SF・ファンタジー

『アルスラーン戦記』名言・心に響いた言葉|全16巻小説のタイトル・読む順番

アルスラーン戦記 名言・心に響いた言葉

名言・心に響いた言葉集

田中芳樹さんの大河小説『アルスラーン戦記』全16巻を読んで、名言・心に響いた言葉を集めました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
素敵な言葉がたくさんあったから、いくつか紹介します。

最後に全16巻の小説のタイトルと読む順番も書いています。

本の内容にふれますので、未読の方はご注意下さい。

本のレビューはこちら

『アルスラーン戦記』あらすじ・ネタバレ感想|小説 「王都炎上~奪還」 第1部小説『アルスラーン戦記』第1部あらすじとネタバレ感想です。簡単な時系列、アトロパテネの会戦、ヒルメスの復讐、アルスラーンの魅力と出生の秘密について書いています。...
アルスラーン戦記 第2部
『アルスラーン戦記』あらすじ・ネタバレ感想|最終巻 「天涯無限」 と第2部の号泣シーン田中芳樹さんの小説『アルスラーン戦記』第2部あらすじとネタバレ感想です。主な3つの国、ヒルメスVSダリューン、魔軍襲来と蛇王ザッハーク、宮廷画家ナルサスの策略、クバードVSイルテリシュ、号泣したシーン、最終巻 「天涯無限」 評価が低い理由、解放王アルスラーンに思いを馳せたことについて書いています。...

アルスラーンの名言

アルスラーンの名言

パルス国王アンドラゴラス三世の子で、王太子アルスラーン。

後の解放王です。温厚で繊細、他者を思いやる優しい性格の持ち主。アトロパテネの会戦では、わずか14歳の初陣でした。仲間に助けられながら、みごとに王都を奪還します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
良き仲間に恵まれ、成長する姿が眩しかった。

まずは主人公アルスラーンの名言を集めました。

ナルサスの心を動かしたアルスラーンの言葉

私がルシタニアの蛮族どもを追いはらい、パルスの国王となったあかつきには、ナルサス卿、おぬしを宮廷画家としてむかえよう

『アルスラーン戦記』1巻より

宮廷嫌いのナルサスの心を動かしたアルスラーンの言葉。この約束がなければ、ナルサスは仲間にならなかったかもしれず、彼がいなければアルスラーンも解放王にならなかったのかもしれません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
そういう意味では、アルスラーンの命運を決めた言葉だ。

カシャーン城塞にて

ダリューンやナルサスを私が捨てて、おぬしを選んだとして、今度はおぬしを捨てる日がこないと、なぜ言える!?

『アルスラーン戦記』2巻より

カシャーン城塞にて、ホディール卿に言い放った言葉。このアルスラーン、かっこよかった。ひ弱な少年というイメージがひっくり返った瞬間です。

ひつじくん。
ひつじくん。
めちゃめちゃ怒ってたんだね、アルスラーン。

自分の進む道

自分を不幸だとは思わない。よき友にめぐまれ、おもしろい人生ではないか、と思う。運命を押しつけられた、とは考えたくない。それを乗りきる楽しみを与えられた、と考えたい

『アルスラーン戦記』8巻より

アルスラーンの心の声です。自分の進む道をマイナスにはとらえなくて、プラスにとらえる気持ちに強さを感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アルスラーンの考え方、好き。

空は無限

「空は無限だよ、エラム。空の下も、また無限だ」

『アルスラーン戦記』16巻より

最終巻。彼らの旅は終わらないんだ!と、号泣しまくったシーンです。

ひつじくん。
ひつじくん。
感動しすぎて、言葉を失った。

ダリューンの名言

ダリューンの名言

パルス国の武将で万騎長ダリューン。

アルスラーンに最初から仕えている黒衣の騎士です。彼はものすごく強い。アトロパテネの会戦以来、行動を共にし、アルスラーン個人に忠誠を誓っていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アルスラーンが1番信頼をよせているのがダリューン。

続きまして、ダリューンの言葉から心に響いたものを紹介します。

ナルサスの芸術について、ひとこと

どうせみじめな一生なら、せめておぬしの芸術とぐらいは無縁でいたいものだ

『アルスラーン戦記』1巻より

ダリューンが芸術を愛するナルサスに言った言葉。・・・ちょっとトゲがあるけど、彼らは仲が良くて、2人の掛け合いを読むのも面白い。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼がナルサスの絵を理解する日は・・・きませんでした (笑)

アルスラーンに信頼をよせるダリューン

殿下はこのダリューンにとって、だいじなご主君でいらっしゃいます。それではいけませんか、殿下

『アルスラーン戦記』3巻より

自分の出生を気にして沈んでいた王太子アルスラーンに向かって言った言葉。真摯なダリューンの気持ちが伺えました。

ひつじくん。
ひつじくん。
ダリューンにとっては、アルスラーンの出自なんて関係ないんだよね。

ダリューンの生き方

われら、殿下のお叱りも国王陛下のお怒りも覚悟の上で、自分たちの生きかたをさだめたのでござれば、どうぞ随従させていただきたく存じます

『アルスラーン戦記』5巻より

パルス軍から追放されたアルスラーンを追いかけてきた仲間たち。ダリューンの言葉から今まで苦難を共にした絆が感じられました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
このシーン、号泣した。

気持ちは ひとつ

「われらが国王よ」

『アルスラーン戦記』7巻より

アルスラーンが宝剣ルクナバードを手にした瞬間のダリューンの言葉。この時アルスラーンはまだ王太子だったけど、国王はアルスラーンでしかありえないとの強い思いを仲間たちから感じました。

ひつじくん。
ひつじくん。
アルスラーンと仲間の思いがひとつになった瞬間だね。

ナルサスの名言

ナルサスの名言

パルス国ダイラムの旧領主にして、アルスラーン軍の軍師ナルサス。

未来の宮廷画家です。地位や名誉、金銭には興味がなく芸術を愛する人物。アルスラーンの元で様々な策略をめぐらします。アルスラーンを解放王に導いたのはナルサスでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アルスラーンの師であり、良き仲間。

ナルサスの名言は、心に刺さるものがたくさんありました。

正義について

殿下、正義とは太陽ではなく星のようなものかもしれません。

『アルスラーン戦記』2巻より

正義は人それぞれ星のように無限にあって、自分が必ずしも正しいとは限らないという。・・・ナルサスの言葉は深いですね。心に刺さりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
相手のことも尊重しないとね。

朝焼けと夕焼け

「朝焼けと夕焼けとを同時に見ることはかないません」

『アルスラーン戦記』7巻より

何もかもすべてを同時に手に入れることはできなくて、何かを得れば何かを失うもの。世の中の道理です。欲張っちゃいけないんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
二兎を追う者は一兎をも得ず。

血の繋がり

「英雄の子ならかならず英雄。名君の子ならかならず名君。人の世がそのように定まって動かぬとすれば、まことにつまらぬ。だが、事実はそうではない。だからこそ、生きているのがおもしろいというものさ」

『アルスラーン戦記』7巻より

英雄の子なら、かならず英雄とは限らない。血の繋がりなんか関係なく、アルスラーンが解放王となったのはナルサスや仲間の望むところでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
予め決まった定め通りなんて つまらないよね。

一片の流言

ときとして、一片の流言は十万の兵にまさる

『アルスラーン戦記』1巻より

ナルサスがめぐらす策略の根本にあるとも言える言葉。一片の流言で敵を翻弄するのは すごかったです。

ひつじくん。
ひつじくん。
さすがナルサス。

エラムの名言

エラムの名言

ナルサスの侍童エラム。

ナルサスとともにアルスラーンに仕えることになる少年です。アルスラーンと年齢が近くて、解放王になってからは良き相談相手でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
料理上手なんだよね。

アルスラーン軍の食を支えたエラムの名言です。

あれくらいでちょうどいい?

「ナルサスさまが絵まで天才でいらしたら、かえって救いがありません。あの方は、絵はあれくらいでちょうどいいのです」

『アルスラーン戦記』3巻より

・・・これは、褒め言葉?と苦笑いしてしまったエラムの言葉。でも師ナルサスを慕っているんですよね。「あれくらいでちょうどいい」 と評される絵を見てみたい。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
エラムはナルサスの良き理解者。

王としての在りかたをしめす言葉

「アルスラーンとは、ひとりの王の名ではない。王としての在りかたをしめす言葉なのだ」

『アルスラーン戦記』16巻より

最終巻、エラムの言葉に感動しました。歴代のパルス国王とは違い、アルスラーンは相手を思いやる人物でした。解放王アルスラーンのような在りかたこそが必要。

ひつじくん。
ひつじくん。
今までのアルスラーンの行いが頭の中をかけめぐった。

ギーヴ、ジムサ、トクトミシュの名言

十六翼将のひとり、ギーヴ。同じくジムサ将軍。最後にトゥラーン国トクトミシュの名言です。

美青年のギーヴは、アルスラーン軍にとっても欠かせない人物。いつも危ないところに駆けつけて助けたりします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
チャラいけど、彼も魅力的。

ギーヴの名言

流浪の楽師ギーヴ。ひょんなことからアルスラーンの仲間として大活躍する十六翼将のひとりです。

おれはアルスラーン殿下のために、何かしてさしあげたいとは思うが、パルスの王家に忠誠を誓う気なんかない

『アルスラーン戦記』3巻より

何事もキッパリ言うギーヴがかっこいい。彼の言葉は刃のようですが、わりと的を得ているんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ギーヴの過去は謎なんだけど、そうとう苦労しているんだろうな。

ジムサひとこと

ジムサ将軍。トゥラーン軍としてアルスラーンと闘い、ナルサスの策略にまんまとハマったけど、後に仲間となる人物。彼も十六翼将のひとりです。

「親王、あなたはもう人間ではないのか」

『アルスラーン戦記』11巻より

親王イルテリシュに言った言葉。かつての親王が蛇王ザッハークの手下と成り果てた姿を見て愕然としたジムサ。彼の気持ちを思うと胸が痛みました。

ひつじくん。
ひつじくん。
魔軍の凄まじさを感じた。

国王トクトミシュひとこと

トゥラーン国王トクトミシュ。まんまとナルサスの策略にハマり、思わずもらした言葉が印象的でした。

「ナルサスとやらいう奴は悪魔か」

『アルスラーン戦記』5巻より

悪魔なんですよね、こと戦略においては。ナルサスの策略により、同士討ちまでさせられたトゥラーン軍、トクトミシュ国王です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
トクトミシュ国王には悪いけど、ナルサスの策略にハマるトゥラーン軍をみてると爽快だった。

『アルスラーン戦記』小説のタイトル・読む順番|アニメとミュージカルもおすすめ

小説『アルスラーン戦記』

『アルスラーン戦記』全16巻。小説のタイトル・読む順番は以下です。

アルスラーン戦記
  1. 「王都炎上」 (第1部スタート)
  2. 「王子二人」
  3. 「落日悲歌」
  4. 「汗血公路」
  5. 「征馬孤影」
  6. 「風塵乱舞」
  7. 「王都奪還」
  8. 「仮面兵団」 (第2部スタート)
  9. 「旌旗流転」
  10. 「妖雲群行」
  11. 「魔軍襲来」
  12. 「暗黒神殿」
  13. 「蛇王再臨」
  14. 「天鳴地動」
  15. 「戦旗不倒」
  16. 「天涯無限」

第1部は7巻 「王都奪還」 まで、第2部は8巻 「仮面兵団」 からです。

ひつじくん。
ひつじくん。
ラストは 「皆殺しの田中芳樹」 健在。賛否両論だけど、面白すぎて止まらなくなったよ。
『アルスラーン戦記』あらすじ・ネタバレ感想|小説 「王都炎上~奪還」 第1部小説『アルスラーン戦記』第1部あらすじとネタバレ感想です。簡単な時系列、アトロパテネの会戦、ヒルメスの復讐、アルスラーンの魅力と出生の秘密について書いています。...
アルスラーン戦記 第2部
『アルスラーン戦記』あらすじ・ネタバレ感想|最終巻 「天涯無限」 と第2部の号泣シーン田中芳樹さんの小説『アルスラーン戦記』第2部あらすじとネタバレ感想です。主な3つの国、ヒルメスVSダリューン、魔軍襲来と蛇王ザッハーク、宮廷画家ナルサスの策略、クバードVSイルテリシュ、号泣したシーン、最終巻 「天涯無限」 評価が低い理由、解放王アルスラーンに思いを馳せたことについて書いています。...

田中芳樹さんの小説『アルスラーン戦記』は、漫画、アニメ、ミュージカルも展開されています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アニメも面白かった。ミュージカルはギーヴが歌う 「カイ・ホスロー武勲詩抄」 が素晴らしかった。
2020年7月現在、アニメとミュージカルは dアニメで配信されています。

別館アニメのレビュー

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら