おすすめ本特集

【読書感想文におすすめ】読みやすくて心に響く小説|中学生・高校生、大人も感動!

読書感想文におすすめ小説

みんな感動!心に響く小説

ひだまりさん。
ひだまりさん。
心に響く小説、ワクワクする小説を集めました。
  • ハートフルな青春小説
  • 感動、心に響く小説
  • ワクワク楽しくなる小説

学生目線で描かれたリアルな青春小説もあります。読みやすいものばかりなので、学生さんの夏休みの宿題・読書感想文にもおすすめ。

ひつじくん。
ひつじくん。
大人も読んでほしいな。

学生目線の青春小説|読書感想文におすすめ

まずは学生目線で描かれた青春小説を5冊ご紹介します。大人が読んでも心に刺さりました。

『カラフル』森絵都

ハートフルな青春小説

簡単なあらすじ

死んだはずのぼくの元に現れた天使。抽選に当たったおかげで 別の人の体にホームステイすることに・・・。

森絵都さんの『カラフル』。ハートフルな青春小説です。中学生の頃って、いろんな悩みを抱えていました。今考えると小さなものだけど、その頃はその世界が全てなんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
世界はカラフル。周りの人の優しさや愛であふれています。

『カラフル』を読むと、周囲の愛情に気づくかもしれません。何かしら心に刺さるものがあるので、読書感想文におすすめの1冊です。

『カラフル』あらすじと読書感想文・名言|愛にあふれた世界と天使のプラプラ|森絵都森絵都さん『カラフル』のあらすじと読書感想文です。小説の名言も書いています。世界は愛で溢れていてカラフル。いつも人の優しさや愛を感じれる人間でいたいなと思いました。結末は心が温かくなりました。...

『宇宙のみなしご』森絵都

思春期の中学生を描いた物語

簡単なあらすじ

中学2年生の陽子と1つ歳下の弟・リンは いつも2人で自己流の遊びを生み出してきた。最近では 真夜中に近所の家に忍び込んで屋根にのぼること。同じクラスの七瀬さんも加わり、3人で屋根にのぼっていたら、いじめられっ子・キオスクに見られてしまい・・・。

森絵都さん『宇宙のみなしご』です。陽子とリンと七瀬さんとキオスク。森さんが描く中学生は それぞれ悩みを抱えていて、リアル感がありました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「屋根のぼり」 を通して、変わろうとする気持ちはよく分かる。

大人も子どもも、結局ひとりなんです。でもつらい時は手と手を取りあって休憩するのも大切。

『宇宙のみなしご』森絵都【あらすじと感想・解説】ぼくたちは宇宙のみなしご森絵都さんの小説『宇宙のみなしご』あらすじと感想・名言と解説です。少しだけネタバレあります。すみれちゃんと不登校の理由、子どもと大人のちがい、屋根のぼり、七瀬さんの気持ちとキオスクの飛び降り騒動について書いています。...

『リズム』森絵都

リアルな中学生の気持ちを描いた小説

簡単なあらすじ

中学生のさゆきは、いとこの真ちゃんが大好きだった。ある日、彼の両親が離婚するかもしれないと耳にしたさゆきだったが・・・。

森絵都さん『リズム』。中学生のさゆきと、いとこの真ちゃんのハートフルな青春小説です。幸せな時間は永遠じゃなく、過ぎ去ってしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも永遠じゃないからこそ、輝いている。

今ある幸せを大切にしたいですね。自分は自分、他人は他人・・・ということを実感した小説でもあります。

『リズム』森絵都【あらすじと感想】何気ない日常と自分のリズム森絵都さん『リズム』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。小説を読んで、自分のリズムが大切だと思いました。他人と自分を比べてしまいがちですが、人は人、自分は自分です。そう思うと心が軽くなりました。...

『かがみの孤城』辻村深月

読み終わったあとに優しくなれる

簡単なあらすじ

心に傷を負い、家に引きこもっていた中学生のこころ。ある日、突然部屋の鏡が光りだして・・・。

辻村深月さん『かがみの孤城』。学校にもいけず、何かしら心に不安を抱えた子どもたちの心情が描かれています。助け合うこと。この本を読んでいると、その言葉の重みに気づきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
中学生にも大人にもおすすめな1冊。

とても心に刺さります。君はひとりじゃない・・・という作者のメッセージが伝わってくるようでした。

『かがみの孤城』あらすじ・読書感想文|感動の結末|辻村深月辻村深月さん『かがみの孤城』あらすじと読書感想文です。ネタバレと小説の評価もあります。登場人物と読む時のポイントについてまとめました。ラストは伏線が回収されて圧巻でした。...

『十字架』重松清

いじめの代償の重さ

簡単なあらすじ

クラスメイトがいじめを原因にこの世を去った。彼の遺書に書かれていたのは、僕の名前だった・・・。

重松清さん『十字架』。「いじめ」により自殺してしまった中学生、のこされた家族とクラスメイトの生き方を描いた作品です。中学生から大人になり、結婚して子供が生まれて・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも大人になるにつれて、あの時背負った十字架は重くなる一方なんだよね。

友達が自殺してから主人公・祐は何を感じてどんなふうに生きてきたのか。なかなかシビアですが、心が揺れる小説です。

『十字架』重松清【小説のあらすじと感想文】いじめの代償と命の重さ重松清さんの小説『十字架』あらすじと読書感想です。少しだけネタバレあります。『十字架』のテーマ 「いじめ」 について、ナイフの言葉と十字架の言葉、スコーグスシュルコゴーデン (森の墓地)、いじめの代償はあまりにも重いことについても書いています。...

号泣間違いなし!イチオシ感動小説

続いて泣ける小説を3冊ピックアップしました。感動すること間違いなしです。

『神様のカルテ』夏川草介

号泣必須!!

簡単なあらすじ

信州の病院で働く内科医・栗原一止に、大学病院の誘いがかかる。悩む彼の背中を押してくれたのは・・・。

夏川草介さん『神様のカルテ』第1作目です。患者のために最前をつくす医師・イチさんを見ていると、人との繋がりの温かさを感じました。読み終わったあとに優しい気持ちになれる小説。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
めちゃくちゃ泣けるんだよね。

シリーズ化されていますが、どれも間違いなく心にぐっとくるものがあります。おすすめのシリーズ。

温かい涙と優しい気持ち【あらすじと読書感想文、学んだこと】『神様のカルテ』夏川草介夏川草介さんの小説『神様のカルテ』あらすじと感想です。主人公・イチさんの魅力、癌患者・安雲さんとイチさんの優しさ、『神様のカルテ』を読んで学んだことについて書いています。...

『世界から猫が消えたなら』川村元気

世界からモノが消えていく―

簡単なあらすじ

ある日、余命わずかであることを宣告された僕。絶望して家に帰った僕の前に現れたのは 悪魔だった・・・。

川村元気さん『世界から猫が消えたなら』。読みやすいけど、なかなか深い小説です。余命わずかの主人公は 自分が生きるために、一つずつモノを消していく。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私も命がのびるなら、何かを消してしまうのかも。

でも、物を消すことによって大切な思い出を自ら消してしまっているということに気づきました。

『世界から猫が消えたなら』読書感想文とあらすじ|失ってから気づく大切なこと|川村元気川村元気さんの小説『世界から猫が消えたなら』読書感想文と簡単なあらすじです。ネタバレあります。消えていく思い出、大切な物たち、制限された時間、父へ宛てた1冊の遺書について書いています。...

『青空と逃げる』辻村深月

家族の成長と再生の物語

簡単なあらすじ

1本の電話が2人の日常を変えてしまった。母と息子は、現実から逃げ続ける。壊れた家族が新たに歩み始める、再生の物語。

辻村深月さん『青空と逃げる』。母と子どもの逃避行物語です。極限の中でお互いを守り合う姿は心が揺さぶられました。「逃げる」 と聞くとあまり良いイメージはないかもしれませんが、 「時間が必要」 ということです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
時として、逃げることも必要なんだ。

とりあえず逃げて、気持ちが落ち着いたら向き合えばいい。人の優しさを実感できる小説。

感動の結末!『青空と逃げる』辻村深月【あらすじと感想】早苗と力の逃避行辻村深月さんの小説『青空と逃げる』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。家族の成長と再生、早苗と力の逃避行、失われた昨日と新たに作る明日について書いています。...

SF・アート小説|ワクワク楽しめる本

最後に ワクワクする楽しいSF小説2冊、芸術が身近に感じられるアート小説1冊をご紹介します。どれも想像力が深まる本でした。

『声の網』星新一

すべてを監視しているのはだれ!?

簡単なあらすじ

「電話」と「機械」に依存した社会。ある日、メロン・マンションの民芸品店に電話がかかってきて・・・。

星新一さん『声の網』。ショートショートで有名な星さんの長編SF小説です。インターネットが普及した情報社会の今読むとヒヤリとしました。『声の網』で描かれているのは「電話」と「機械」に依存した社会です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私的情報を預けておけるジュピター情報銀行が面白かった。

SF小説は夢がありますね。でも現代に通じる恐怖も描かれているからゾッとします。

『声の網』星新一【あらすじと感想】電話の秘密と支配された未来星新一さんの小説『声の網』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。メロン・マンションの住人、コンピューターに依存した社会、今に通じる恐怖、不気味な存在、支配された世界について書いています。...

『旅のラゴス』筒井康隆

SFをまじえた現代とは違う世界

簡単なあらすじ

超能力を得た人々がいる世界で、ラゴスは旅を続ける。彼はなぜ生涯をかけてまで旅をするのか―。

筒井康隆さん『旅のラゴス』。1人の男が「旅」を通して知識や経験を積んでゆく物語です。移転、壁抜け、読心力・・・。不思議な能力を持った人たちが登場しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
想像力が広がる。

『旅のラゴス』は、人生で感じる喜びや悲しみ、怒りなど、すべての感情を感じることができるのが魅力です。

『旅のラゴス』筒井康隆【SF小説 あらすじと感想】ラゴスは なぜ旅をするのか筒井康隆さんのSF小説『旅のラゴス』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ラゴスの旅の目的、高度な文明を失った未来について書いています。『旅のラゴス』は 一人の男の生涯が描かれた小説でした。...

『ジヴェルニーの食卓』原田マハ

時代を切り開いた画家たちの物語

簡単なあらすじ

モネ、マティス、ドガ、セザンヌ・・・。画家たちを描いた短編集。

原田マハさん『ジヴェルニーの食卓』。実話に基づき、印象派画家と言われるアーティストを描いた4つの短編集です。読むだけで有名画家たちが身近に感じられました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どのお話も素晴らしい!!

読み終わったあと、絵画鑑賞をしたくなる小説です。とてもおすすめ。

ひつじくん。
ひつじくん。
4話、それぞれのレビューを書いているよ。
『ジヴェルニーの食卓』原田マハ【あらすじ&感想】クロード・モネ 「睡蓮」原田マハさんの短編小説『ジヴェルニーの食卓』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。クロード・モネ 「睡蓮」ら2つの家族とブランシュ、オランジュリー美術館について書いています。...
原田マハ 「タンギー爺さん」 リンゴの画家 ポール・セザンヌ原田マハさんのアート小説 「タンギー爺さん」 あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。リンゴの画家、ポール・セザンヌ、おおらかなタンギー爺さん、セザンヌの口ぐせ、印象に残ったシーンについて書いています。...
「エトワール」 原田マハ / エドガー・ドガは、なぜバレリーナを描き続けたのか?原田マハさんの短編小説 「エトワール」 あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。エドガー・ドガと踊り子、女性画家、メアリー・カサット、彫刻 「十四歳の小さな踊り子」、エトワールに込められた思いについて書いています。...
「美しい墓」原田マハ【あらすじと感想】色彩の魔術師アンリ・マティスの半生『ジヴェルニーの食卓』より原田マハさんの短編小説 「美しい墓」 あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。アンリ・マティス 「マグノリアのある静物」、マティスとピカソの友情、ヴァンス ロザリオ礼拝堂について書いています。...

読書感想文におすすめ小説まとめ

学生さんから大人まで楽しめる小説集でした。

紹介した本
  • 『カラフル』森絵都
  • 『宇宙のみなしご』森絵都
  • 『リズム』森絵都
  • 『かがみの孤城』辻村深月
  • 『十字架』重松清
  • 『神様のカルテ』夏川草介
  • 『世界から猫が消えたなら』川村元気
  • 『青空と逃げる』辻村深月
  • 『声の網』星新一
  • 『旅のラゴス』筒井康隆
  • 『ジヴェルニーの食卓』原田マハ
ひつじくん。
ひつじくん。
読んでみてね。
ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
癒されたい時におすすめの小説
癒されたいときに読みたい!ほっこり心温まる小説|日常に疲れたときにオススメほっこり・心温まる小説を厳選しました。癒されたい時、疲れた時におすすめです。読むと元気になれて心に染みる本を紹介。ほのぼのと心が温まります。読書の参考にして下さい。...
面白い短編集
スキマ時間におすすめ短編集|サクッと読めて面白い小説を厳選サクッと読めて面白い短編集を紹介しています。ほっこりする小説、SF短編&ショートショート、ミステリー、ホラー短編小説などです。ぜひ読書の参考にしてください。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら