ヒューマン・ラブ・ラノベ

『新章 神様のカルテ』夏川草介 / あらすじ&読書感想文 / 矛盾だらけの大学病院と家族愛

この記事に書かれていること
  • 夏川草介さんの小説『新章 神様のカルテ』あらすじと感想文
  • 『新章 神様のカルテ』読みどころ
  • 膵癌患者・二木美桜について
  • 矛盾だらけの大学病院
  • 心に響いたことば (名言)
  • まとめ『新章 神様のカルテ』を読んで思ったこと

少しだけネタバレあります。

大丈夫でないことも、全部含めてきっと大丈夫

夏川草介さんの小説『新章 神様のカルテ』感想です。神様のカルテシリーズ1、2、3、0と続き5冊目。すべて読みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
大学病院に移ったイチさん。

大学病院での話と、家族の話がメインに描かれていました。

『新章 神様のカルテ』あらすじ&登場人物

内科医・栗原一止を待ち受ける新たな試練!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
信州の本庄病院から信濃大学医学部に入局した内科医の栗原一止。矛盾だらけの大学病院で、消化器内科医として勤務しながら 大学院生として研究を進めていた。多忙な日々も2年が過ぎたころ、29歳の膵癌患者と出会う。治療方法をめぐり、准教授と激しく衝突してしまうのだった。

主な登場人物
  • 栗原一止 (くりはらいちと) ・・・夏目漱石を敬愛する内科医。榛名からはイチさん、御嶽荘の住人からはドクトルと呼ばれている。
  • 栗原榛名 (くりはらはるな) ・・・一止の妻。一止からはハルと呼ばれている。
  • 栗原小春 (くりはらこはる) ・・・一止と榛名の娘。
  • 新発田 (しばた) ・・・一止の後輩。一止から利休と呼ばれている。
  • 宇佐美 (うさみ) ・・・信濃大学病院の准教授。病棟のベッドを管理している。
  • 砂山次郎 (すなやまじろう) ・・・医学部時代から一止の知人。
  • 進藤辰也 (しんどうたつや) ・・・一止の知人で 血液内科のエキスパート。一人娘・夏菜がいる。
  • 二木美桜 (ふたつぎみお) ・・・ステージIVの膵癌患者

『新章 神様のカルテ』感想

泣きました。このシリーズで泣かないことは まずない・・・というくらい、毎回毎回、泣いています。

『新章 神様のカルテ』は 大学病院でのお話。大まかな読みどころは2つです。

読みどころ
  • 矛盾だらけの大学病院と膵癌患者・二木美桜さんの治療
  • 家族愛

本庄病院から大学病院に移った内科医・イチさん (栗原一止)。相変わらず真面目でユーモアたっぷりでした。

久々に 「神様のカルテ」 シリーズを読んだので 夏川さんの独特なユーモア (毒) が馴染めず、ちょっとクドイかなと感じてしまいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも良いキャラなんですよね。

ステージIV 膵癌患者・二木美桜

二木美桜さん 29歳、ステージIV 膵癌患者を、イチさんが担当します。治療を続ける中で イチさんの言葉に泣きました。

あと三か月の命なら意味がないと思いますか。一か月しか生きられないなら死んだほうがマシですか。そんなことはないはずだ

二木さんに 「生きるのは義務」 と言い放つイチさん。夏川さんが描く言葉ひとつひとつが胸に響きます。

医師の夏川さんだから書ける小説ですね。イチさんの言葉に 医師の真摯な気持ちが表れていました。

矛盾だらけの大学病院

舞台は大学病院。山崎豊子さんの『白い巨塔』の影響が強く、何となくドロドロしたところなのかなと先入観がありました。

ひつじくん。
ひつじくん。
ここで描かれている大学病院は矛盾だらけだね。

たっひとりの膵癌患者を退院させることが簡単ではないこと。

知識を持った医師がたくさんいて、最新の設備がそろっていて、特別な治療ができる場所なのに・・・。

二木さんの治療を止めて、最後は家に帰りたいという本人の希望通り 退院させようとするイチさん。

退院カンファレンスをするも、希望通りに退院させるのは簡単ではありませんでした。

揉めに揉めて、熱くなった後輩の利休 (新発田) に紙コップの水を浴びせかけ (これも愛情です)、イチさんが援護したシーンが良かったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
イチさん、かっこいい。

矛盾だらけの大学病院で、患者のことだけを考えて行動をおこす彼が輝いて見えました。

心に響いたことば (名言)

家族にもスポットが当たっていました。妻のハルさんと、娘の小春ちゃんです。

イチさんの身分は大学院生、土日はアルバイトという過酷な日々。ハルさんと二人三脚で小春ちゃんを育てています。

イチさんが患者さんに言った言葉と、ハルさんがイチさんに言った言葉が素敵でした。同じ言葉です。

心に響いたことば

大丈夫でないことも、全部含めてきっと大丈夫

大丈夫ではないけど、それも含めてきっと大丈夫。一人じゃないから。

誰かと共に歩んでいくこと。

がん患者・二木さんや、イチさんにも共に歩んでいく家族がいて、それがこんなにも励みになるんだと温かな気持ちになりました。

『新章 神様のカルテ』を読んで思ったこと

「神様のカルテ」 シリーズ、今回もとても良かったです。感じたことをまとめました。

  • 生きているだけで誰かの支えになっている
  • 人とのつながり (家族愛)

膵癌患者・二木さんを見ていると、生きていることが尊く思えました。病気は本当に理不尽です。健康な私は それだけでも幸せ者だと。

イチさんの家族や二木さんの家族。御嶽荘の住人、イチさんの後輩・利休や大学病院の先生たち。人のつながりを感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
温かいんです。

完璧な人なんていないから、みんな助け合って生きている。それは ちっとも恥ずかしいことではありません。

そういう繋がりが自然に描かれていて、気持ちがほんのりと温かくなります。素敵な物語でした。

こちらもオススメ

温かい涙と優しい気持ち【あらすじと読書感想文、学んだこと】『神様のカルテ』夏川草介夏川草介さんの小説『神様のカルテ』あらすじと感想です。主人公・イチさんの魅力、癌患者・安雲さんとイチさんの優しさ、『神様のカルテ』を読んで学んだことについて書いています。...
素敵な家族と医師の絆 / あらすじと感想『神様のカルテ2』夏川草介夏川草介さんの小説『神様のカルテ2』あらすじと感想です。『神様のカルテ2』は家族の物語でした。医師が抱える背景、大狸と古狐の約束、深く悲しい物語だと感じた理由について書いています。...
感動!『神様のカルテ3』夏川草介 /あらすじと感想/ 優しい登場人物と正解のない医療夏川草介さんの小説『神様のカルテ3』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。御嶽荘の住人、医者のあり方、イチさんの決断、泣いたシーンについて書いています。...
『神様のカルテ0』夏川草介【小説 あらすじと感想】読書感想文にオススメ!優しさと想像する力夏川草介さんの小説『神様のカルテ0』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。想像力の大切さ、短編集ならではの魅力、作者の思いについて書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA