ミステリー・サスペンス

『まほり』高田大介【あらすじ&感想】蛇の目紋と「まほり」の意味に戦慄!言語学者が描くミステリー小説

まほり
この記事に書かれていること
  • 『まほり』あらすじと感想・レビュー
  • 残酷無惨な歴史
  • 順序が入れ違う恐怖
  • 和んだシーン
  • 蛇の目紋 (二重丸) と 「まほり」 の意味に戦慄

少しだけネタバレあります。



蛇の目紋に秘められた忌まわしき因習とは

高田大介さんの小説『まほり』感想・レビューです。『図書館の魔女』シリーズを書かれている高田さんの待望のミステリー小説。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
待ってました!発売日にKindle版をゲット。

少しずつ読み始めました。読み終わるのが勿体ないような感覚。でもラストだけは一気読みでした。止まらなかったです。

『まほり』あらすじ・評価

長篇民俗学ミステリ

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
大学院で研究を続けている大学生の勝山裕。飲み会ででた都市伝説に興味をひかれる。上州の村では、二重丸が書かれた紙がいたるところに貼られているというのだ。この蛇の目紋は何を意味するのか?夏休みに飯山香織とともに調査を始めた裕。調査の過程で出会った少年から不穏な噂を聞く。その村では少女が監禁されているというのだ。代々伝わる恐るべき因習とは?そして「まほり」の意味とは?

『まほり』感想・レビュー

めちゃくちゃ面白かったです。さすがですね。本作『まほり』はミステリー。『図書館の魔女』とはまた違った雰囲気を味わえました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
こ、怖い・・・。

始終ブキミな感じが拭えません。読み終わった後に表紙を見返してみると、ゾッとするんです。

「まほり」 の意味と、そのイラストが意図するものが明らかになった今、衝撃を受けました。

史料から見える残酷無惨な歴史

史料

著者の高田大介さんは言語学者。

『図書館の魔女』を読んでいれば 濃密な言葉と重厚な雰囲気を持った小説だと推測がつきます。・・・期待を裏切りません。ミステリーでも、高田さんならではの小説だと実感しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この重厚な雰囲気がたまらなく好き。

史料を読み解くのは 大変ですね。難しく 全てを理解できないまま読んでいましたが、徐々に明らかになる歴史に背筋がヒヤリとしました。

歴史は遡ればきっと何らかの……残酷無惨に行き当たるもんですよ。

主人公の裕と香織は史料から村の歴史を遡っていきます。そこに見つけたのは思いもよらない残酷な歴史でした。

飢饉が起きて、子間引きが生じる。

今じゃ 子間引きなんて考えられないけど、昔は普通にあったことなんですよね。その出来事を史料から読み解く過程に『図書館の魔女』のマツリカを感じました。

マツリカは 語られなかった言葉からも推理を繰り広げる人です。

『まほり』は 子間引きの史実を突き止めるために、子間引きと検索をかけるのではなく、「子間引きを禁止するためのお触れが何度も出ていること」 に注目していました。

ひつじくん。
ひつじくん。
裏を返せば子間引きが普通に行われていたことが想像できるんだね。

言葉には言葉以上の意味や背景があって、面白いと同時に圧倒されました。・・・残酷無惨な歴史です。

順序が入れ違う恐怖

『まほり』を読みながら 順序が入れ違う恐怖を味わいました。少しだけ本の内容に触れます。

飢饉が繰り返し起こるとどうなるのか。歴史は本来ならこの順です。

  1. 飢饉が起こる
  2. 子間引きが生じる
  3. 返り子の不始末が起こる
  4. 巫女となる

これを繰り返します。・・・とすると、いつしか 1番初めが分からなくなってしまう。その結果 こういうことが起こりえます。

飢饉を起こさないために巫女を作る。飢饉を起こさないために作る巫女は 言わば生贄も同然。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この辺りに ゾッとしました。

繰り返されることで生じてしまう忌まわしい歴史。1度でも狂ってしまうと そのまま根付いてしまう。

これだけでも怖いのに、さらに 「まほり」 という忌まわしき因習が、上州の村で行われていたのです。

和んだシーン

『まほり』は 怖いだけじゃなくて ほのぼのと和むシーンもありました。裕と香織の仲が進展していきます。

関係各所と折衝の上、追ってお返事申し上げます

裕の言葉には 私も吹き出してしまいました。高田さんが描く登場人物が好きです。裕に香織に淳くん。

メシヤマ (香織) の大きなおにぎり、美味しそうでした。ラストのハッタリを効かせた裕は かっこよかったです。淳くん、こんな弟が欲しいと思いながら ほのぼのしてました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『図書館の魔女』が好きすぎて『まほり』にもマツリカとキリヒトの面影を探しながら読んでしまう。

・・・これはもう、しょうがないですよね。

蛇の目紋 (二重丸) と 「まほり」 の意味に戦慄

二重丸が書かれた紙がいたるところに貼られている上州の村。この蛇の目紋は何を意味するのか。

後半に全て明かされます。蛇の目紋が何を表しているのかと、「まほり」 の意味も・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
「まほり」 って人の名前かと思っていたけど 全然違った。

「まほり」 は ある儀式を指しています。忌まわしき因習です。

「まほり」 に漢字をあてると壮大なネタバレになってしまうので、ここでは書きません。言語学者の高田さんらしいタイトルです。

読み終わった後に本の表紙を見るとヒヤリとしました。そこに描かれているのは たくさんの蛇の目紋。今まで犠牲となった人々 (市子) の目紋なのかと思うと恐ろしくなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
怖いけど、読み終わったあとに再度 表紙を見てほしい。

こちらもオススメ

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...
名刺代わりの小説10選
【名刺代わりの小説10選】最高に面白い小説最高に面白い 「名刺代わりの小説10選」 を厳選しました。ぜひ 読書の参考にして下さい。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
読むならコレ!【東野圭吾おすすめ小説】ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA