SF・ファンタジー

『NO.6』小説 あらすじ&感想|あさのあつこ|本当の自由とは何か? 理想都市の格差に衝撃

この記事に書かれていること
  • 『NO.6』あらすじと感想・レビュー
  • 理想都市 「NO.6」 の内側と外側
  • 人間はどこまで非情になれるのか
  • 紫苑とネズミの関係
  • 小説のテーマについて
  • 印象に残った言葉

少しだけネタバレあります。

人間はどこまで非情になれるのか―。

あさのあつこさんの小説『NO.6』感想です。初めて読む作家さんでした。全9冊の超長編。Kindle版で合体本があったのでそちらを読みました。ジャンルはSF+ファンタジー。(あと少しホラーも)

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かった。読みやすくてあっという間。

実はアニメから入りました。途中まで見たところで、小説があるじゃないか! ・・・ということに気づき、途中で見るのをやめて小説へ。なかなか深い物語でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
テーマは 「本当の自由とは何か」 だよ。

登場人物・紫苑やネズミ、理想都市 「NO.6」 の住人をみていると、みんな自由を求めているんだと気づきました。

『NO.6』あらすじ・評価

本当の自由とは何か―。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
2013年の未来都市 「NO.6」。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑は、12歳の誕生日の夜、ネズミと名乗る少年に出会う。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう? 飢えることも、嘆くことも、戦いも知らずに済んだのに・・・。

『NO.6』感想・レビュー

面白かったです。でも前半に比べると後半 (特に矯正施設に入ってから) は あまりハマれませんでした。

スピード感はあるけど、細かに描かれていないというか。若干、大雑把に話をまとめた感じです。・・・それでも楽しめたのですが。

魅力的な登場人物が素敵

主人公の紫苑、森の民・ネズミ、イヌカシ、力河・・・。アニメを少し見たので、映像のキャラをイメージしながら読みました。

紫苑とネズミが好きです。でも『NO.6』は 決して楽しいお話ではないんです。どちらかというとジメジメ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人間の非情さが、たくさん描かれていて辛かった。

人間を人間として扱ってない1部の人たちの非情さ、「NO.6」 の内と外の格差・・・。後半は 嫌気がさすくらい人間の持つ闇を感じました。

理想都市 「NO.6」 の内側と外側

小説の舞台は 2013年の未来都市 「NO.6」。この世界に建設された6つの理想都市のうちの1つです。

理想都市 「NO.6」とは
  • 争いごとや飢餓がなく、人々が平和と自由の中で生きていける場所
  • 人生を穏やかに、幸せに、安全に過ごしていける場所
ひつじくん。
ひつじくん。
表面だけ見ると、まさにユートピアだけど・・・。

徹底的に管理された社会なんです。「NO.6」 の不平不満は禁止、1度でも規律を破ると、同じ 「NO.6」 の中でも格差が生じてしまう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
息がつまりそう。何となく最初から薄気味悪い感じが漂ってた。

主人公・紫苑は 「NO.6」 で生まれ育ったエリートです。でもVC (凶悪犯) のネズミを匿ったことでエリートから転落。やがて「NO.6」 の外側・西ブロックでネズミとひとつ屋根の下、暮らし始めます。

内側と外側の格差が衝撃

「人狩り」 のシーンが怖かった。

「NO.6」 は高い塀に囲まれていて、塀の外は同じ世界と思えませんでした。人を人と扱わず、塀の外側では惨殺が繰り返される。食べるものも満足にない状態です。

吐き気がしました。絶句してしまうような狂った社会です。

人間はどこまで非情になれるのか

『NO.6』では 非情な人間が描かれています。理想都市を作り上げた研究者たち、そして市長と彼を影で操る人。

最初は本当に人々が暮らしやすく、平和な都市を夢見て 「NO.6」 を作り上げたのだと思います。でもいつしか、市民を管理する恐怖社会に発展していく。

人間はどこまで非情になれるのか。

西ブロックでは理不尽な殺戮が繰り返されます。矯正施設に侵入した紫苑とネズミが、そこで見て体験したことが恐ろしくて目が離せませんでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人をサンプルとして扱うとか、吐き気がする。

矯正施設のところはスピード感ある熱いシーンですが、ついていけなかったです。紫苑やネズミにも感情移入できず、でも続きが気になるので飛ばし飛ばし読みました。

ひつじくん。
ひつじくん。
蜂の正体、拍子抜けしちゃった。

ホラーなファンタジーという感じでした。リアル感に欠けていて、この辺りはイマイチです。

紫苑とネズミの関係|ボーイズラブ?

『NO.6』は BL (ボーイズラブ) と言う人もいます。紫苑とネズミの関係を見てのことなのですが、違和感なく読めました。

紫苑がネズミに惹かれ、ネズミもまた紫苑を信頼している。そんな関係が、この小説では ごく普通のことに感じるからです。

「きみに惹かれている」

紫苑と同じように私もネズミに惹かれました。だから紫苑の気持ちも、ネズミの気持ちにも共感できる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とても魅力的な登場人物です。

小説のテーマ|本当の自由とは何か

理想都市であるはずの 「NO.6」 の住人と、追い出されて過酷な環境で暮らす紫苑やネズミが求めるのはただ1つ。

誰もが平等で自由な世界。それは 「NO.6」 の崩壊を意味します。

管理社会、大虐殺、不平等。自分の思う通りに生きられないディストピアをみていると、本当の自由って何だろうと思います。

  • 自由な思想、自分の思うままに健やかに生きていけること
  • 自分に正直であること
ひつじくん。
ひつじくん。
窮屈な世界は息がつまる。

自由っていうのは 自己責任です。それでも魅力がありますよね。特に 「NO.6」 のような管理社会では。

積もり積もった不安や不満は、やがて爆発します。「NO.6」 が崩壊していく様子を読んでいると、ホッとひと息つきました。

印象に残った言葉

印象に残った言葉があります。

知るということはな、覚悟がいるんだよ。真実を知ってしまったら、引き返せない。知らなかったころの、暢気で幸福な自分にはもどれない。

知ってしまったら、知らなかった頃には戻れない。でも知りたいと願う。人って知ることに貪欲なんですよね。

野崎まどさんの小説『know』を連想しました。「知りたい」 と思うのは人間の本質。

野崎まど『know』感想と考察 / 「知りたい」 と思うのは人間の本質? 道終・知ルを見て思ったこと野崎まどさんの小説『know』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。電子葉、道終・知ルの能力、人間の本質、ラストの考察、結末について書いています。...

知っていると安心する。安心するために知りたい。でも、知ることには覚悟がいる。

紫苑は全てを知ってしまいました。「NO.6」 のこと、ネズミのこと、エリウリアスのこと。

知らないままの方が幸せだったのかもしれません。でもその幸せは人々の犠牲に成り立っているものです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
知ってしまえば安穏にしていられなくなるけど、それでも知らないよりはマシ。

私ならそう考えます。「NO.6」 に立ち向かっていく紫苑とネズミは精一杯生きてるんだと思いました。

アニメ見ました!

こちらもオススメ

『NO.6 beyond』あらすじ&感想・レビュー|あさのあつこ『NO.6』続編!崩壊後の彼らは・・・ ぼくは、生きてきみを待っている。 あさのあつこさんの小説『NO.6 beyond』感想です。『NO.6』の続編にあたる4つ...
面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
思いっきり泣ける小説
【思いっきり泣ける小説】涙が止まらない!ファンタジー・恋愛からミステリーまで思いっきり泣ける、号泣間違いなしの小説を厳選して紹介します。絶対泣ける!ファンタジー&ヒューマン・恋愛小説と切なくて泣ける!ミステリー小説です。あらすじと感想も簡単に書いています。...
長編SF・ファンタジー小説おすすめ
おすすめ!長編SF・ファンタジー小説|連休に読みたい本おすすめ長編小説 (文庫版2冊以上) を紹介しています。SF・ファンタジーと、日常小説、文学作品の中で厳選しました。どれも世界観が素晴らしいものばかりです。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA