ヒューマン・ラブストーリー

『世界から猫が消えたなら』川村元気【あらすじと感想】失ってから気づく大切なこと

世界からモノが消えていく―

川村元気さん『世界から猫が消えたなら』感想です。タイトルにひかれて手に取った本でした。自分が生きるためにモノを消していく・・・。たぶん私も主人公と同じ決断をするのだろうと思います。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
なくなって初めて大切さに気づくのかもしれませんね。

少しだけネタバレあります。

『世界から猫が消えたなら』あらすじ

世界からモノが消えていく―

『世界から猫が消えたなら』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ある日、余命わずかであることを宣告された僕。絶望して家に帰った僕の前に現れたのは、悪魔だった・・・。

『世界から猫が消えたなら』感想

もしも私の周りから物が消えていったら・・・。それは私の思い出をひとつずつ消していくことに他ならないのだと気づきました。

消えていく思い出

主人公の「僕」は脳腫瘍にかかり余命わずかという宣告を受けます。そして彼の前に現れたのは悪魔でした。

派手な服を着て、まるで僕のドッペルゲンガーのようにそっくりな悪魔。彼はアロハと名乗りました。とても陽気でクスクス笑ってしまいました。

そして、ある取引を持ちかけます。

世界から何かを消す代わりに、寿命を1日伸ばしてあげる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
一日 いのちがのびるなら、私も何かを消してしまうのかもしれません。

それも死の宣告を受けたあとだったら なおさらです。世界から物は消えていきます。電話、映画、時計・・・という順に。自分の命に比べれば一見なんともなさそうな気がします。確かに最初は不便かもしれません。でもこの本を読んでいくと大切なことに気づくんです。

物を消すことによって、大切な思い出を自ら消してしまっているということです。

大切な物たち

思い出の品って なかなか捨てられませんね。普段は忘れていることでも仕舞ってあるモノを見た途端に懐かしい思い出が溢れてきます。電話と映画。それらは主人公にとって思い出のあるモノだったんです。なくなって初めてそのことに気づきました。

私の隣にあるモノをひとつひとつ手にとってみました。

本、スマホ、チョコレート、紅茶、ドラクエ、ピアス・・・。どれも何かしら見える風景があって感慨を抱きます。人との思い出だったり、私と長い時間を一緒に共有した物だったり・・・。それがもし世界から消えてしまったらとても悲しいです。

制限された時間

もしも、世界から時計がきえたなら―。

消えたらとても不安です。朝起きてまず見るものは時計。そして仕事に行くのにもご飯を食べるのにも、ねる時にも常に時間を確認しています。1日24時間というルールがあるから安心して生活できるのかもしれません。

命にも制限があります。

「僕」の制限時間は目前に迫っている。その時になって初めて気づく大事なことがありました。

時間が無制限にあると錯覚して大切なことを先延ばしにしていないだろうか?

少し心がチクチクしました。・・・食べたい物だけは、ちゃんと食べているような気がしますが。

母とキャベツの愛

最後に悪魔が消そうとするもの。

タイトルにもなっている「猫」です。

主人公には一緒に暮らしている猫がいました。キャベツという名前のネコ。途中、キャベツが喋りだしたりして面白かったです。

亡くなった母親が可愛がっていたキャベツ。僕にとっては父と母とのかけがえのない時間を一緒に共有してきた猫でした。そして思い出す母の優しさ。

「何かを得るためには、何かを失わなくてはね」

母の言葉が心に刺さりました。何かを得るためには必ず何かが犠牲になるんですよね。私の幸せは誰かの犠牲の上に成り立っているのかもしれません。

この物語は、父や母の愛にあふれています。そして猫のキャベツの愛も。

ジーンとしちゃいました。途中で描かれている僕と猫とのやり取りは、なんだか面白くて微笑ましかったです。

ひつじくん。
ひつじくん。
主人公はどうするんだろうね。

父へ、一冊の遺書

最後まで読んで、この一冊の本がそのまま父親に宛てた遺書だったんだ・・・と思い至りました。

泣けてきます。ちょっぴり可笑しくて、でも切なくて・・・。側にあるモノたちの大切さを改めて認識した一冊でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA