SF・ファンタジー

『時をかける少女』筒井康隆【あらすじと感想】甘く切ないラベンダーの記憶

甘く切ない恋の物語

筒井康隆さん『時をかける少女』
あまりに有名すぎるくらい有名ですが、そういえばまだ原作を読んでいなかった・・・。筒井康隆さんの代表作です。このお話、短編だったのですね。

ネタバレあります。

『時をかける少女』あらすじ

思春期の少女が体験した不思議な世界

『時をかける少女』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
芳山和子は、誰もいない放課後の理科室で、物音を聞いた。駆けつけると・・・。

『時をかける少女』感想

私が初めて『時をかける少女』に出会ったのは、内田有紀さん主演のドラマでした。

1994年のことなので、中学生か高校生くらいの時かな。今は細田守さんのアニメ版が有名になりましたね。でも私にはドラマの印象が色濃く残っています。

小説は素晴らしいです。文章はやはり昭和な感じですが、内容を知っている私でもグイグイ引き込まれました。あっという間に読んでしまいました。

今でも読み継がれるSF小説

今読んでも面白い

1967年の作品なので、今から約50年前ですか。そんなにたった今でもドラマ化されたりしているなんて凄いですよね。まったく色あせません。筒井さんのSF。多くは読んでいないのですが、その空想未来に驚かされます。本当に想像力が豊かな方です。

未来からやってきたという深町一夫。彼が語る社会はとても興味深い。そして、主人公の芳山和子の身に起こった出来事。過去へ飛んでしまう能力には、少しの憧れを抱きました。最後まで読むと、なんとも言えないくらいの切なさが心に残ります。

ラベンダーの恋

じゃあ、いってしまおう。きみが、好きになったからさ

突然のことばに、私もドキっとしてしまいました。ストレート。

でも読後は切なさで胸がいっぱいになりました。恋をしたのに別れなくてはいけない辛さ。しかもその記憶も消されてしまうんですよね・・・。最後の彼の存在が消えているシーンを読んだ時は、胸が痛みました。

本書は「ラベンダーの香り」が、重要なキーワードになっています。

「時をかける」能力は、その甘く懐かしい香りを嗅いだときから芽生えました。そして愛する人、深町がいた家の庭にもラベンダーが・・・。

唯一の彼との繋がり。記憶は消されても、ラベンダーの香りだけはぼんやりと残っているんですね。

テレポーテーションとタイムリープ

『時をかける少女』は、テレポーテーションタイムリープを扱っています。

タイムスリップしてしまって、もう1人の自分と鉢合わせになったらイヤですね。ここではそうならないようです。

テレポーテーション (身体移動) は何となく知っているけど、タイムリープ (時間飛躍) は初めて聞く言葉でした。

【Time-Leap】とは・・・

時間飛躍。肉体はそのままで記憶だけ入れ替わる現象のこと。

『時をかける少女』では、場所移動と時間跳躍がいっぺんに起こったのですね。深町 (ケン・ソゴル) のいる未来では、そんなことが可能なのか・・・。

未来の社会

未来から来たという少年、ケン・ソゴル。

未来のお話になるのですが、その背景に圧倒されました。私が良いなと思ったのは睡眠教育。

寝ている間にいろんな知識を得られるなんて凄い。確かマトリックスにもそんなシーンが出てきますよね。

そして彼が開発した薬。
一度に時間と場所を移動する能力を身につけることが出来るものです。ラベンダーの香料が使われていました。和子はそれを吸ってタイムリープをしたわけです。

筒井さんが描く未来は面白い。空想なのに、妙に説得力があるんですよね。

どこか懐かしさを感じる物語

どこか懐かしさを感じたのは私だけではないんじゃないかと思います。物語の舞台が中学校だからかな。理科教室だの、放課後だの、懐かしい言葉が並んでいます。

学生時代を思い出しました。学校嫌いだったけど、今思うともう一度戻りたくなってしまいます。そんな懐かしさを感じる一冊でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 焼酎太郎 より:

    お疲れ様です☆

    時かけ私も大好きです。
    特にアニメ版、ラストの堤防のところで何回泣いたかわかりません。
    そういえば、内田有紀もやってたんでしたっけ。
    ショートカットだから合うといえば合うのかな。

    まあ、あの腹黒い筒井康隆先生が創作したとは思えない(実は時かけ裏版がある読んじゃだめですよ)
    会心のロマン系SFでしたね。

  2. ひだまりさん。 より:

    お疲れ様です(*^^*)
    コメントありがとうございます☆

    ラストは泣けますよね。
    アニメ、見たくなってきました。
    時かけ裏版!?
    そんなのがあるのですね。
    ・・・とても気になります。
    でも、ちょっと怖いから読まないでおきます。

    小説も良かったです。
    まさしくロマンですね!
    最近SFばかり読んでいる気がします。
    空想未来、想像すると楽しいんですよね。
    時かけは、きっとこれからも読み継がれていく物語なのでしょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA