ミステリー・サスペンス

『いなくなった私へ』辻堂 ゆめ【あらすじと感想】今を生きる

突然だれにも認識してもらえなくなったとしたら―

辻堂ゆめさん『いなくなった私へ』
今までに読んだことがないような新しい設定で繰り広げられるミステリーでした。先が気になり読むのが止まらなかったです。

『いなくなった私へ』あらすじ

第13回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作

『いなくなった私へ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ある日突然、誰にも自分と認識されなくなった梨乃。どうやら自分は自殺したらしい。真相を探る彼女の元に現れたのは・・・。

『いなくなった私へ』感想

この物語は、いくつもの不思議にあふれています。上条梨乃は目を覚ますとゴミ捨て場にいて、素顔をさらしているのに周囲の人間から認識されなくなっていました。

斬新なミステリー

まず始めに体験する不思議

だれも私の顔を認識してくれなくなった―。

自分はちゃんと存在しているのに、周りの人が自分だと分かってくれない・・・。幽霊のように透けているわけでもありません。1人の人間として認識してもらえるのに上条梨乃 本人としては見えていないのです。

斬新な設定ですね。

なぜだろう?どうしちゃったんだろう?・・・と理由が知りたくて読むのをやめられませんでした。主人公と同様に恐怖がジワジワとわき上がってきます。

「わたし」という存在が不確かな恐怖。

周囲の人に認識されないということは考えただけでもゾッとします。私の存在意義がなくなってしまうような気持ちになる。設定が新鮮で面白かったです。そんな彼女を梨乃だと分かってくれる人がいました。

佐伯優斗、色白で軽音楽をやっている優しい青年でした。

また不思議な感覚になります。なぜ優斗には認識できるのか? 後に登場する少年、樹も彼女を認識できるのはなぜ? 本の中に登場する「輪廻の泉」が深く関わっていました。

輪廻転生

死んでも魂は何度も生まれかわる。

『いなくなった私へ』の主人公、梨乃の状況を説明してくれそうな言葉ですね。実際「輪廻」という言葉がキーワードになっています。少しSFやオカルトな雰囲気を持ちあわせた小説。想像をめぐらせてしまいました。

ちょっと怖いイメージがあります。でも好きな人とまた来世で会えるかもしれないと思うと、ちょっぴりロマンチックですね。

優しい気持ちになれる

怖さの他にたくさんの優しさが含まれています。所々に散りばめられていてジーンとしてしまいました。

優斗の優しさだったり、梨乃の気持ちだったり、樹の想いだったり・・・。ラストも明るく、読み終わった後の心地がよかったです。ただ梨乃や樹の戸籍などはどうなるんだろう・・・と現実的なことが気になってしまいました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. woodship より:

    こんにちわ

    とても話の展開が気になる本ですね。
    ミステリー作品だということは
    わかるのですが、
    やさしさが散りばめられているということで
    さらに展開が想像できません。

    ぜひ手に取ってみようと思います。

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちわ。ありがとうございます (*^_^*)
    今まで読んだことがないような設定で、面白かったです。
    ミステリーの怖さはもちろんありますが、この本に出てくる登場人物たちがみんないい人で優しいんです。
    そのキャラクターたちの人を思いやる気持ちが伝わり、涙が滲んでしまいます。
    最後は爽やかな気持ちになれますよ (*´︶`*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA