ミステリー・サスペンス

『ルビンの壺が割れた』宿野かほる【あらすじと感想】賛否両論!?ある意味凄すぎた小説

ネット上で賛否両論の渦を巻き起こした・・・?

宿野かほるさん『ルビンの壺が割れた』

・・・騙された。

ひだまりさん。は 普段は三省堂で本を買っているのですが、この本の上にデカデカとPOPがついていて書店員さんの絶賛の声が書いてありました。そんなに面白いの? と思い、読んでみることにしました。

今日のレビューは ネタバレは避けますが、酷評しかありませんので悪しからず。

『ルビンの壺が割れた』あらすじ

SNSの恐怖!!

『ルビンの壺が割れた』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
かつての恋人・美帆子にメッセージを送った水谷一馬。結婚式当日に失踪した彼女を思い、メールのやりとりを繰り返すが、思いもかけない事実が明らかになり・・・。

『ルビンの壺が割れた』感想

この帯を見たらみんな読んでみたくなるでしょう。帯にはこんな一文が・・・。

この小説、凄すぎてコピーが書けません。とにかく読んでみてください!

帯に書いてある通り、とにかく読んでみました。そして絶句。・・・私はこの本が¥1000で出版されたことに凄さを感じます。Twitterで全文を公開してキャッチコピーを募集していたようですね。知らなかったわ。買う前に出会いたかった。

確かに、賛否両論かも・・・

読んで一番に思ったことは、騙された!! ・・・ということです。

残念ながら、トリックやどんでん返しにという意味ではありません。帯に。

160ページくらいしかないので、1~2時間ほどで読めてしまいます。でもお金を払ってまで読むものではないですね。全く心に響かないし、不快感しか残らない。これで¥1000 は高すぎる。

レビューを調べてみたら、ぱっくり評価が割れていました。

Amazonのレビューでは割と低め。でもTwitterでは絶賛する人が多いんですよね。・・・全くわからない。たしかに賛否両論です。でもこれだけは言えます。

明らかにPOPは煽りすぎでしょ。

SNSの恐怖

読みやすいと言えば読みやすい。スラスラと読めるし、どんな展開になるのか不思議だったので最後まで読み切ることができました。

特徴的なのは、全てが Facebook のやりとりだけで進んでいくこと。

メッセージのやりとりです。だから視点はあくまで2人、水谷一馬とかつての恋人・美帆子の視点となっています。

Facebook ってたいがい実名でやるものだから、私なんかは少し怖くて始められないのですが。

ツイッターやブログはやっているけど フェイスブックはやっていません。・・・こんなふうに昔の恋人にまで特定されてしまうかもしれないのですね。ここに恐怖を感じました。

そして表情が見えないから、読んでいると不気味な感じがしてきます。結末のどんでん返しが唐突すぎて、ちょっと不自然に感じましたが、SNSだけのやりとりだからこういう展開もありなのかな。便利だけど少し怖い。

リアル感ゼロ

最初の方は面白かった・・・というか期待しながら読んでいました。

これからどんな展開になるの?と。でも2人の視点でしか描かれていないから、回りくどいというか。終いには主人公の男、なんだかキモいと思い始める始末。

最後に、なぜ今になって美帆子にメールをしたのかという一馬の意図が明らかになります。・・・でもキモさが増すだけでした。美帆子は美帆子で、あんなふうに昔を懐かしみながらメールのやり取りができるものなのかと。

リアル感ゼロ。
・・・全く登場人物に感情移入できないし、ストーリーも嫌悪感しか残らなかったです。

きわめつけは最後の1文

一応、どんでん返し (?) 的なものはあるので、これは最後に読んだ方が良いかと思います。でもこの一文、いる?・・・この部分だけ浮いているような気がするのは私だけかしら。

こりゃ ないわ。

全部読み終わってガックリきました。・・・残念ですが、私には合わなかったです。

おすすめはしませんが・・・

おすすめはしませんが、気になる人はぜひ読んでみてください。書店員さん大絶賛のレビュー (ほんとに?) に目を疑ってしまいます。でも本を売る戦略としては成功しているのかな。こういう売り方、どうかと思うけど。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA