SF・ファンタジー

『煌夜祭』多崎礼 /【あらすじ&感想】儚くも美しい魔物たち

どうして魔物は こんなに美しくて、こんなに儚げなんだろう

多崎礼さん『煌夜祭』感想です。
Twitter でレビューをあげている方がいて、面白そうと思い読んでみました。SNS ってこういうとき良いですね。ふとした時に目にとまり素晴らしい本に出会ったりもする。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本との出会いも縁ですね。

こんな人におすすめ

  • 切ない物語が好き
  • ファンタジーが好き
  • サクサクっと読みたい
ひつじくん。
ひつじくん。
連作短編集のようで全部繋がっていたよ。後々 混乱しないためにも一気に読むのがおすすめ。

ネタバレあります。ご注意ください。

『煌夜祭』あらすじ&登場人物

魔物と語り部の物語

『煌夜祭』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
魔物が人を食うという冬至の夜、年に一度の煌夜祭は開かれる。十八の諸島を巡って、世界各地で集めた物語を語り部たちが披露する。恐ろしくも切ない魔物の物語を―。今年もまた冬至の夜になり、二人だけの煌夜祭が始まった。

主な登場人物 (語り部)
  • ナイティンゲイル
  • トーテンコフ

『煌夜祭』感想

切なくて美しい物語でした。これがデビュー作というのだからすごい! 中盤から止められなくなり一気読みです。ジャンルはファンタジー? ライトノベルのようにも感じる読みやすい小説でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
タイトルが素敵です。

「煌めく」 という文字を使った夜祭『煌夜祭』。年に1度、冬至の夜に語り部たちが物語を披露する。それぞれの話は短編ですが、順番に読んでいって1つの長編になるというような感じです。

ラストに向けて全てが1つにまとまっていく様子はドキドキしました。

恐ろしくも切ない魔物たちのお話

主な語り部たちは2人。ナイティンゲイルとトーテンコフです。彼らが話すのは恐ろしくも切ない魔物のお話でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
魔物と聞くと ちょっと怖い話なのかなと思うけど・・・。

ここで描かれているのは優しい心を持った魔物ばかりでした。殺しても死ななくて冬至の夜だけ魔物の姿になり人間を食べる。

彼らは人間を食べたいと思っているわけではないんです。・・・切なくなりました。

自分は人間だと疑わずに、突然、魔物は生まれてきます。いつか大切な人を食べてしまうかもしれないと恐れる彼らはみんな死にたいと願う。でも魔物は死ぬことができません・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
悩みの無限ループ。

運命は残酷です。だれも好き好んで魔物として生まれてきたわけではないから。

どうして魔物は―こんなに美しくて、こんなに儚げなんだろうな

ほんとに彼らは美しくて儚くみえました。

なぜ魔物は存在するのか

読んでいると疑問が浮かび上がりました。

なぜ魔物は存在するのか。なぜ死なないのか。

人々から忌み嫌われている彼らだけど、存在しなければならない理由がありました。全てには意味があるということが最後まで読むとわかるんです。

・・・彼らは守りの存在。いなくてはならない存在だったんですね。

魔物として生まれた王子、そして王子に寄り添ってきたクォルンの運命を思うと泣きたくなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
魔物よりも争いを繰り返す人間のほうが魔物に見える。

魔物が死ねるのは魔物に食べられたときだけ。ガヤンに、「あの人を食べてやってくれないか」 と頼んだクォルン。・・・切ないです。

儚くも美しい物語

不死身な彼らを儚く思いながらも全体的には美しいと感じるファンタジーでした。不思議に満ちていて完成された世界観。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
語り部たちのお話を耳で聞いてみたい。夜が明けるまで・・・。

『煌夜祭』解説&ネタバレ (登場人物)

最後まで読むと登場人物たちがこんがらがってしまった ひだまりさん。でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
えっ、えっ・・・。結局のところ、ナイティンゲイルは誰でトーテンコフは誰なの?

・・・ということで思いっきりネタバレになりますが書いておきたいと思います。

こういうことです。

  • ナイティンゲイル・・・ガヤン (♂)
  • トーテンコフ・・・ムジカ (後のクォルン) (♀)

ムジカに姫と呼ばれていたガヤンですが、たぶん男ですよね・・・?

でも最終的にはこうなります。
トーテンコフ → ガヤン (ガヤンはトーテンコフの仮面を受け取り、トーテンコフとして生きていく)

ひだまりさん。
ひだまりさん。
こんがらがりますよね。・・・とは言え、面白かったです。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA