ホラー・オカルト

『黒い家』貴志祐介【あらすじと感想】サイコパスの恐怖。人はどこまで悪になれるのか

この記事に書かれていること
  • 貴志祐介さんの小説『黒い家』あらすじと感想
  • 限りなく黒に近い自殺
  • 世の中で1番恐ろしいもの
  • 人間の心を持たない情性欠如者

少しだけネタバレあります。

人はここまで悪になりきれるのか。

貴志祐介さんの小説『黒い家』感想です。めちゃくちゃ怖い・・・。なんて言うんだろう、人間の怖さを感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
色で例えるなら『黒い家』というタイトル通りのダークな黒です。どこまでも底なしの・・・。

『黒い家』あらすじ

恐怖の連続、桁外れのサスペンス。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
生命保険会社で働く若槻慎二は、ひょんなことから顧客の独自調査にのりだす。その先に待ち受けていたのは、信じがたい悪夢だった・・・。

『黒い家』感想

初めは怖くないんです。「なんだ、全然こわくないじゃん」と油断していると、静かーにじわじわとやってきます。

世の中で1番恐ろしいのは、幽霊でも虫でもありません。人間です!!・・・ということを思い知りました。

限りなく黒に近い自殺

ハラハラドキドキの展開!!

中盤から後半にかけては本当に怖かったです。とくに、最後の方はハラハラしました。保険会社に勤める若槻の視点で物語は進んでいきます。

ある家で子供が首吊り自殺をしました。父親の菰田重徳と一緒に第一発見者になってしまった若槻。

子供は自殺なのか、それとも他殺なのか?

父親を疑う主人公ですが、それには彼の不審な行動がありました。菰田重徳が怪しい。心象は真っ黒なのに、結局 自殺ということになってしまいます。彼にはアリバイが・・・。

警察の見解に納得できない主人公は独自に調べ始めます。これから迫りくる恐怖の始まりでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
貴志さんは保険会社で働いていた経歴をお持ちなんですね。

仕事内容や裏事情などが詳細に描かれていました。死因にちょっとでも怪しいところがあると調査する。多額の保険金を支払うわけだから 調査も綿密になるわけです。

ひつじくん。
ひつじくん。
警察と同じように人の死や犯罪などが身近に存在する職業だね。

世の中で1番恐ろしいのは・・・

サイコパスの恐怖

『黒い家』で描かれているのは サイコパスと化した人間です。良心や善意を持たない人のこと。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
サイコパスって、実際にいるの?

菰田夫妻が暮らす家。まさに「黒い家」です。若槻が経験したことは 仕事の上で巻き込まれたとは言え、不運・・・と一言で片付けるのは可哀想。

こんな事がしょっちゅうあったら、命が何個あっても足りません。(しょっちゅうあったら困るけど)

毎日のように若槻を訪ねてくる菰田重徳。やがて無言電話が入るようになります。精神的にも肉体的にも参っていく若槻の描写は 神経がすり減っていく気分になりました。

人間の心を持たない情性欠如者

過去に起きた事件が頭をよぎりました。

神戸で起こった少年Aの事件や「人を殺して解剖したかった」と語った長崎の事件。とうてい理解しがたい理由で犯行に至っています。

「人間らしい心」をまったく持たない人間。

『黒い家』では それが極端に描かれていました。残酷な事件がおこると理解に苦しみますが、彼らのような人って、サイコパス?と思わずにはいられません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
そもそも「人間らしい心」って何?

同情、羞恥心、良心・・・。人の痛みがわからない人って、それらの感情が抜け落ちている情性欠如者?

凶悪な事件が起こる度に、彼らの心の中はいったいどうなっているんだろうと考えます。

貴志さんの『黒い家』は、人の心を持たないサイコパスの描写が怖いんです。登場人物のうち誰がサイコパスなのか。ぜひ本を読んで確かめて見てください。

納得のホラー小説大賞大賞受賞作

貴志さんの本を何冊か読み続けていますが、どれも読み応えがありますね。今回の『黒い家』も。納得のホラー小説大賞大賞受賞作です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ホラー小説にも少しずつ免疫力がついてきました。

サイコパスもの。

貴志祐介『悪の教典 上下』あらすじと感想/背筋まで凍りつくサイコパスの恐怖貴志祐介さんの小説『悪の教典 上下』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。もしも学校の先生がサイコパスだったら、弱肉強食の世界、『悪の教典』の面白さ、フギンとムニンについて書いています。...
『スケルトン・キー』道尾秀介【あらすじと感想】切ないサイコパス道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...

こちらもオススメ

【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
『クリムゾンの迷宮』貴志祐介【あらすじと感想】生き残りを賭けたゼロサムゲーム貴志祐介さん『クリムゾンの迷宮』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。過酷なゼロサムゲームはホラー感があってハラハラしました。ロールプレイングゲームをやっているかのような面白さもありました。...
貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA