スキマ時間に短編集

『夜市』恒川光太郎【あらすじと感想】美しくも哀しいラスト/ホラーファンタジー

この記事に書かれていること
  • 恒川光太郎さんの短編小説『夜市』あらすじと感想
  • 妖怪たちのフリマ
  • 弟を売った兄
  • 老紳士の回想
  • 結末について

少しだけネタバレあります。

今宵は夜市が開かれる―

恒川光太郎さんの短編小説『夜市』感想です。先日読みました『滅びの園』がとても面白くてハマりました。恒川さん2冊目『夜市』。

私が読んだのは文庫版です。表題作 「夜市」 と 書き下ろし 「風の古道」 が収められていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どちらも好き!!『滅びの園』より好きかも・・・。

2回にわけて、それぞれのレビューを書いています。まずは表題作 「夜市」 のレビューです。

『夜市』あらすじ・評価

今宵、どこかで 「夜市」 が開かれる―

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
裕司から「夜市にいかないか」と誘われた大学生のいずみ。「夜市」 が開催される岬の森は、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。小学生のころに夜市を訪れた裕司は、弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。そのことをずっと後悔していた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたのだった―。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。

『夜市』感想

切なくて胸がきゅっとなりました。括りではホラーですが、ほとんどファンタジーと言っていいのでは?(←日本ホラー小説大賞受賞作だけど)

妖怪などが出てくるのはホラーですが、苦手な人も難なく読めます。ぜんぜん怖くない!というのは嘘ですが程よいヒヤリ感でした。

「夜市」 は妖怪たちのフリマ!?

この世ならぬ不思議な場所

恒川さんが描く物語は 世界観が良いんです。ここでは 妖怪たちが出店する 「夜市」 が舞台でした。主人公・いずみが裕司に連れられて行った、この世ならぬ不思議な場所。

夜市とは
  • 妖怪たちのフリマ
  • 限られた人しか訪れられない

「夜市」 には何か買うまで出られないというルールがあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
恐怖のフリマですね。売っている商品がまた何とも言えず・・・。

不気味だけど行ってみたい。恒川さんの異世界は ちょっぴり怖いけど懐かしい気持ちになります。これが本当に心地良いんです。

行ったことないのに懐かしいような感覚。

宮崎駿さんのアニメ 『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』を連想しました。中身はぜんぜん違うけど 誰でも行けるわけではないとか。

『夜市』に一緒に収められている 「風の古道」 でも感じました。

弟を売った兄

裕司は ここに来るのが2回目でした。

小学生のころ 「夜市」 に迷い込んだ裕司と弟。彼は取り返しのつかない取り引き (買い物) をしてしまいます。人攫いの店で弟と引き換えたものとは・・・

野球の才能―。

ひつじくん。
ひつじくん。
過ちを犯してしまったけれど 誰も兄を責められないよね。まだほんの小学生だったし、ずっと後悔しているから。

弟を買い戻すために 再び 「夜市」 を訪れた裕司。願いは叶うのか?

いずみを通して兄と弟を見ていると深い哀しみを感じます。2人がそれぞれ背負ったものは重い。

兄は弟を案じ、後悔の念を背負ったまま生き続ける。地獄のような日々でしょうね。そして弟は・・・。

老紳士の回想

なぞの登場人物

コートにハンチング帽の老紳士が妖怪のお店で 「なんでも斬れる剣」 を見ていました。・・・また物騒なものを見ている。

老紳士の回想が切なかったです。異なる世界で暮らしていた彼らが 「夜市」 で出会い、ほんのひとときを過ごす。

初めて 「夜市」 を訪れたとき老紳士はとっさに自由を手に入れたけど、その先にあるのは過酷な現実でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
自由って魅力的なことばです。何にも縛られずに自由に生きていきたいな。
ひつじくん。
ひつじくん。
そのかわり、責任は全部じぶんに降りかかってくる。美味しいとこ取りというわけにはいかないよね。

怖さと美しさと深い哀しみを感じた結末

「夜市」 は魅力的な場所だけど余程の覚悟がないと恐ろしいことになります。でもそこに惹かれてしまう。

恒川さんが描く世界はピリッとした怖さと美しさがありました。

ラストは深い哀しみに包まれる。この余韻がなんとも言えないです。今宵も、ここではないどこかで 「夜市」 が開かれているかもしれません・・・。

こちらもどうぞ

「風の古道」 恒川光太郎『夜市』より【あらすじと感想】レンに会いたい!美しく懐かしい異世界恒川光太郎さん『夜市』より 「風の古道」 あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。レンに会いたいなと思いました。ラストの哀しみの余韻が心地よかったです。...
『滅びの園』恒川光太郎【あらすじと感想】滅びゆくラスト。もしもプー二ーが現れたら恒川光太郎さん『滅びの園』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。面白かったけどラストは残酷でした。憧れの想念の異界、未知の生物・プー二ー、生きる原動力についてレビューを書いています。...
『白昼夢の森の少女』恒川光太郎【あらすじ&感想】ダークファンタジー世界へ恒川光太郎さんの小説『白昼夢の森の少女』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。本の目次をまとめました。それぞれの短編のレビューを簡単に書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA