スキマ時間に短編集

『神家没落』恒川光太郎【あらすじ&感想】美しく儚いラスト!「秋の牢獄」 より

この記事に書かれていること
  • 恒川光太郎さんの小説『神家没落』あらすじと感想
  • ハウルの動く城を連想したこと
  • 失ってから気づく幸せについて
  • 美しくて儚い 「神家没落」 ラスト

少しだけネタバレあります。

どこか懐かしいホラー・ファンタジー

恒川光太郎さんの小説 「秋の牢獄」 に続き 「神家没落」 の感想です。短編集『秋の牢獄』に収められている1話。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
こちらも面白かったです。「風の古道」 を連想しました。

『神家没落』あらすじ・評価

美しく儚いラスト!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
春の夜、男はほろ酔い気分で歩いていると一件の民家に出くわした。そこにはこの家を守っているという翁のお面をつけた老人がいた。家守の役目から開放された老人は消え、代わりに男が家守を引き継ぐことに・・・。

『神家没落』感想

恒川さんが描く不思議が好きです。ホラーだけどファンタジーな空気感も良くて。

初めは怖いけど、だんだん異世界の居心地が良くなってくるから不思議です。ずっと居着いてしまいたいほどに・・・。どこか懐かしい感じがするんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
今回も魅力にあふれていたよ。

テーマは牢獄

「秋の牢獄」 に続き 「神家没落」 もテーマは牢獄です。

牢獄の役割を果たしているのは 「家」 でした。主人公の男は家守として 家に閉じ込められてしまいます。

家守は家から離れられない。だが、家守の役割を交代する人が訪れれば解放される。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
誰かが訪ねてきて役割を交代するまで 家から一歩も出られないなんて・・・。

ふいに訪れた家でしたが、彼はとんでもなく理不尽な役目を老人 (センジさん) から押し付けられたわけです。不運というかなんというか・・・。

しかもその家は移動します。

移動する 「神家」

神がかりすぎていて神秘的なものを感じました。

ここは特殊な家なのです。数百年も前から秘密裏に、私の村で代々守ってきた神域と心得てください。

神域に建つ家。それは何日かおきに移動します。宮崎駿さんのアニメ映画『ハウルの動く城』みたいです。ドアを開けたら別世界に通じている場面。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
旅する城に憧れる。

恒川さんの小説は宮崎アニメと雰囲気が似ています。「夜市」 と 「風の古道」 を読んだときも思いました。

小説を読むということも同じ感覚ですね。本をひらくとそこは別の世界。物語の世界にひたるのが楽しくて読むのをやめられません。

カフェ・ワラブキ OPEN

主人公の男は 家守の役割を交代する人が訪れるのを待つのですが、なかなか現れません。そこで考えたのはカフェをオープンすることです。

カフェ・ワラブキ。

メニューは 美味しい水とマンゴー芋でした。

神家の庭にある井戸水とマンゴーのような果実。それがまた美味しそうで、しかも若返りの効果もある!? ・・・神域ですね。

カフェを開いてお客と話す姿が和気あいあいとホンワカしていて 私も行きたくなりました。

ふいに訪れたお客・韮崎進に家守の役目を押し付けた主人公の男。やっと解放されて日常の生活に戻れるのですが・・・。

失ってから気づくこと

失ってから大切だったと気づくことがあります。でも気づいた時にはもう遅かったりして、何ともいえない思いを引きずることになる。

男にとってそれは あの神家でした。

  • 美味しい井戸水とマンゴー芋
  • カフェに来るお客とのひととき
  • ゆったりと流れる非日常的な時間

その時には それらがかけがえのないものだと気づかなかった。でも譲り渡してはじめて失ったものの大きさに気づくんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
世の中って上手くいかないものですね。

小説の中のお話ですが、リアルに通じるものがあって物悲しくなりました。

幸せの中にいるときは なかなか気づけないこと。幸せは永遠ではないこと。

主人公の男を見ながら、今の私の幸せな日常を大切にしようと思いました。

美しく儚い 「神家没落」 のラスト

ラストはタイトル 「神家没落」 通りの結末でした。家守を押し付けられた韮崎は とんでもない男だったんです。 「風の古道」 を思わせる展開。

神家は没落してしまいます。平家物語を連想しました。

『平家物語』古川日出男(訳)【あらすじと感想】栄華から没落へ・・・古川日出男さん (訳)『平家物語』あらすじと感想です。数え年について、安徳天皇、建礼門院にふれています。人間の弱さがそのまま描かれている『平家物語』は、登場人物たちが身近に感じられる物語でした。...

平家の栄華は終わってしまえば儚いものに思えました。代々受け継がれてきた神家も同じです。

ひつじくん。
ひつじくん。
美しいものこそ儚いね。

恒川光太郎さんが描く物語は 美しく最後は哀しみに包まれる。その世界観がたまらなく好きです。

「秋の牢獄」 レビュー

『秋の牢獄』恒川光太郎【あらすじ&感想】ラストを考察!時間ループに終わりはあるのか恒川光太郎さん『秋の牢獄』あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。哀愁がある美しい世界観とループする時間について、小説のテーマ「牢獄」について、そしてラストの考察も書いています。...

こちらもオススメ

『夜市』恒川光太郎【あらすじと感想】美しくも哀しいラスト/ホラーファンタジー恒川光太郎さん『夜市』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ラストは深い哀しみに包まれました。切なくも美しいホラーファンタジー小説です。...
「風の古道」 恒川光太郎『夜市』より【あらすじと感想】レンに会いたい!美しく懐かしい異世界恒川光太郎さん『夜市』より 「風の古道」 あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。レンに会いたいなと思いました。ラストの哀しみの余韻が心地よかったです。...
『白昼夢の森の少女』恒川光太郎【あらすじ&感想】ダークファンタジー世界へ恒川光太郎さんの小説『白昼夢の森の少女』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。本の目次をまとめました。それぞれの短編のレビューを簡単に書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA