経済・警察小説

同期シリーズ完結!!『変幻』今野敏【あらすじと感想】同期の絆を感じた小説。

たとえいなくなっても俺たちは同期だ―。

今野敏さん『変幻』。
『同期』『欠落』に続きシリーズ3作目にて完結です。やはり今野さんの警察小説は面白いですね。ハズレがない。珍しく1日で読んでしまいました。

『変幻』あらすじ

同期シリーズ完結!!

『変幻』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
宇田川刑事の同期、大石が姿を消した。心配になった宇田川は、彼女の行方を追うのだが・・・。

安定の面白さ。このシリーズに限らず、今野敏さんの小説は登場人物が良いんです。今回も楽しく読みました。

『変幻』感想

ひだまりさん。
ひだまりさん。
好きなんですよね、同期シリーズ。

今野さんの小説ってシリーズものが多い気がします。登場人物に魅力があって、1冊読むと必ず続きを読みたくなってしまうんです。全部読んでいるわけではないのですが、彼の警察小説は ほぼ間違いなく面白いです。

警視庁捜査一課・碓氷弘一シリーズ、倉島警部補シリーズ、隠蔽捜査シリーズ、石神達彦シリーズ、安積班シリーズ・・・。まだまだあります。

本作『同期』シリーズにおいては、3作品すべて読みました (*^^*) 前作からかなり間があいていたのですが、植松さんや土岐さんが出てきたあたりからニンマリ微笑んでしまいました。

同期の絆

『変幻』は、同期の刑事たちが出てきます。

主人公の宇田川彼の同期で 元 (?) 公安の蘇我と特殊班の大石彼の先輩の植松と、植松の同期の土岐

ひだまりさん。は 中途採用だったので、同期、いないんです。・・・だから羨ましいなと思いつつ読んでいました。仲間でいて、良きライバル。やっぱり特別なものですよね。彼らの絆みたいなものを感じました。

宇田川の同期である蘇我や大石さん、二人ともキャラが個性的で好きです。

それから植松&土岐も良い味だしています。今回は彼らに加え、また個性的なキャラの荒川、日野、そして臨海署の相楽係長も登場します。(←この人、どっかで読んだことあるなと思っていたら、安積班シリーズに出てきましたね)

特殊班で消息を絶った女

公安を辞めさせられた男。
特殊班で消息を絶った女。

こちらは帯に書かれていた言葉です。
公安を辞めさせられた男・・・というのは蘇我。(彼については『同期』を読むと良いと思います。)
そして 特殊班で消息を絶った女・・・というのが大石さんです。

今回は 潜入捜査をしていた大石さんを救出するために宇田川たちが紛争するお話でした。宇田川が捜査していた殺人事件と、消息を絶った彼女の繋がりが見えてきて・・・。

彼女は無事なのか?殺人事件との繋がりは・・・?

ドキドキしながら読み進めました。

毎度おなじみの名シーン

このシリーズでは 毎度おなじみの名シーンがあるんです。

今回もありました (*^^*) 宇田川が啖呵を切るシーン。・・・読んでいるとスカッとするんですよね。

・・・今回は厚労省にたてついていました ^_^; 彼の言葉に仲間との絆を感じます。同期シリーズの醍醐味です。

このあと、田端課長が宇田川に言った言葉にクスっと笑ってしまいました。

「おまえ、相変わらずだな。懲戒とか、怖くないのか」 (中略) 「出世するか、いつかクビになるかのどっちかだな……」

おっしゃるとおり。
いまいちキャラが薄い主人公ですが、この啖呵が良い持ち味になっています。・・・面白いな、同期シリーズ。

また会いたい、彼らに・・・

公安を辞めさせられた蘇我。消息を絶った大石。最後に宇田川が蘇我に言ったひとことが心に残りました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私もまた会いたいです、彼らに・・・。

このシリーズ終わりなんだなと思うと、感慨深いものがあります。・・・どこかに登場させてほしいな。名残惜しいけど満足の1冊でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA