ミステリー・サスペンス

『去就』あらすじ・ネタバレ感想文|隠蔽捜査6 大森署長、竜崎伸也|今野敏

この記事に書かれていること
  • 『去就』あらすじと感想文
  • 隠蔽捜査シリーズの魅力
  • 警察官僚と父親としての決断
  • 注目した人物・戸高善信
  • ストーカー事件の裏に隠された真実

少しだけネタバレあります

竜崎伸也、まさかの処分!?

今野敏さんの小説、隠蔽捜査6『去就』感想です。隠蔽捜査シリーズはドラマ化もされていますね。杉本哲太さん&古田新太さんのコンビで。事件が佳境に入る時は胸が熱くなります。

隠蔽捜査6『去就』は、2時間枠でドラマ化されました。おなじみ杉本哲太さん&古田新太さんのコンビ。

今野敏さん「隠蔽捜査1」は、連ドラになる前に2時間枠でドラマ化されていました。その時の配役が陣内孝則さんと柳葉敏郎さんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
小説を読んでいると竜崎は陣内孝則さん、伊丹は柳葉敏郎さんを連想する。

隠蔽捜査シリーズ6『去就』あらすじ

竜崎伸也、またもや処分!?

あらすじ

大森署管内で女性が姿を消した。その後、交際相手とみられる男が殺害される。容疑者はストーカーで猟銃所持の可能性が高く、対象女性を連れて逃走しているという。指揮を執る署長・竜崎伸也は的確な指示を出し、謎を解明してゆく。だが、ノンキャリアの弓削方面本部長が何かと横槍を入れてくる。やがて竜崎のある命令が警視庁内で問われる事態に・・・。

隠蔽捜査シリーズの魅力

シリーズの魅力はなんと言っても 大森署長・竜崎伸也のキャラにあります。警察官僚、いわゆるキャリア組。たてまえを嫌い大真面目に本音を言う彼がカッコイイんですよね。

どこにいても国のために全力を尽くす。

サラリと大きなことを言っているけど、もちろん本音です。決して建前ではありません。

ひつじくん。
ひつじくん。
そんな竜崎に好感が持てるんだ。

1冊目『隠蔽捜査』で警察庁長官官房総務課長だった彼は、息子の不祥事により左遷され大森署長になりました。

何事も合理的に進めようとする主人公は周りから「変人」と言われる人物。それでも竜崎の仕事に対しての姿勢は揺るぎません。

シリーズ6ともなると、竜崎の良さを周りも分かってくれていて仲間意識を感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
やっぱり良いなぁ、このキャラ。今回も全くブレていなかった。

同期で幼馴染みの刑事部長・伊丹俊太郎とのやり取りも面白く、気づくと時間を忘れて一気読みです。やっぱり私は陣内さん&柳葉さんコンビを連想してしまうけど。

『去就』ネタバレ感想文|隠蔽捜査シリーズ6

私の大好きな隠蔽捜査シリーズ。今回も竜崎伸也のキャラが際立っていました。

『去就』では 大森署管轄内でストーカー事件が起こります。

今野敏さんの警察モノって、事件が大詰めを迎えるときにいつも胸が熱くなるんですよね。臨場感を一緒に味わえるのが面白い。

ひつじくん。
ひつじくん。
ドキドキだったよ。

警察官僚と父親としての決断

署長としての竜崎、父親としての竜崎。彼がどのように行動して決断をするのか注目。

ストーカーから始まり、それが殺人、誘拐へと発展していく。時を同じくして娘の美紀にもストーカーの影が・・・。

警察官僚で1人の父親として娘のために取った彼の行動が素晴らしかったです。竜崎ならではの思いやりに心が温まりました。

注目した人物・戸高善信

戸高善信が大活躍します。シリーズ6で今さらだけど、良い味だしてるキャラですね。

「ストーカー対策チーム」に戸高が加わり、newキャラ・根岸紅美とともに事件解決へ。

竜崎は根岸のサポートを彼に頼むのだけど、面倒くさがると思っていたのにそうでもないらしい。勤務態度も悪く、決して褒められるタイプには見えない戸高は、実は相棒想いのキャラでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
刑事としてのカンも鋭く意外と人望もある。

竜崎が大森署長として赴任してきた頃は衝突していたけど、次第に竜崎に好感を持つのが面白い。竜崎も戸高のことを高く評価していました。

2人の信頼関係は読んでいて気持ちが良かったです。

ストーカー事件の裏に隠された真実

ストーカー事件の裏には隠された真実がありました。戸高&根岸ペア大活躍。

ただのストーカー事件では終わらないんです。「なんかしっくりこない」謎が描かれていました。

ここに注目
  • Uターンした車
  • 猟銃を持って逃走しているのに、殺人になぜナイフを使ったのか
  • 呼びつけた場所
ひつじくん。
ひつじくん。
ウラがあるなと勘ぐりたくなるね。

正直、ちょっと物足りない展開ではありました。隠蔽捜査シリーズの、ある事件に似た感じに仕上がっているからかな。

竜崎伸也、またもや処分!?

竜崎伸也、またもや処分!?

・・・って帯に書いてあるんです。気になるじゃないですか。イヤ、読む前から1番気になっていたのはそこです。

ほんとうに彼は処分されてしまうのか?

あることで方面本部長の弓削と衝突する竜崎。このシリーズで衝突はお馴染み、もはや醍醐味ですね。特別監察を受けることに・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
まさか、また左遷!?

読み終わってから早くも続きが読みたくなる展開でした。これは今から次作が楽しみです。

隠蔽捜査7『棲月』あらすじ・ネタバレ感想文|竜崎伸也vsルナリアン|今野敏 竜崎伸也、大森署最後の事件!? 隠蔽捜査シリーズ7『棲月』感想です。今野敏さんの警察小説は いつも一気読み。時間をかけな...
隠蔽捜査8『清明』あらすじ&感想|ブレない竜崎、大森署から神奈川県警へ|今野敏隠蔽捜査8『清明』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。神奈川県警刑事部長に出世した竜崎のブレない安定感、人の使い方、タイトルの意味について書いています。...
同期シリーズ完結!!『変幻』今野敏【あらすじと感想】同期の絆を感じた小説。今野敏さんの小説『変幻』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。同期の絆、特殊班で消息を絶った女、おなじみの名シーンについて書いています。...
こちらは読んだ?