ヒューマン・ラブストーリー

『ツナグ』辻村深月【あらすじと感想】伝えきれなかった想い

伝えきれなかった想い

辻村深月さん『ツナグ』
泣きました。映画にもなっている辻村深月さんの『ツナグ』です。映画は見ていないのですが、それも間違いなく泣きそうですね。

『ツナグ』あらすじ

心の隅々に染み入る感動の連作長編小説!

『ツナグ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
もしも亡くなった人に会えるとしたら・・・。
「ツナグ」 が仲介人となり、それぞれの思いを繋げる。涙が止まらなくなる感動の小説。

『ツナグ』感想

『ツナグ』は、5つの物語からなる連作短編集でした。

【目次】
  • アイドルの心得
  • 長男の心得
  • 親友の心得
  • 待ち人の心得
  • 使者の心得

もしも、亡くなった人にもう一度会えるとしたら・・・

もしも、亡くなった人にもう一度会えるとしたら・・・。

私は誰を選ぶだろうか。つい自分に置きかえて考えてしまいました。しかも生きている間に会えるのは1人だけです。生きている人と亡くなった人との窓口 「使者」。「使者」 と書いてツナグと読みます。

高校生の歩美を介して生者と死者が一晩だけ会う。初めの 「アイドルの心得」 を読んだ時は、あまりにも軽いノリで感動も何もなかったけど、最後の方に行くにつれてグッときます。このアイドル、飯島愛さんではないかと書いている人がいて、なんだか妙に納得してしまいました。

私が1番良かったと思うのは 「待ち人の心得」 です。

切なくて泣いてしまいました。それから 「親友の心得」 は、ダークだけど好きです。

キラリの気持ち

「待ち人の心得」 は、失踪した婚約者、キラリのことが忘れられない彼のお話でした。

婚約者が突然いなくなってしまった。

残された土谷の心には大きなキズが残ります。生きているのか死んでいるのかもわからなくて、周りからは騙されていたんだと言われ、でも彼女の純粋な心を想うと簡単には割り切れない。そんな状態で7年・・・。

土谷とキラリがツナグを介して会ったとき、真相が分かってホッとしました。でも、彼の言葉に苦しんできた7年の重みが伝わってきました。

失ってから気づくことがあります。あの時ああしていれば・・・。考えてもしょうがないのに考えてしまう。そして失踪したキラリにも、彼に伝えきれなかった想いがありました。

私が思わず泣いてしまったのは、土谷がキラリの 「大事な物入れ」 の缶を見つけたところです。そこに入っていた3つ折りにされた厚紙。広げると四角形のカップでした。

土谷とキラリがデートした映画館で食べた、キャラメルポップコーンのカップ。

彼女は 「大事な物入れ」 に入れて大切にとっておいたんです。それを見つけた土谷と一緒に、ひだまりさん。も切なく温かな気持ちになりました。

キラリ、良い子じゃん。

ダークな一話

「親友の心得」 は、ちょっとダークなお話でした。

ツナグを介して亡くなった親友、御園に会ったがために、重い十字架を背負っていくことになってしまった嵐。他のお話は 死者と会ったことで前向きになれたりするのに、「親友の心得」 は逆に死者に縛られてしまうんですよね。

ひだまりさん。が最近よんだ辻村深月さんの本は、あまりダークなところがなかったから油断していました。

『鍵のない夢を見る』のようなダークさを感じます。・・・でもこういうの、好きかも。

いつまでも繋がっていたい

最終話 「使者の心得」 は、ツナグの歩美の視点で描かれる物語でした。
さまざまな人の人生を垣間見る歩美。

突然おとずれた大切な人の死は、生きている人の中に深く刻まれます。この物語の嵐や、土谷のように。ある意味 呪縛のようにも感じられますが、死者と会うことで吹っきれる。でもそれは完全に鎖を断ち切ってしまう・・・ということではないと思うんです。

「ツナグ」 という言葉から ひだまりさん。が 真っ先に連想したのは、「手をつなぐ」 ということで得られる安心感でした。

大切な人とはいつまでも繋がっていたい。

大切な誰かと心が通いあっているときは、とても幸せな気持ちになります。亡くなった人とはもう手をつなぐことは出来ないけれど、心はいつまでも繋がっていたい。・・・そんなことを連想できるこの本のタイトルって素敵だなと思いました。

生者と死者の窓口である 「ツナグ」 。彼によって再会したがために、より重い十字架を背負ってしまう場合もありますが・・・。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 焼酎太郎 より:

    暑い中お疲れさまです。

    実は「待ち人の心得」が大きすぎて他の話をよく覚えておらんです(笑)
    ペットの話があれば、さらに泣けたと思うのですが。

    たとえどんな別れ方をしてもどこかで生きていてくれているというのは
    素晴らしいことだと思いました。
    映画のキャストは桐谷美玲と、「ルーキー」の佐藤だったかな。

  2. ひだまりさん。 より:

    お疲れさまです。
    コメント&素敵な本を紹介いただき、ありがとうございます (*^^*)

    焼酎太郎さんのところは めちゃくちゃ暑そうですね。
    私のところは夜は涼しくて、今は快適です (^^♪
    熱中症にはお気をつけ下さい。

    苦い思い出というのは、いつまでも心に残りますね。
    しかもここで描かれているのは故人ばかりなので、現実に 「使者」 がいなければ気持ちも伝えられません。

    "たとえどんな別れ方をしてもどこかで生きていてくれているというのは 素晴らしいこと"
    その気持ち、分かるような気がします。

    映画はどんな雰囲気なんだろう。
    見たいような見たくないような・・・感じです (*_*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA