アート・スポーツ小説

『たゆたえども沈まず』原田マハ/【感想】ゴッホ 「星月夜」 / 兄を支えたテオドロス

ゴッホの情熱

原田マハさんのアート小説『たゆたえども沈まず』です。今回は ゴッホ を扱っていました。フィンセント・ファン・ゴッホについての知識ゼロで読んでいたら、あまりの切なさに後半は号泣でした。

史実に基づいた程度のネタバレあります。

『たゆたえども沈まず』あらすじ

ゴッホの絵が身近に感じられる小説!

『たゆたえども沈まず』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
画商の林忠正と、その助手の重吉。そして情熱的な画家・ゴッホと、彼を支えた弟のテオ。彼ら4人の思いが交差するとき、あの作品が生まれた―。

情熱的な画家・ゴッホ

ゴッホと聞いて、ひだまりさん。が思い浮かべたのが向日葵の絵です。

彼が描く黄色が好き。

あまり・・・というか全く絵画に詳しくないのですが、カラフルで力強い絵を描く画家さんのイメージです。

でも彼がどんなふうに生きて、どんなふうに描いて、どんな人たちと関わって、そして人生を終えたのかを知りませんでした。だから弟のテオとの関係や、最後は自殺 (?) して生涯を終えたこと、そしてテオもそのあとにすぐ亡くなってしまったこと。後半は切なさのオンパレードでした。

号泣・・・です。

だれも描いたことがない全く新しい絵。その情熱をすべて絵に注ぎこんだフィンセントの姿が脳裏から離れません。

絵を描くシーンは まさに情熱的です。

そして精神を病んでいるフィンセントを見ていると狂気すらも感じてしまいます。読みながら想像ができてしまうんですよね。やはり原田さんのアート小説は今回もすごかった。

『たゆたえども沈まず』感想

舞台は19世紀のフランス・パリです。当時のパリは、印象派と呼ばれる画家たち (エドガー・ドガ、ポール・セザンヌ、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワールなど) も活動していました。まさに芸術の都。

『たゆたえども沈まず』は、そんなパリでたゆたっている4人を主軸に描かれています。

主な登場人物は、フィンセント・ファン・ゴッホ、弟のテオドロス・ファン・ゴッホ、 「岩井・林商会」 の日本人画商・林忠正、部下の加納重吉です。

日本に憧れる画家と、彼を献身的に支える弟、日本の浮世絵をパリに広めようとする画商たち。彼らの心が共鳴したとき運命の歯車がまわりだす。

いちばんの友だち、フィンセントとテオ

読み終わったときに心に刺さったのが、フィンセントとテオの心のすれ違いでした。

幼い頃からフィンセントに憧れを抱いていたテオ。フィンセントも彼のことを弟でありながら友だち・・・と、兄弟の中でも可愛がっていました。

やがてフィンセントは絵を描きはじめ、テオは生活費、画材費、その他もろもろの面倒をみることになります。

兄の才能にいち早く気づいた人物、それがテオです。

献身的なんです、彼は。それに比べて、兄の生活は自堕落そのもの・・・。タンギー爺さんへの飲み代のツケを払わずに、お金をまたお酒につぎ込んでしまうフィンセントには ひだまりさん。も 顔をしかめてしまいました。

最後まで読むと、彼らの心のすれ違いに胸を痛めます。お互いを大事に思っているからこそ生じてしまう時がある。・・・だから切ないんですよね。

フィンセントは弟を想うがゆえに自殺を図り、残されたテオは重い十字架を背負うことになってしまいます。そして後を追うように・・・。

切なすぎる・・・

表紙を飾る 「星月夜」

今回、原田さんのアート小説の表紙を飾るのは、フィンセント・ファン・ゴッホ 「星月夜」 、そして裏表紙には もう一つ絵画が掲載されていました。もう一つの方は後ほど・・・。読みながらに何度も眺めてしまいました。

明るい、どこまでも明るい夜空。それは、朝を孕んだ夜、暁を待つ夜空だ。(中略) かくも清澄な星月夜、けれどこの絵の真の主人公は、左手にすっくりと立つ糸杉だ。

これは 「星月夜」 を表した文章です。フランスサン=レミ=ド=プロヴァンスの精神病院で療養中に描かれたもの。

実は、本書の中にフィンセントが描くシーンが書かれているんですよね。それを読むと、彼の 「星月夜」 に込められた熱い思いが伝わってきました。そして、何度も表紙の絵を眺めてしまいます。(←原田さんのアート小説を読むと必ずそうしてしまうのが、もはや ひだまりさん。のお決まりのパターン)

ゴッホ展に行きたい。行ってこの 「星月夜」 をじかに見てみたい。

本書を読んだ今なら、フィンセントの気持ちになって、あるいは弟テオドロスの気持ちになって絵画を鑑賞できそうです。どっしりとまっすぐ天に向かって伸びる孤高の糸杉。 まるでフィンセントを表しているかのごとく力強く描かれています。

これからゴッホ展に行かれる方は、ぜひ本書を読んでから鑑賞されたら良いです。深みが増しますよ。

歌川広重 「大はしあたけの夕立」

裏表紙に掲載されたもう一つの絵画は、歌川広重 「大はしあたけの夕立」 です。

橋の上を行き交う人々、そして雨・・・。

ほんとうに動いて見える!!

日本の浮世絵とかってあまり興味がなかったけど、原田さんの文を読みながら絵画を鑑賞するのが楽しいんです。

林忠正らにより、パリではあまり知られていなかった日本画が広まっていく様子は、なんとも言えず爽快な気分になりました。日本画は繊細ですよね。

タイトルの意味

ひだまりさん。は 本を読むとき、だいたいタイトルの意味を気にしながら読んでいます。

「たゆたえども沈まず」

パリを表す言葉としてこんな表現があるんですね。「Fluctuat nec mergitur」 揺れても沈まないという意味です。

もともとは船乗りが使う言葉だったようですが、セーヌ川の氾濫、戦争や革命が続いても生き抜いてきたパリの人々の力強さを象徴しています。パリはたゆたえども沈まない。

そんなパリの中で生きるテオや、林忠正、重吉、そしてフィンセント・ファン・ゴッホ。この言葉はまさに彼らを示しているかのように感じました。
荒波の中でたゆたいながらも、決して沈まない。特にフィンセントは精神が壊れながらも、絵を描き続ける。ほんとうに画家になるために生まれてきたような人です。

『たゆたえども沈まず』は ゴッホの絵が身近に感じられる小説

この小説を読むと登録人物たちが身近に感じられます。

心の底から兄を愛し、時には憎み、それでも最後まで支え続けた弟テオに感情移入してしまいました。

フィンセントの絵は 彼ひとりの作品ではなくて、テオとの二人三脚の末に出来上がったものなんだなと、しみじみ思います。

ゴッホが歩んできた人生を垣間見ることができる小説。絵が身近に感じられそうです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA