ミステリー・サスペンス

隠蔽捜査7『棲月』今野敏【あらすじと感想】竜崎伸也 VS ルナリアン

この記事に書かれていること
  • 今野敏さんの小説 隠蔽捜査シリーズ7『棲月』あらすじと感想
  • 大森署最後の事件
  • 上司に公務執行妨害罪適用
  • ネットのカリスマ・ルナリアン

少しだけネタバレあります

竜崎伸也、大森署最後の事件!?

隠蔽捜査シリーズ7『棲月』感想です。今野敏さんの警察小説は いつも一気読みしてしまいます。時間をかけながら楽しみたいと思うのですが、止まらなくなるんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
今回もブレてません、竜崎伸也。

隠蔽捜査シリーズ7『棲月』評価&あらすじ

竜崎伸也、大森署最後の事件!?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
鉄道と銀行でシステム障害。さらに殺人事件が起こった。竜崎は捜査員に指示を出すが・・・。

おなじみ隠蔽捜査シリーズ7。ブレないなぁ・・・、竜崎さん。評価は甘めです。初回ほどのインパクトには欠けますが読みやすい。最後はジーンとします。

隠蔽捜査シリーズ7『棲月』感想

若干マンネリ化しつつあるけど、読まずにはいられないんです。そして読み始めると止まらなくなる。一気読みでした。

前作『去就』のレビューでも書きましたが、竜崎→陣内さん、伊丹→柳葉さんを連想しました。(2時間枠ドラマの影響) いつも彼らのイメージで読んでいます。伊丹さんと竜崎さんの絡みも微笑ましい。

・・・イイなぁ、この2人。

大森署最後の事件!?

竜崎伸也、大森署最後の事件!?

帯に書いてある通り大森署での最後の事件となります。・・・確か『去就』では 竜崎さんの異動を匂わせながら終わったんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
キャリアに異動はつきものだけど、次はどこへ?

いつもうろたえない主人公ですが、今回は動揺している様子が描かれていて新鮮でした。大森署を離れたくないと戸惑う竜崎。

大森署、素敵な人たちがいますからね。戸高さんや根岸さんなど・・・。シリーズはこれからも続くと思いますが、彼らが登場しなくなるのかなと思うと寂しくなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
今後も ぜひ登場させてほしい。

今野敏さんの描くキャラは最強ですね。人間味が感じられて愛着が持てる。・・・上手いです。

大森署での最後の事件は サイバー犯罪と殺人事件でした。どこに異動になるのかは読んでのお楽しみということで。

上司に公務執行妨害罪適用!?

今回はサイバー犯罪と殺人事件です。

鉄道と銀行でシステム障害、そして殺人事件が起こります。・・・鉄道と銀行のシステムがダウンする。今どきの犯罪って感じですね。

竜崎は 大森署の管轄じゃないのに捜査員を派遣します。それで一波乱・・・。

弓削方面本部長の指示で来た野間崎管理官に言い放ったひとことが可笑しくてクスッと笑ってしまいました。

「では、帰って伝えてくれ。捜査を妨害すると、公務執行妨害罪を適用すると」

ひだまりさん。
ひだまりさん。
えぇっ!上司に公務執行妨害罪適用!?

さすが 竜崎さん(笑)。上司 (本部長) だろうが何だろうがお構いなしの彼がホントに面白い。

ネットのカリスマ “ルナリアン”

サイバー犯罪と殺人事件。2つの事件は繋がるんだろうなとワクワクしながら読んでいました。

少年が関わっているから根岸さんの登場です。前作『去就』で ペアを組んだ根岸&戸高。今回も大活躍でした。犯人はルナリアンなる人物のようです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ルナリアン・・・?

一瞬、ホーガンの『星を継ぐもの』が思い浮かびました。本作とは何も関係はありませんが、ルナリアン繋がりで。

『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン【あらすじと感想】ルナリアンとミネルヴァの行方ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。チャーリー、月の裏側、月はどうやってできたのか、ガニメアン発見で深まる謎について書いています。...

『棲月』で描かれているのは ネットのカリスマ的な存在 (ハッカー) ですが、少年たちから恐れられています。

ひつじくん。
ひつじくん。
ネットの世界って特殊だよね。

思いもよらず炎上したり、噂が一人歩きしたり・・・。

私もブログや Twitter をやっていますが、怖い世界だなと思います。でも便利で楽しい部分もあるから、それがなくなったら困る。

ルナリアンなる人物は存在するのか?

Web上での人物なので存在するのか定かではありません。竜崎は ルナリアンの正体を突き止めようとするのですが・・・。

ジーンとするラスト

ラストはジーンとしました。

竜崎が大森署を立ち去るシーンです。良い仲間に慕われて支えられていたんだなと・・・。

初回から読み続けている隠蔽捜査シリーズ。降格人事で所轄の署長になったけど、本作『棲月』は 主人公の成長を感じる1冊でした。

次は新キャラも登場しそうで、今から楽しみです。今回もNEWキャラ (?) サイバー犯罪対策課に駆り出された田鶴さんが良い味だしていました。

また登場するかな?

こちらもオススメ

『去就』今野敏 / 隠蔽捜査6 あらすじと感想 /大森署長、竜崎伸也の決断今野敏さんの小説、隠蔽捜査シリーズ6『去就』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。シリーズの魅力、竜崎の決断、注目した人物・戸高善信、ストーカー事件の裏に隠された真実について書いています。...
『マインド』今野敏【あらすじと感想】碓氷弘一シリーズ6 / 白熱の心理戦今野敏さんの小説『マインド』あらすじと感想です。碓氷弘一シリーズ6作目。少しだけネタバレあります。登場人物の「カッコよさ」の秘密、マインドコントロールの恐怖、白熱のラストについて書いています。...
同期シリーズ完結!!『変幻』今野敏【あらすじと感想】同期の絆を感じた小説。今野敏さんの小説『変幻』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。同期の絆、特殊班で消息を絶った女、おなじみの名シーンについて書いています。...
『遠い国のアリス』今野敏 / 甘く切ないパラレルワールドの恋今野敏さんの小説『遠い国のアリス』―時空を駈けぬける旅人― あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。パラレルワールド、SF小説の魅力、切ない恋心について書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA