SF・ファンタジー

『NO.6 beyond』あらすじ&感想・レビュー|あさのあつこ『NO.6』続編!崩壊後の彼らは・・・

この記事に書かれていること
  • 『NO.6 beyond』あらすじと感想・レビュー
  • イヌカシの日々
  • 過去からの歌
  • 紫苑の日々
  • ネズミの日々

少しだけネタバレあります。

ぼくは、生きてきみを待っている。

あさのあつこさんの小説『NO.6 beyond』感想です。『NO.6』の続編にあたる4つの物語。主要人物の思いがそれぞれ描かれていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『NO.6』読んだらこちらもおすすめ!

大きな進展はないけど、紫苑やネズミ、イヌカシ、火藍の日常や思いが心に響く。ほのぼのとした物語でした。

『NO.6』のレビューはこちら

『NO.6』小説 あらすじ&感想|あさのあつこ|本当の自由とは何か? 理想都市の格差に衝撃 人間はどこまで非情になれるのか―。 あさのあつこさんの小説『NO.6』感想です。初めて読む作家さんでした。全9冊の超長編。...

『NO.6 beyond』あらすじ・評価

『NO.6』続編!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「NO.6」 崩壊後、ネズミは旅に出て 紫苑は留まった。遠くの荒野からネズミの心は紫苑に寄り添い、紫苑の心もまたネズミと共にある。瓦解した世界のその後を描く、真の最終章。

『NO.6 beyond』感想・レビュー

ほんのりと心が温まりました。紫苑とネズミ、再会はしなかったけど、それぞれの物語から お互いを思う気持ちが伝わってきます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
心の中に誰かがいると強く生きられる。

離れていても強い絆で結ばれているのですね。いつか再会した物語も読みたいな。

「イヌカシの日々」|意外な一面

イヌカシに視点をあてた物語。イヌカシを拾った老人のこと、ネズミと初めて出会ったときのこと、そして現在のイヌカシが描かれています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
イヌカシって女の子なのかな。

『NO.6』で、はっきりと性別が描かれていたわけではないけど、何となくそう思います。人一倍 「生」 への執着がある彼女。裏を返せば 「死」 を恐れているということになりますが。

彼女が熱を出し、紫苑とネズミが駆けつける・・・という、ほんのりと心が温まるお話。いつも生意気なイヌカシですが、彼女の意外な一面を知ることができました。

前作『NO.6』で紫苑が なぜイヌカシに赤ん坊を預けたのか。

もちろん彼女だったら育ててくれるという確信があってのことでしたが、「イヌカシの日々」 を読んで妙に納得しました。そう言えばイヌカシも拾われて育てられた子だったんだと。

ひつじくん。
ひつじくん。
そういう奇跡を誰よりも身を持って知っているのが彼女なんだね。

「過去からの歌」|ネズミの迷い

西ブロックでネズミと暮らす紫苑の視点。そして紫苑と出会う2年前の日々がネズミの回想とともに語られている 「過去からの歌」。

ここではネズミの迷いが描かれていました。紫苑と出会い、ゆっくり流れる日々に身をまかせながらも焦燥感にかられるネズミ。

おれはいつか、この鎖を断ち切れるだろうか。憎しみという鎖、紫苑という鎖を断ち切り、自由になれるだろうか。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
なんだか ネズミらしい。

彼の願いは 自由に生きることです。誰にも束縛されずに、風のようにさすらう。ネズミってこういう奴だよねと思いました。

その願いどおり、ネズミは 「NO.6」 を離れます。全ての鎖を断ち切り 紫苑を残して・・・。前作『NO.6』の別れのシーンが頭をよぎりました。

「紫苑の日々」|偉大な火藍

紫苑の視点で描かれた 「NO.6」 崩壊後の日常を描いた物語。イヌカシと力河も登場します。紫苑の母・火藍が偉大だということがわかった1話でもありました。

女にも金にもだらしなくて、アル中一歩手前のどうしようもない地質学者の男 (紫苑の父) と結婚して別れた火藍。

ロストタウンで小さなパン屋を営み、早朝からパン生地を練る。「NO.6」 が崩壊するときも、人々が混乱する中で彼女は淡々とパンを焼いていました。

ひつじくん。
ひつじくん。
変わりゆく時の中で、決して変わらないものが ここにある。

変わらないという安心感。「紫苑の日々」 を読んでいると、そういう日常の大切さを実感します。

紫苑の思いの中には ネズミが出てきました。彼とは別れたあとだから 紫苑の回想の中でしか登場しませんが、彼を思う気持ちが温かい。

ぼくは、生きてきみを待っている。

結局『NO.6 beyond』では 2人の再会はなかったですが、お互いを思いながら生きているのが伝わってくるんです。「紫苑の日々」 でも、次の章 「ネズミの日々」 でも。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
2人は強い絆で結ばれているんだ。

「ネズミの日々」|紫苑の父親

「NO.6」 を離れたネズミの日々を描いた1話。西ブロックで紫苑と過ごした日の回想も描かれています。

紫苑と別れてからもネズミの中には彼がいる。いつか再会することを願いながら読みました。

「ネズミの日々」 には 紫苑の父親らしき男が登場します。盗っ人と間違えられ、なんだかいい加減な男。彼は 「NO.6」 を目指していました。

ひつじくん。
ひつじくん。
『NO.6 beyond』に続きがあるなら、いずれ 彼と紫苑は出会うんだろうね。

続きが気になります。もしも紫苑の父親が 「NO.6」 に戻り、火藍や紫苑と再会したら・・・。また波乱な展開になりそうだ。

『NO.6』を読んだらこちらも読もう! 『NO.6 beyond』

『NO.6』の登場人物の思いが交差する『NO.6 beyond』。再び 「NO.6」 の世界観に浸りたい人におすすめの1冊です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
キャラに深みが増した。

こちらもおすすめ

『NO.6』小説 あらすじ&感想|あさのあつこ|本当の自由とは何か? 理想都市の格差に衝撃 人間はどこまで非情になれるのか―。 あさのあつこさんの小説『NO.6』感想です。初めて読む作家さんでした。全9冊の超長編。...
面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
面白い短編集
スキマ時間におすすめ短編集|サクッと読めて面白い小説を厳選サクッと読めて面白い短編集を紹介しています。ほっこりする小説、SF短編&ショートショート、ミステリー、ホラー短編小説などです。ぜひ読書の参考にしてください。...
癒されたい時におすすめの小説
癒されたいときに読みたい!ほっこり心温まる小説|日常に疲れたときにオススメほっこり・心温まる小説を厳選しました。癒されたい時、疲れた時におすすめです。読むと元気になれて心に染みる本を紹介。ほのぼのと心が温まります。読書の参考にして下さい。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA