替えてつなぎ直したら、どうなると思う?

ひだまりさん。
ひだまりさん。
さすが和彦くん。とても分かりやすいです。

翔香の明日は明日とは限らない。あしたはきのう、かもしれない。

前後の状況 (過去や未来) は 順不同になっています。時間は決して重ならないし、時系列はバラバラでも1週間で区切るとトータルでは全ての時間をちゃんと生きているんです。

日曜日に何があったのか?

問題になってくるのは、いつ 「タイムリープ」 が始まったのかです。

どうやら日曜日に何かがあったらしい。翔香にとって危険な出来事があったから、彼女は時間をリープしてしまったんですね。

防衛本能から、彼女の記憶は抜け落ちています。それを見事に、勇敢に立ち向かう和彦がとても頼もしく思えました。

『タイム・リープ』が 高評価な理由

本書はSFですが、ラノベの括りになるのかな。読みやすいし、分かりやすい。ラノベを超えて本格的なSFと言っても良いくらいです。高評価の理由に納得しました。

ひつじくん。
ひつじくん。
伏線の回収が素晴らしい。

矛盾がありません。一つ一つがパズルのピースのような感じで最後には余りなくぴたっと収まる。

たとえば 日曜日から火曜日に飛んだ月曜日をまだ経験していない翔香が、クラスメイトの行動を怪訝に思っても、後で月曜日を経験することでパズルのピースが嵌ったように腑に落ちる。

それがたびたび繰り返されて、読者も一緒に味わうんです。相当練って書かれたものなんだろうなと思いますが、難しいところがなく登場人物のキャラも良いからかサラサラと読めるんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
高畑京一郎さん、天才だ。

高畑京一郎さんの遊び心

ベタ褒めしちゃうくらい素晴らしい作品です。ストーリーや展開、伏線回収は完璧。そして所々に高畑さんの遊び心が描かれていました。

「タイムリープ」 について相談する翔香に和彦が言ったひとことに、筒井さんの『時をかける少女』を連想したり・・・。

それから最後。高畑京一郎さんの『クリス・クロス 混沌の魔王』の登場人物が出てきました!リンクしてるんですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
また『クリス・クロス 混沌の魔王』読みたくなる。

ちなみに本作は映画化されているようです。小説が良かっただけに映像を見るとがっかりしてしまいそうなので、ためらってしまいます。

気にはなりますが。

こちらもオススメ

『クリス・クロス 混沌の魔王』高畑京一郎【あらすじと感想】バーチャルリアリティの恐怖高畑京一郎さんの小説『クリス・クロス 混沌の魔王』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。仮想現実型RPG「ダンジョントライアル」の世界、パーティ編成、ゲーム・オーバー、魔王ギガントについて書いています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA