スキマ時間に・・・

『超たぬき理論』(怪笑小説) 東野圭吾【あらすじと感想】タヌキに情熱を捧げた男

UFOは文福茶釜!?

東野圭吾さん『超たぬき理論』(怪笑小説より)
怪笑小説の中で、私が一番好きなお話です。タヌキに情熱を捧げた一人の男の物語。

少しだけネタバレあります。

『超たぬき理論』あらすじ

東野圭吾さん、短編集!!

『怪笑小説』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「タヌキには超能力がある!UFOの正体は文福茶釜である!」という説に命をかける男の話。

『超たぬき理論』感想

東野圭吾さんの短編『超たぬき理論』。とても面白くて、東野さんは天才!と思わずにはいられない物語です。

くだらないけど笑える

この物語はくだらないけど笑えるんです。何がくだらないかと言うと、タヌキが空を飛んだり最後にはUFO=タヌキになったりします。

えっ!? たぬきが空を飛ぶわけがないでしょ。何でUFOがタヌキなの!?

常識的に考えればそんなこと有り得ないです。でもこの物語を読んでいると、超能力説やユーフォー説はナシではないかも・・・と思ってしまう。バカバカしいけど、その一言で終われない面白さがあるんです。

超能力説と文福茶釜

主人公、空山一平は、田舎である動物と出会います。冷蔵庫の陰に隠れていて姿は見えないのですが、彼はタヌキに違いないと思い込む。その動物は空を飛んで逃げてしまうのです。

あくまでタヌキだと思い込んでいる一平。ここで、たぬき=空を飛ぶ、が彼の中で成り立ってしまいます。

たぬきは何にでも化ける → きっと空を飛ぶ何かに化けたに違いない!

ずいぶん都合の良い仮説です。思い込みって恐ろしい。一平の心を捉えたのは文福茶釜の物語です。

文福茶釜 (ぶんぷくちゃがま) とは日本で語り継がれている昔話です。狸が茶釜に化けたり綱渡りをしたりして恩返しをするお話。

文福茶釜の綱渡り。空を飛ぶ狸とイメージが近いと思った一平は、ある結論に達します。

タヌキには超能力がある!

ええっ!?読みながらに笑ってしまいました。なぜ、そうなる?彼の暴走はまだ始まったばかり。ここから凄い展開になっていきます。

UFO説

空を飛ぶ説を考えた一平ですが、ふと思います。空を飛ぶタヌキを目撃した人、もっといてもいいのに・・・と。

確かに、そうかも・・・。

そしてある事に思い至ります。目撃はされていたけどそれが狸だとは分からなかっただけ、という事に。出ました、UFO説です!

アダムスキー型UFOは、文福茶釜にそっくりではないか。

間違いない。UFOは文福茶釜だ!

なんじゃそりゃ。すごいこじつけのような気もしますが (笑) 彼は至って自信満々です。

常識が覆される瞬間

彼のこじつけは、まだまだ止まりません。思わず、ぷっと笑ってしまったものがありました。

UFOは「旋回」や「回転」をします。英語で「TURN」です。狸は英語で「RACOON DOG」。「RACOON」とはアライグマの意味で、単に「COON」ともいうようです。

彼は思いつきます。

「TURNING COON 」(旋回するアライグマ) を早口で発音すると・・・、「タヌキ」に限りなく近い!!

凄いこじつけ。バカバカしいけど妙に説得力があって、あながち間違っていないかも・・・と思ってしまう。

UFOって文福茶釜なのかしら?東野圭吾さんって凄いなぁ。

バカに出来ない理論

まだまだ超理論は続きます。全部書くとすごく長くなってしまうので、この辺で止めておきます。最後には、主人公が田舎で出会った動物が明らかになるかもしれません。

この理論は、一見くだらないのです。でもちゃんと筋が通っている。

そして、ここまでこじつけた東野圭吾さんに頭が下がります。作者の手腕と発想力、そして頭の良さを感じた作品でした。この短編すごいです。

怪笑小説より。こちらのレビューもどうぞ。

『あるジーサンに線香を』

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA