SF・ファンタジー

『銀河英雄伝説1 黎明篇』あらすじ・ネタバレ感想文・解説|アスターテ会戦〜アムリッツァ会戦

銀河英雄伝説1 黎明篇
この記事に書かれていること
  • 『銀河英雄伝説1 黎明篇』あらすじと感想文
  • 主要人物について
  • アスターテ会戦
  • イゼルローン要塞攻略
  • アムリッツァ会戦

ネタバレあります。ご注意ください。

銀河帝国VS自由惑星同盟

田中芳樹さんの小説『銀河英雄伝説1 黎明篇』読書感想です。本編全10巻中の第1巻。壮大な大河SF小説でした。

ラインハルトや、キルヒアイス、そしてヤン・・・。登場人物が魅力にあふれていて楽しかったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ヤン・ウェンリーが好き。ラインハルトもかっこいい。

〈黎明〉には、夜明けや新しい事柄が始まろうとするという意味があります。まさに始まりの物語でした。

田中芳樹さんの小説を読むのは『アルスラーン戦記』に続き2作目。『アルスラーン戦記』めちゃめちゃ面白くてハマりました。作者の異名通りになりましたが・・・。

『アルスラーン戦記』あらすじ・ネタバレ感想|小説 「王都炎上~奪還」 第1部小説『アルスラーン戦記』第1部あらすじとネタバレ感想です。簡単な時系列、アトロパテネの会戦、ヒルメスの復讐、アルスラーンの魅力と出生の秘密について書いています。...
アルスラーン戦記 第2部
『アルスラーン戦記』あらすじ・ネタバレ感想|最終巻 「天涯無限」 と第2部の号泣シーン田中芳樹さんの小説『アルスラーン戦記』第2部あらすじとネタバレ感想です。主な3つの国、ヒルメスVSダリューン、魔軍襲来と蛇王ザッハーク、宮廷画家ナルサスの策略、クバードVSイルテリシュ、号泣したシーン、最終巻 「天涯無限」 評価が低い理由、解放王アルスラーンに思いを馳せたことについて書いています。...
ひつじくん。
ひつじくん。
田中芳樹さんの小説は、物語に深く入り込めるのが良いね。

『銀河英雄伝説1 黎明篇』あらすじ・評価

壮大な宇宙SF小説

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
銀河系に一大王朝を築きあげた帝国と、民主主義を掲げる自由惑星同盟が繰り広げる飽くなき闘争のなか、若き帝国の将“常勝の天才”ラインハルト・フォン・ローエングラムと、同盟が誇る不世出の軍略家“不敗の魔術師”ヤン・ウェンリーは相まみえた。この二人の智将の邂逅が、のちに銀河系の命運を大きく揺るがすことになる。

『銀河英雄伝説1 黎明篇』2人の英雄|ラインハルト&ヤン

『銀河英雄伝説1 黎明篇』はどんな物語?

簡単に言うと、2人の英雄を主軸に宇宙戦争を繰り広げる壮大な物語です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『銀河英雄伝説1 黎明篇』面白さは、キャラの人間関係とスペクタクルな宇宙戦争にあるよ。

登場人物が多くて混乱しますが、全員覚えなくても大丈夫。とりあえず主要人物だけ頭に入れておけば雰囲気で楽しめます。

主要人物
  • ラインハル卜・フォン・ローエングラム・・・銀河帝国の上級大将。伯爵
  • ジークフリード・キルヒアイス・・・ラインハルトの腹心。大佐
  • ヤン・ウェンリー・・・自由惑星同盟の第二艦隊幕僚。准将
  • ユリアン・ミンツ・・・戦争孤児。ヤンの被保護者

銀河帝国のラインハルトと自由惑星同盟のヤンを中心に、壮大な宇宙戦争が繰り広げられる。対立する2人が魅力あふれるキャラでした。

彼らの周囲で繰り広げられるドロドロの人間関係も気になりつつ、読むのを止められないんですよね。

ラインハルト&キルヒアイスの最強コンビ|銀河帝国

【銀河帝国】
ラインハルト・フォン・ローエングラム。

元は貴族じゃなくて貧しい家庭の生まれ。姉・アンネローゼが皇帝フリードリヒ四世に見初められてから、彼の運命は変わりました。黄金色の髪と蒼氷色の瞳を持つ20歳の青年。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼の腹心・キルヒアイスも人気あるんだ。

ジークフリード・キルヒアイス。ラインハルトの腹心で、彼が最も信頼を寄せる人物です。

ラインハルトとキルヒアイスが良いコンビ。部下に厳しいラインハルトが、キルヒアイスと2人でいるときは子どもっぽいところも見せて、ギャップがたまりません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
帝国軍の人間関係がドロドロ。

若く美男子で頭もキレる・・・とくれば、上の人に睨まれるのは仕方がないことかもしれませんね。

銀河帝国に限らず、自由惑星同盟でも人間関係にいろいろあって面白いんです。

ヤン・ウェンリー|自由惑星同盟 不敗の魔術師

【自由惑星同盟】
ヤン・ウェンリー。

自由惑星同盟軍第二艦隊の次席幕僚。黒い髪と黒い目を持つ29歳の青年です。軍人というよりは冷静な学者といった印象を与える人物。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
エル・ファシルの英雄で不敗の魔術師・ヤン。

宇宙暦788年の「エル・ファシルの戦い」で、みごとに仲間を救ったヤンは、その功績が認められ、銀河帝国のラインハルトも知るところとなります。

ヤンの口ぐせは、「できることと、できないことがある」でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼の指示はいつも的確だった。

冷静に「できることと、できないこと」を見極めて素早く指示を出すヤンがすごかったです。

『銀河英雄伝説1 黎明篇』ネタバレ感想文|3つの宇宙戦争を解説

『銀河英雄伝説1 黎明篇』は、白熱の宇宙戦争が面白い!

もしかしたら女性よりも男性の方がハマるのかなと感じましたが、私はみごとにハマりました。

〈黎明篇〉3つの宇宙戦争

  • 宇宙暦796年
    アスターテ会戦
    帝国軍2万VS同盟軍4万
  • 宇宙暦796年4月
    イゼルローン要塞攻略
    同盟軍が帝国軍のイゼルローン要塞を占拠
  • 宇宙暦796年8月
    アムリッツァ会戦
    帝国軍と同盟軍の全面戦争

宇宙で繰り広げられる戦いは目を見張るものがありました。ミサイルやレーダーで攻撃して、滅びるのは一瞬なんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宇宙戦争はテンションあがる⤴⤴

3つの宇宙戦争を詳しく解説していきます。

アスターテ会戦|リング状の陣形

アスターテ会戦

アスターテ会戦は〈黎明篇〉で一番最初に描かれている宇宙戦争です。リング状の陣形が印象に残りました。

帝国軍の艦隊約2万に対して、同盟軍の艦隊約4万→帝国軍の勝利

数では圧倒的に同盟軍の方が有利なはずなのに、なぜ帝国軍が勝ったのか? 全てはラインハルトの戦略によるものでした。

わが軍は敵にたいし、兵力の集中と機動性の両点において優位にたっている

帝国軍は同盟軍よりも優位にたっている? ・・・どゆこと??

簡単に言うと
  • 同盟軍の兵は3ヶ所に分散しているが、帝国軍は1カ所に集中している
  • 中央にいる帝国軍は、次の戦場へ移動するのに時間と距離がかからない
ひつじくん。
ひつじくん。
なるほどね。ラインハルトは鋭いな。

同盟軍もみすみす負けたわけではありません。ヤンが大活躍します。でも司令官ではなかった彼は歯がゆい思いも味わいました。

ヤンは、攻撃を受けている第4艦隊を助けに行っても間に合わないから、一刻も早く第6艦隊と合流した方が良いと助言をするのですが・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼の意見は聞き入れてもらえなかったんだよね。

結局、同盟軍は第4艦隊と第6艦隊を失うことに・・・。ここからヤンが大活躍します。負傷した司令官に変わり彼が指揮をとるのです。

ヤンの戦略にハマった瞬間、ラインハルトが悔しそうに叫んだのが意外でした。

「なんたるぶざまな陣形だ!」

同盟軍に背後を取られた帝国軍。帝国軍も同盟軍の背後につく、リング状の陣形になります。想像すると面白くて、この陣形が印象的でした。

帝国軍が勝ったけど、完璧な勝利とは言い難く・・・。ラインハルトとヤンを中心とする戦略に圧倒されました。

イゼルローン要塞攻略|ヤンの戦略と厄介な才能

イゼルローン要塞

第13艦隊の初代司令官に任命されたヤン。最初の任務は、帝国軍の軍事拠点イゼルローン要塞の攻略でした。

正面からは全く歯が立たない要塞でも、攻め方を変えただけであっさり落ちる。ヤンの目のつけどころが面白かったです。

要塞司令官と艦隊司令官は同格の大将である。そのあたりに、つけいる隙がありはしないか?

仲がよくない司令官たちの隙をつき、敵の主力と本拠地イゼルローンを分断して個別に攻略。

ヤンの戦略
  1. 主力部隊をイゼルローン要塞の外へおびき出す
  2. 帝国軍人に見せかけた仲間をイゼルローン要塞に潜入させる
  3. イゼルローン要塞を占拠
  4. 宇宙にいる主力部隊をイゼルローン要塞から攻撃
ひつじくん。
ひつじくん。
外からダメなら中から。・・・頭のまわる男だね。

帝国軍人の役をやったのはシェーンコップ大佐です。クセがありそうな人だけど、気になるキャラでした。

イゼルローン要塞の攻略に、ことごとく失敗してきた同盟軍。それをみごとにやり遂げたヤン、恐るべし。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
智略に長けている彼は優しい人物。

イゼルローン要塞から主力部隊を攻撃している時も、これ以上の流血は無意味とし、帝国軍に逃げるように促したりもします。

攻略の後、ヤンの気持ちが表れている文章がありました。

「私は権力や武力を軽蔑しているわけではないのです。いや、じつは怖いのです。権力や武力を手にいれたとき、ほとんどの人間が醜く変わるという例を、私はいくつも知っています。そして自分は変わらないという自信をもてないのです」

活躍する一方で、軍人から退きたいと願っている彼の思いは切実です。でも願いは叶わず、望んでいないのに昇進していく。

才能は時として厄介なものですね。

アムリッツァ会戦|冷徹なラインハルトの戦略

アムリッツァ会戦

イゼルローン要塞攻略が成功した勢いで、自由惑星同盟は、無謀にも銀河帝国に全面戦争を仕掛けます。ヤンも第13艦隊司令官として戦いに参加しました。

後にアムリッツァ会戦と名づけられるこの戦いは、仕掛けた同盟軍の敗退により決着。

ひつじくん。
ひつじくん。
ラインハルトの作戦勝ちだった。

ラインハルトは、被占領地の民衆を餓えさせることで同盟軍が物資を与えると予測。兵が飢えた頃に攻撃を仕掛ける気でいました。

物資も限りがあるから、尽きたときに同盟軍は民衆の反感を買う・・・。ラインハルトは、同盟軍と民衆の仲を裂くのにも成功したのです。

自分にはここまで徹底的にはやれない。やれば勝てるとわかっていてもやれないだろう。それがローエングラム伯と自分との差であり、自分が彼をおそれる理由でもあるのだ。―この差が、いつか重大な結果を招くことになるかもしれない……

徹底した策略に恐れをなすヤン。アムリッツァ会戦では、冷徹なラインハルトの一面が伺えました。

同盟軍の大半は負傷。でもヤン率いる第13艦隊の被害は、他の艦隊と比べてまだマシでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
前線にいたのにね。

同盟軍に勝ったけど、ヤンを逃し、またもや悔しがるラインハルト。・・・アスターテ会戦の二の舞です。

彼をなだめるキルヒアイスをみて、この2人は良いコンビだと改めて思いました。

『銀河英雄伝説』宇宙戦争がクセになるほど面白い

『銀河英雄伝説』は、登場人物の人間関係や宇宙戦争シーンが魅力です。

宇宙戦争と言えば、先日読んだ中国のSF小説『三体Ⅱ 黒暗森林』を連想しました。作者・劉慈欣(りゅう じきん)さんは、『銀河英雄伝説』に影響を受けていたようですね。

三体Ⅱ黒暗森林レビュー
『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文【解説】フェルミのパラドックス劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文です。タイトルの意味とフェルミのパラドックス、面壁計画、羅輯と章北海、「水滴」、結末と羅輯の呪文について書いています。...

ラインハルトやヤンの戦略にドキドキする感覚は『アルスラーン戦記』でも味わいました。軍師ナルサスの策略。爽快感はなかったけど、この感覚好きです。

「アルスラーン戦記」ダリューンとナルサスの魅力
『アルスラーン戦記』ダリューンとナルサスの魅力|あらすじ・ネタバレ感想田中芳樹さんの小説『アルスラーン戦記』ダリューンとナルサスの魅力、王都炎上~奪還 (1~7巻) までのあらすじと感想を書いています。...
ひつじくん。
ひつじくん。
ヒヤリとする宇宙戦争。・・・この面白さはクセになりそうだ。
銀河英雄伝説2 野望篇
『銀河英雄伝説2 野望篇』あらすじ・ネタバレ感想文|アルテナ会戦とアルテミスの首飾り|田中芳樹田中芳樹さんのSF小説『銀河英雄伝説2 野望篇』あらすじ・ネタバレ感想文です。内乱と時系列、アルテナ会戦、アルテミスの首飾り、ヴェスターラント核攻撃、得たものと失ったものについて書いています。...
アニメ化してほしい小説を厳選
アニメ化してほしい小説|アニメにピッタリな本 (ラノベ以外) を厳選してみた実際に読んだ小説から、アニメ化したら面白そうなものを集めました。ファンタジー、SF、ミステリー・ホラー小説です。どれも逸品なので本もおすすめ。...
ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
別館ではアニメの感想も書いてるよ。アニメもおすすめ。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら