SF・ファンタジー

『図書館の魔女 下』高田大介【あらすじと感想】言語学者が描く言葉のファンタジー

この記事に書かれていること
  • 高田大介さんの小説『図書館の魔女』3、4巻あらすじと感想
  • 本のテーマ 「言葉」 について
  • 左手を奪われたマツリカ
  • 双子座の最後のことば
  • 知ろうとする気持ち

少しだけネタバレあります。

第3部「文献学講義と糸繰る者達」
第4部「円卓会議と双子座の館の対決」

高田大介さんの小説『図書館の魔女』3、4巻感想です。後半は物語が一気に加速していきます。1、2巻が「静」ならば、3、4巻は「動」という感じでした。

一ノ谷と二ザマ帝、アルデシュが協定を結びミツクビに対抗する。その中心にいるのが高い塔の魔女・マツリカです。そして彼女に遣わされた刺客との対決・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ヤバイ! 面白くて止まらない。

前回のレビューはこちら
レビューを読む

テーマは 「言葉」

ファンタジーと聞くと敬遠する人もいると思いますが『図書館の魔女』は「ことば」をテーマにしています。言葉について深く考えてしまいました。

言語学者の高田さんだからこそ書けた小説。

普通のファンタジーとは一味違うものがあるんです。万人うけするものではないと思いますが、かなりレベルの高い小説。

『図書館の魔女』あらすじ

読み始めると止まらない!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
マツリカとキリヒトの距離は徐々に縮まっていった。でも、マツリカは発言力を持つために、彼女を狙う刺客が現れるのだった・・・。

『図書館の魔女』3、4巻 感想

本書のテーマ「ことば」について深く共感したところをふまえてレビューを書いています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
言葉は深い。

左手を奪われたマツリカ

声を持たない図書館の魔女・マツリカから手話が奪われました。

二ザマの宦官宰相ミツクビが送った刺客・双子座により、彼女の利き腕である左手が奪われてしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
マツリカは指話でキリヒトと会話ができるけど、声を発しない彼女にとっては残酷な仕打ち。

それでもキリヒトを使って自分の意志を伝え続ける彼女は健気です。マツリカがヴァーシャールヘイに言ったひとことが心に響きました。

声はなくとも言葉はある。手話を奪っても言葉は滅しない。私たちに指で話す準備がなかったとしても、それでも私の言葉は絶えない。

ひつじくん。
ひつじくん。
声を持たない彼女だからこそ力強く説得力があるね。

考えや気持ちを伝える意志があれば、たとえ声がなくても手話ができなくても「ことば」は存在し続ける。

図書館に多くの本があるように 人は言葉を残して伝えていく。

そこには、かつて生きていた人々の言葉が収められています。キリヒトが、またはハルカゼやキリンがマツリカの意思を伝えていく。

普段何気なく喋っていることも誰かの心に残っていたりして。「ことば」というのは儚いようで 影響力があるものなんだなと思い知らされました。

双子座の最後のことば

泣いたシーンがあります。
キリヒトがヴァーシャに双子座の最後のことばを伝えた瞬間。それを聞いたヴァーシャが嗚咽した場面です。

わが半分

残された者にとって言葉は救いにもなる。たったひとことの言葉でも。それには発する側の思いがたくさん詰まっているから。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ことばって尊い。

ヴァーシャが図書館に来るまでのこと、彼の思いが一気に頭の中をかけめぐりました。

結局 彼は図書館を離れてしまったけど『霆ける塔』で会えることを願っています。

知ろうとする気持ち

高い塔の魔女は声を持ちません。しかも途中から手話を奪われてしまう。でも そんなことは取るに足らないことです。

マツリカにかけられた暗示を解くために双子座のもとへ向かう一ノ谷の一行。そこで生死を分かちあったキリヒトとイシュトバーンは 話す言語が違うにもかかわらず深い絆が芽生えました。

お互いの言語が違うキリヒトとイシュトバーンの会話は、少しのズレはありますが長年の友のように気心がしれています。

違う言語で話しても、たとえ声を持たなくても心は通じている。まるで2人だけに通じる言葉が存在しているかのように。

ひつじくん。
ひつじくん。
「ことば」とは何なんだろう?

単に音ではなくて 気持ちであり意思でありうるんです。彼らのように心が通じ合えれば 声はいらないのかもしれません。

相手を信頼することや知ろうとする心があれば、たとえ声や手話がなくとも気持ちは伝わる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
他人を理解するには、そういう心構えでいることが大切なんですね。

著者の高田さんは 様々な登場人物を介してそのことを伝えているような気がしました。当たり前で、でも1番大切なことです。

心に染みました。

止まらない面白さ

マツリカの鋭い推理が面白い!

まだあどけない少女なのに 読んでいると大人の女性と錯覚してしまうような知識力。そして鋭い推理力に圧倒されます。

存在しなかった言葉からも推理をめぐらせ真実に行き着く。とにかく読む力がすごい。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
声を持たないマツリカだからこそ、よけいに「ことば」の奥深さを痛感します。

彼女の側にいつもいるキリヒト。
2人のやり取りはほのぼのします。ハルカゼやキリンもですが、彼女に出会った人たちはみんな彼女に引きつけられる。

私もそうでした。登場人物が好きになってしまうんです。だから読むのが楽しくて止まらない。

最後に・・・

難しい表現がたくさんでてきて読み終わるまで時間はかかりましたが、とても幸せな時間でした。

こんなにも読み終わるのが名残惜しい小説は 他にありません。何時間でも物語にひたっていたくなる小説です。

こちらもオススメ

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...
『図書館の魔女 烏の伝言 (つてこと)』高田大介【あらすじと感想】伝言に託された真実高田大介さん『烏の伝言』あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。読んでいて心が震えた瞬間が2つありました。怒涛のごとく面白かったです。...
まほり
『まほり』高田大介【あらすじ&感想】蛇の目紋と「まほり」の意味に戦慄!言語学者が描くミステリー小説高田大介さんの小説『まほり』あらすじと感想・レビューです。少しだけネタバレあります。残酷無惨な歴史、順序が入れ違う恐怖、和んだシーン、蛇の目紋 (二重丸) とタイトルの意味に戦慄したことについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA