SF・ファンタジー

『本を守ろうとする猫の話』夏川草介【あらすじと感想】本を愛する人々

本好きにおすすめの一冊。

夏川草介さん『本を守ろうとする猫の話』感想。
『神様のカルテ』の著者、夏川草介さんの新刊です。夏川版『銀河鉄道の夜』の言葉に惹かれて読み始めました。確かに友 (?) と旅をしていく物語でしたが、どこが『銀河鉄道の夜』なんだろうか・・・。

そう思えなくもない部分もあったけど、その言葉に惹かれて読み始めた私は少し肩透かしです。でもそれはナシにして、とても素敵なファンタジーでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「本」を絡めたお話で、本好きにはぜひ読んでもらいたい一冊です。

今日のレビューは、この物語のテーマである「本」について思ったことを中心に書きたいと思います。なるべくネタバレしないようにしますね。

『本を守ろうとする猫の話』あらすじ

本好きにおすすめの一冊

『本を守ろうとする猫の話』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
高校生の夏木林太郎は、書店を経営する祖父と暮らしていた。その祖父が亡くなり、本の整理をしていたとき、1匹のふしぎなトラネコと出会う。そこから本をめぐる冒険が始まった。

「本好き」におすすめの一冊

この本をおすすめする理由。

夏川さんの「本が好き」という気持ちがたくさん詰まっているから。そして読んでいる私も、改めて「本が好き」という気持ちを実感できたから。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『本を守ろうとする猫の話』を読みながら、私はなぜ本を読み続けるんだろう? と疑問に思いました。

現実逃避? 仮想世界への憧れ? 暇つぶし? ・・・どれも違うような気がします。憧れは少しだけあるけれど。読み進めるうちに その答えが見つかったような気がします。そのことについては最後に書きたいと思います。

『本を守ろうとする猫の話』感想

『本を守ろうとする猫の話』には、本を閉じ込める人、切り刻む人、売りさばく人・・・が出てきます。

「本好き」におすすめの一冊と言ったばかりなのに、登場人物はとうてい本を大切にしているとは言い難い人たち・・・。

でも彼らには、ある一つの共通の思いがありました。それは本を愛しているということです。

本を愛する人々

夏木書店の2代目・夏木林太郎は、ある日1匹のトラ猫と出会います。古本屋を営む祖父が亡くなり、呆然としていた彼の元にやってきた しゃべるネコ。1人と1匹は不思議な迷宮へと旅に出ます。

閉じ込めたり、切り刻んだり、売りさばいたりする人たちから本を助け出すために友と旅をする。

ひつじくん。
ひつじくん。
これが夏川版『銀河鉄道の夜』ということなのかな。心が通じあっているジョバンニとカムパネルラのように・・・。

2人 (1人と1匹) が出会った迷宮の人たちは、一見、本を乱雑に扱っています。本を閉じ込めたり、切り刻んだり、売りさばいたり・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼らはどうしてそんなことをするんだろう?

こうなってしまったのは 本を愛するが故のことなんです。好きなのに変な方に捻れてしまった結果、このような行為になってしまう。その気持ちが伝わってきたとき 切なくなりました。・・・彼らを憎めない。本好きなひだまりさん。は、本を愛する人を憎めないのです。

それにしても、夏川さんの描くキャラがとても好きだなと思います。

『神様のカルテ』を読んだ時にも思ったことです。毒の中にユーモアがあったり、冴えないキャラなのにどこかカッコよさを感じたり、まっすぐな熱い想いが伝わってきたりする。人間味が感じられるんですよね。とら猫と林太郎のキャラにとても味があり面白いです。

大切なのは、がむしゃらに読むことじゃない!

大切なこと

夏川さんの言葉は優しいようでいて鋭い。本をたくさん読めば良いというわけではありません。それよりももっと大切なことがあります。

たくさん読んでも想像しなければ実にならないんです。

読み方なんて人それぞれ自由だけれど、そもそも本というのは娯楽だけに留まるものではありません。そして想像することや考えることナシには、小説の中身を本当に理解したとは言い難い。

お前はただの物知りになりたいのか?

この一文、ガツンときました。帯にも書かれているものです。私はただの物知りにはなりたくありません。

読書の醍醐味

少し前のことですが速読に憧れていました。

私は読むのがわりと遅い方です。読みたい本はたくさんあるけど、働いて、遊びに行って、ゲームして・・・。やりたいことがたくさんあって、その中でもちろん本を読む時間も確保して。速読に憧れないわけがありません。

でも今は少し違うんです。
Twitterのフォロワーさんとのやりとりで気づいたことがあります。私のブログを見て「ひだまりさん。は、一冊の本を丁寧に読んでいますね」と言ってくれたことがありました。根が単純な私。褒められて嬉しくなっちゃいました。

何が言いたいのかというと、夏川さんの小説を読んでいて改めて時間をかけて読むことの大切さに気づいたんです。

決して速読を否定しているわけではないんです。けど、時間をかけて読むというのも醍醐味かなと。そしてまさしくこの物語は時間をかけて読むのがぴったりの本です。夏川さんの文章は、一語一語、味わいながら読みたくなります。

ひつじくん。
ひつじくん。
これも彼の魅力だね。

本を読み続ける理由

当たり前ですが、本というのは人が書いたものです。そして人が書くからには知識だけではなくて気持ちが宿っています。

喜び、悲しみ、切なさ、苦しさ・・・。本を読むことで登場人物に同調したり感動したりできます。私はそれが面白いから本を読み続けているんだろうなと思いました。

思えば小説ばかり読んでいる ひだまりさん。SFとかも好きですが、ぶっ飛んだ世界観でもそこにはやっぱり人の気持ちが描かれているんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本から学ぶことって多いです。

本を読むことに深く言及している本作。夏川さんのひたむきな思いが伝わってきて、私も感慨深くなりました。素敵な物語でした。

こちらもオススメ

温かい涙と優しい気持ち【あらすじと感想、学んだこと】『神様のカルテ』夏川草介 涙が止まらない医療小説。 夏川草介さん『神様のカルテ』感想です。映画にもなっていて絶対泣きますという『神様のカルテ』。今更...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA