SF・ファンタジー

『少年アリス』(改造版) 長野まゆみ【あらすじと感想】美しい言葉に魅入られて

繊細で美しいファンタジー

長野まゆみさん『少年アリス』(改造版)
『少年アリス』改造版は、『少年アリス』を大幅に改稿したものです。改稿前の作品を読んでいないので比べることは出来ませんが、長野まゆみさんの独特な世界観を存分に楽しめました。

『少年アリス』あらすじ

『少年アリス』改造版

『少年アリス』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
蜜蜂が忘れてきた本を取りに行くために、一緒に学校に忍び込むアリス。そこで彼らはふしぎな光景を目にするのだった―。

『少年アリス』感想

素敵なファンタジーです。「理科室」や「カラスウリ」「二人の少年」など、宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』を思い描くような物語でした。

夜の理科室

夜 夜景 街

『少年アリス』は2人の少年が登場します。アリスと蜜蜂 (みつばち) です。

名前からして中性的な感じがするアリス。蜜蜂が忘れてきた本を取りに行くために、彼らは耳丸という犬と一緒に学校に忍び込みます。

夜の理科室。そこで奇妙な光景を目にするのです。それは授業を受けている、見知らぬ生徒たちの姿・・・。

夜の学校って不思議なことが起こりそうな予感がするし、なんとなく怖いです。そっと様子を伺っていたアリスですが、先生に見つかってしまいます。

人の子ではない生徒たち。じゃあ生徒たちは何なんだと思いますが、ここでは書かないことにしますね。アリスは不思議な世界に足を踏み入れてしまうんです。

ブリキの月と貝の星

1番好きだなと思ったのが、不思議な世界観でした。生徒たちは、あるものを作ります。

ブリキの月と貝がらの星です。

読んだ後に月を見上げると、もしかしたら、あの月と星も生徒たちが作ったのかもしれない・・・とほんのり優しい気持ちになりました。ファンタジーを読むと、その不思議な世界に憧れを抱かずにはいられなくなります。

これも、ひとえに長野さんの独特で美しい文章表現にあるんだろうな。

繊細で美しいことば

長野さんが描く言葉が美しい。独特な表現力は自然に異世界へと導かれます。

冒頭から素敵な表現で、長野ワールドに引き込まれていまいました。

『少年アリス』は、花や鳥などの名前が至るところにでてきて自然美を感じる作品でした。言葉って美しいものなんだとこの本を読んで思いました。

絵と一緒に花の色も浮かんできます。改造版の前の『少年アリス』も読みたくなってしまいました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA