SF・ファンタジー

『図書館の魔女 烏の伝言 (つてこと)』高田大介【あらすじと感想】伝言に託された真実

この記事に書かれていること
  • 高田大介さんの小説『烏の伝言』あらすじと感想
  • 仲間たちの強い絆
  • 烏を操る鳥飼の言葉
  • 追われるものと追うもの
  • 心が震えた瞬間
  • 「ことば」から見える真実

少しだけネタバレあります。

伝言に託された真実―。

高田大介さんの小説『烏の伝言』感想です。『図書館の魔女』の続編『烏の伝言』。本作も600ページ超えのボリューミーな1冊でした。

続編と言いながらも 主人公や登場人物たちがガラッと変わりスピンオフ作品。前半は物語に入っていけなくて少し戸惑ったけど、中盤から怒涛のごとく面白くなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
後半は止まらなくて一気読みです。

前作のレビューはこちら。
レビューを読む

『烏の伝言』あらすじ

超弩級リブラリアン・ファンタジー

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
『図書館の魔女』続編。誰かが誰かを追い、誰かが誰かを裏切っている。裏切り者は誰か?

『烏の伝言』感想

1番強く感じたのは絆の強さでした。

剛力のワカンと、二ザマの近衛隊ツォユ (赤髪) がカッコ良いんです。キャラに深みがあって読めば読むほど好きになってしまう。

不満があるとすれば 本作にはキリヒトが登場しないことです。名前だけは出てきましたが。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
次作はぜひキリヒトを!!(←懇願)

仲間たちの強い絆

剛力と近衛と子供たちの集団・鼠。初めはバラバラだった彼らの心が「仲間」として絆を深めていく。「仲間」を見捨てずに助け出すシーンは心を打たれました。

彼らには彼らの弁えがあるんです。

信念に従って行動する姿がカッコ良い。前作とは雰囲気がガラリと違いますが、これはこれで素晴らしい作品でした。

もう1人外せない人物がいます。カラスを操る鳥飼。彼がまた深みがある良いキャラなんですよね。

烏を操る鳥飼の言葉

剛力の仲間の鳥飼・エゴン。左目が潰れていて醜い顔の彼は満足に言葉を話せず、周りからは馬鹿だと思われている人物でした。

読み進めていくと 彼は馬鹿ではないと思い知るハメになります。最後の最後に。

ひつじくん。
ひつじくん。
言葉が満足に話せないからって知性がないというのは違うんだよね。

「ことば」というのはただ単に「音」ではないということです。

音はなくとも言葉は存在しています。それを今回も感じました。

追われるものと追うもの

剛力と近衛隊と鼠と廓。追われるものと追うものが描かれています。誰が追われるもので 追うものは誰か? 謎解きのようでした。

裏切り者は誰?真に追われている者は誰?

山の民と兵士と、みなしごたちが港を駆け抜けるのです。猿 (ましら) との場面はヒヤリとしました。ユシャバを助け出すところはスリリングです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最後にはマツリカも登場!

マツリカ様は ここでもマツリカ様でした。

心が震えた瞬間

心が震えた瞬間が2つありました。

【① 黒幕を追い詰めるシーン】

トゥアンが言ったたった一言の言葉に心が震えました。「どうして?」の一言から怒りや悲しみ、やるせなさなど多くの感情が伝わってきます。こんなにも辛い「どうして?」を、私は初めて読みました。

【② 嬉しくて震えた瞬間】

剛力や近衛、鼠たちと途中から行動を共にしていたカロイ。ちょっと怪しい彼の正体が分かったとき。「カロイは・・・だったんだ!!」思わず叫んでしまいました。(←家で読んでて良かった) 嬉しくて嬉しくて。

『烏の伝言』は単独でも完結しています。でも『図書館の魔女』を読んでからの方がオススメ。その方が感動が2倍味わえるからです。

「ことば」から見える真実

ひつじくん。
ひつじくん。
真実に導くものは、やはり「ことば」だろうね。剣でも、ましてや魔法でもなく。

前作『図書館の魔女』もそうですが、本作も「ことば」が織り成す物語です。それをかき集めて真実にたどり着く図書館の魔女・マツリカ。今回も読む力は半端ない。

2通の「伝言」が意味するもの。裏切り者は誰か―。

最後に真実が見えてきます。ほんとうにこの小説は怒涛のごとく面白い。今から次作が楽しみでなりません。

こちらもオススメ

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...
『図書館の魔女 下』高田大介【あらすじと感想】言語学者が描く言葉のファンタジー高田大介さん『図書館の魔女 』3、4巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。本書のテーマでもある「ことば」について私が深く共感したところをふまえてレビューを書いています。...
まほり
『まほり』高田大介【あらすじ&感想】蛇の目紋と「まほり」の意味に戦慄!言語学者が描くミステリー小説高田大介さんの小説『まほり』あらすじと感想・レビューです。少しだけネタバレあります。残酷無惨な歴史、順序が入れ違う恐怖、和んだシーン、蛇の目紋 (二重丸) とタイトルの意味に戦慄したことについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA