SF・ファンタジー

『少年アリス(改造版)』あらすじ・ネタバレ感想文|美しい言葉に魅入られて|長野まゆみ

この記事に書かれていること
  • 『少年アリス』あらすじと感想文
  • 夜の理科室と人の子ではない生徒たち
  • ブリキの月と貝の星
  • 繊細で美しいことば

少しだけネタバレあります。

繊細で美しいファンタジー

長野まゆみさんの小説『少年アリス』(改造版)感想文です。『少年アリス』改造版は、『少年アリス』を大幅に改稿したものです。長野まゆみさんの独特な世界観を存分に楽しめました。

幻想的なファンタジー小説。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
世界観が素敵なんだ。

『少年アリス』あらすじ・評価

『少年アリス』

あらすじ

本を教室に忘れてきた蜜蜂は、友人のアリスと共に、夜の学校に忍び込む。誰もいないはずの理科室で不思議な授業を覗き見た彼は教師に獲えられてしまう……。

『少年アリス』ネタバレ感想文

『少年アリス』は幻想的で素敵なファンタジーでした。

「理科室」や「カラスウリ」「二人の少年」など、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を思い描きますね。

ひつじくん。
ひつじくん。
あの世界観に似てる雰囲気で良かったよ。

夜の理科室と、人の子ではない生徒たち

夜

『少年アリス』は2人の少年が登場します。アリスと蜜蜂(みつばち)です。

名前からして中性的な感じがするアリス。長野さんが描く男の子は美しいイメージで好きです。

蜜蜂が忘れてきた本を取りに行くために、彼らは耳丸という犬と一緒に学校に忍び込みました。夜の理科室で奇妙な光景を目にするのです。

それは授業を受けている見知らぬ生徒たちの姿・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
夜の学校って不思議なことが起こりそうな予感がするし、ちょっぴり怖い。

そっと様子を伺っていたアリスは、先生に見つかってしまいます。人の子ではない生徒たちと不思議な授業。アリスは不思議な世界に足を踏み入れてしまったようです。

「ブリキの月」と「貝の星」

生徒たちが作る「ブリキの月」と「貝がらの星」が幻想的でステキ。

生徒たちは、空に浮かぶ月と星を作っていたのです。・・・夜に空を見上げて、あの月と星も生徒たちが作ったのかもしれないと想像して楽しくなりました。

ファンタジーを読むと、その不思議な世界に憧れを抱かずにはいられなくなりますよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これも ひとえに長野さんの独特で美しい文章表現にあるんだろうな。

『少年アリス』繊細で美しいことば

長野さんが描く言葉が美しい。

独特な表現力は自然に異世界へと導かれます。冒頭から素敵な表現で、長野ワールドに引き込まれました。

『少年アリス』は、花や鳥などの名前が至るところにでてきて自然美を感じる作品です。言葉って美しいものだと思いました。絵と一緒に花の色も浮かんできます。

ひつじくん。
ひつじくん。
改造版の前の『少年アリス』も読みたくなるね。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

『耳猫風信社』あらすじ・ネタバレ感想文|気まぐれなとなり町|長野まゆみ長野まゆみさんの小説『耳猫風信社』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。不思議な隣町、長野さんが描く少年、リキュール、取り壊されたはずのビルについて書いています。...
『宇宙百貨活劇 (ペンシルロケット・オペラ)』長野まゆみ【あらすじと感想】双子の絆長野まゆみさんの小説『宇宙百貨活劇 ペンシルロケット・オペラ』あらすじと感想です。ワクワクする幻想世界、仲良しライバルな双子、ムーンドロップとマシュマロ入りショコラ、漢字とカタカナの日本語の美しさについて書いています。...
『月の船でゆく』長野まゆみ【あらすじと感想】回転木馬の思い出とココレット長野まゆみさんの小説『月の船でゆく』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。猫と人間が共存する不思議なファンタジーでした。ティコの願いとココレットについても書いています。...
ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
こちらは読んだ?