ミステリー・サスペンス

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』中山七里【あらすじ&感想・レビュー】 刑法第39条とカエル男の復讐劇

この記事に書かれていること
  • 『連続殺人鬼カエル男ふたたび』あらすじと感想・レビュー
  • テーマは刑法第39条
  • カエル男の復讐劇
  • 渡瀬の鋭い推理
  • カエル男は当真勝雄なのか?
  • リンクする登場人物
  • 結末について (ネタバレ)

ネタバレあります。前作の内容にも触れますのでご注意ください。

よみがえる悪夢。

中山七里さんの小説『連続殺人鬼カエル男ふたたび』感想です。前作『連続殺人鬼カエル男』を読んでから だいぶ時間があいてしまいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もうちょっと早く読むべきだった。

前作も面白かったですが、本作も期待を裏切らず楽しめました。復讐劇です。

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』あらすじ

ふたたび起こる悪夢!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
街中を震撼させたカエル男連続猟奇殺人事件から10ヶ月。事件を担当した精神科医・御前崎教授の自宅が爆破され、粉砕・炭化した死体が出てきた。そしてあの犯行声明文が見つかる。埼玉県警の渡瀬&古手川コンビは現場に向かった。ふたたび起こる悪夢の先にあるものは―。

「カエル男ふたたび」 テーマは刑法第39条

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』テーマは 刑法第39条です。

刑法第39条
  • 心神喪失者の行為は、罰しない。
  • 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

問われるのは責任能力の有無。精神鑑定にかけられて責任能力が問えない場合は裁かれないという法律です。

前作『連続殺人鬼カエル男』でも取り上げられていました。他に 薬丸岳さんの小説でも描かれています。

殺人鬼「カエル男」の恐怖!!あらすじと感想『連続殺人鬼 カエル男』中山七里中山七里さんの小説『連続殺人鬼 カエル男』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。カエル男の恐怖、鋭い渡瀬と不死身な古手川、刑法第39条、刑罰と贖罪について書いています。...
『虚夢』薬丸岳【あらすじと感想】刑法39条に切り込んだ小説!有罪と無罪の境目とは?薬丸岳さん小説『虚夢』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。テーマ 刑法39条について、統合失調症とされた犯人についても書いています。司法制度を取り入れた小説は深く心に刺さりました。...

『カエル男』シリーズでは、御前崎教授の愛娘と孫が古沢冬樹によって惨殺されるという事件に刑法第39条が適用されています。

裁かれなかった犯人。

その事件と判決があったからこそ 「カエル男」 が登場してしまったと言えるかもしれません。

『連続殺人鬼カエル男ふたたび』感想・レビュー

前作に続き、グロい、怖い、目を背けたくなる・・・という三拍子揃いの小説。目次がこんな感じでした。

本の目次

爆ぜる、溶かす、轢く、破砕する、裁く

ひつじくん。
ひつじくん。
爆ぜる、溶かす、轢く、破砕する・・・。目次を見ただけでもグロいんだろうなと想像がつくよ。

でも面白いんです。やめ時がわからなくて、ほぼ一気読みしちゃいました。

どんでん返しもあります。七里さんの小説の魅力の1つですね。だから最後まで気が抜けない。

カエル男の復讐劇!今度はサ行

カエル男の連続猟奇殺人事件から10ヶ月、精神科医・御前崎教授の自宅が爆破されました。現場には カエル男が書いたとみられる例の紙切れが・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
そういえば、前作ではアから始まってエで終わっていたんだよね。

名前の頭文字が 「あいうえお順」 で猟奇殺人を行ったカエル男。有働さゆりは逮捕されましたが、次のターゲットは 「オ」、御前崎教授が当たったようです。

ひつじくん。
ひつじくん。
御前崎教授って、前作の黒幕だったっけ?

そうなんですよね。有働さゆりを裏で操っていたけど罪には問われなかった人です。

有働さゆりは医療刑務所に収監されています。・・・ということは、怪しいのは当真勝雄か?

やがて次の犯行が起きます。目次で言うところの 「溶かす」 です。名前の頭文字が 「さ」 の人が被害者でした。

こんどは さ からはじめよう。

カ行を飛ばしてサ行!? そのことに意味はあるのか気になりました。

渡瀬の鋭い推理

第3章 「轢く」 では 被害者・志保美純がJRの列車に轢かれます。「さ」 の次は 「し」 です。

肝心なのは、犯人がどうやって彼女が志保美純という名前だと知り得たかだ

名前と住所などが書かれているリスト (サ行の) がある事が前提で犯行が行われているのではないか。

一理ありますね。渡瀬警部の推理が 最初から最後まで鋭い。古手川刑事を初め、とても魅力的な刑事さんです。

殺人リストがないと、犯人はどうやって名前順に犯行を行っていくのか疑問が残る。問題は そのリストです。

盗まれた御前崎教授のノートに書かれているのか、それとも全く別ルートのリストなのか・・・。

カエル男は当真勝雄なのか?

カエル男が残した紙切れの筆跡が前作同様、当真勝雄の筆跡と一致しました。

カエル男は 当真勝雄なのか?

警察は 御前崎教授の爆破事件から行方をくらましている勝雄を再重要人物として追っていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
怪しいけど、カエル男は勝雄と見せかけて、実は違うんじゃ・・・。

どんでん返しの帝王・七里さんの小説ですからね。疑惑の目で読んでいました。

リンクする登場人物 (御子柴礼司) にニヤリ

七里さんの小説は ちょいちょい登場人物がリンクしています。『連続殺人鬼カエル男ふたたび』には・・・、

み、御子柴弁護士ー!!

嬉しいリンクでした。悪辣弁護士・御子柴礼司です。『贖罪の奏鳴曲』より続く御子柴礼司シリーズの主人公。

実は 少年院の頃、御子柴さんは 御前崎教授の元、有働さゆりのピアノを聞いていたのですね。御前崎教授とさゆりも、渡瀬&古手川も、御子柴シリーズに登場していたのか。(←気づくの遅し)

ひだまりさん。
ひだまりさん。
また読みたくなっちゃう。

古手川刑事、またもや危機一髪

前作もですが、古手川刑事が またもや危機一髪です。命がいくつあっても足りない・・・。

読むときのポイントをまとめました。

ポイント
  • サ行に意味はあるのか
  • 殺人のリストは存在するのか
  • カエル男は 当真勝雄なのか

最後はどんでん返しです。さすが 七里さん。

ヒヤリとしたラスト (ネタバレあり)

ラストが怖い・・・。

でも刑法第39条を隠れみのにして裁かれない古沢が このままで良いわけがないとも思ったり。

ネタバレ
  • カエル男は御前崎教授 (死んだと見せかけ、実は生きていた)
  • 動機は娘と孫を殺された事件の復讐 (狙いは刑法第39条で裁かれなかった犯人・古沢冬樹の精神鑑定をした末松医師と古沢)
  • 当真勝雄は御前崎教授に殺されていた
  • ラストは古沢冬樹を狙う有働さおりが振り上げたナイフで終わる

前作で御前崎教授に操られていた有働さおりでしたが、ここにきて本領発揮? 最後まで気が抜けない結末でした。

こちらもオススメ

殺人鬼「カエル男」の恐怖!!あらすじと感想『連続殺人鬼 カエル男』中山七里中山七里さんの小説『連続殺人鬼 カエル男』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。カエル男の恐怖、鋭い渡瀬と不死身な古手川、刑法第39条、刑罰と贖罪について書いています。...
『悪徳の輪舞曲 (ロンド)』中山七里【あらすじと感想】悪辣弁護士・御子柴礼司シリーズ4中山七里さんの小説『悪徳の輪舞曲』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。悪辣弁護士・御子柴礼司、母は殺人者なのか?疑惑と結末についても書いています。...
『セイレーンの懺悔』中山七里【あらすじと感想】マスコミと裁かれない罪中山七里さんの小説『セイレーンの懺悔』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。テーマ「マスコミ」、女子高生誘拐事件、「知ること」と「伝えること」、裁けない罪について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA