スキマ時間に・・・

『ホワイト・ステップ』(箱庭図書館) 乙一【あらすじと感想】奇跡の足あと

平行世界かもしれない!?

乙一さん「ホワイト・ステップ」
『箱庭図書館』より「ホワイト・ステップ」のレビューです。

前回は「王国の旗」の感想を書きましたが、今回も不思議なお話でした。 ここでは平行世界、パラレルワールドが描かれています。つい最近 筒井康隆さんの『モナドの領域』を読んだので、「ホワイト・ステップ」 でも扱われているパラレルワールドについて想像を巡らせてしまいました。

「ホワイト・ステップ」あらすじ

不思議なパラレルワールド世界

『ホワイト・ステップ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
文善寺町に住んでいる近藤裕喜。引っ越してきたばかりの女子高生、渡辺ほのか。二人は雪面に奇妙な足跡を発見する。それが二人の不思議な出会いだった・・・。

『箱庭図書館』目次&あらすじ
  • 「小説家のつくり方」・・・少年が小説家になった理由。
  • 「コンビニ日和!」・・・コンビニ強盗との奇妙な共同作業。
  • 「青春絶縁体」・・・ふたりぼっちの文芸部員の青くてイタいやりとり。
  • 「ワンダーランド」・・・謎の鍵にあう鍵穴をさがす冒険。
  • 「王国の旗」・・・ふと迷いこんだ子どもたちだけの夜の王国。
  • 「ホワイト・ステップ」・・・雪の上の靴跡からはじまる不思議な出会い。

集英社WEB文芸「RENZ ABURO」の人気企画「オツイチ小説再生工場」から生まれた6つの物語。

「ホワイト・ステップ」感想

『箱庭図書館』で描かれている物語の舞台は文善寺町です。

そこでは様々なことがおこります。「ホワイト・ステップ」で描かれた不思議。心が温まるストーリーでした。

文善寺町で交わる世界

物語を紡ぐ町で二人は出会います。

住人の近藤裕喜と、最近引っ越してきた渡辺ほのかです。でも本来なら起こりえないことなんです。これも不思議な街の魔法なのかな。裕喜とほのかは郵便局に続く三叉路で出会います。

誰もいないのに、雪面に足跡だけが勝手に出現する。ホラー!?・・・いやいや平行世界なんです。

あり得たかもしれない現実

平行に進んでいく世界。パラレルワールドです。お互いの姿が見えない二人は、雪面に文字を書いて会話をします。

雪面での会話。もし雪が積もっていなければ、2人はお互いに気づかないままだったのかもしれません。・・・まさに奇跡です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
雪がつなぐ奇跡。こんな不思議に出会えるのなら、私もこの街に住んでみたいです。

裕喜は両方の世界に存在していました。 ・・・気になりますよね、もう1人の自分が。でも、もう1人の自分の方が充実した人生を送っていたら? ・・・ちょっとイヤかも。裕喜はそんな状況に陥ります。

こっちでは、彼女もいなくお正月も一人で過ごしていました。あっちでは、結婚していて充実した日々を送っているようです。(でもまた別のところでは、ひょっとしたら存在すらしていないかもしれませんよね)

彼にもあり得たかもしれない現実。どこかで誤って孤独な人生を歩んでいる自分・・・。裕喜は、向こうの自分に嫉妬してしまいます。そんな彼が、この出会いを通して大切なことに気づくんです。

今ここに存在していること

裕喜の世界 (A) には、ほのかは存在していなかった。代わりに彼女の母が存在していました。ほのかの世界 (B) には、彼女の母は存在していません。

次に会ったとき彼はそっと問いかけます。

ジャンケンに勝ったか負けたか。その言葉には彼女の暗い過去が暗示されていました。

三か月前の出来事。
  • (A) の世界では母が勝ち、ほのかが交通事故死しました。
  • (B) の世界では彼女が勝ち、母が事故死します。

彼女たち母子は、どちらが買い物に出かけるかをジャンケンで決めました。どちらの世界でも母子はお互いに後悔して相手を思いやります。

裕喜は別々の世界に生きる二人の橋渡しをするんです。そこがこのお話の良いところ。そして大切なことに気づきます。自分が存在していることの意味です。

お正月を一人寂しく過ごす彼は、向こうの世界の結婚までしている自分を羨ましく思っていました。自分は貧乏くじをひいた・・・と。でも ほのかと出会い、母子の橋渡しをしたことで自分の存在意義に気づきます。こんな自分も悪くないと。

彼のおかげで母娘は救われたのです。それはここに存在する、孤独でも優しい心を持った裕喜だからこそ出来たことです。パラレルワールドなんて無数にあるので、いちいち比べていたらキリがない。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「今自分が存在していること」は、確実に意味があることなんです。

『箱庭図書館』リンクする登場人物

『箱庭図書館』の物語には、すべてにある人物がリンクしています。山里潮音 (しおね) という女性です。彼女については、前回の「王国の旗」のレビューで少し書いています。「ホワイト・ステップ」にも、もちろん登場しました! ・・・意外なところで (*^^*) 彼女がどこにでてくるか、それもこの本の醍醐味です。

『王国の旗』(箱庭図書館) 乙一 /【感想】子供たちの王国僕たちの王国にようこそ乙一さん『箱庭図書館』『箱庭図書館』というタイトルに惹かれて手にとりました。6つからなる短編集です。集英社の企画「...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA