ホラー・オカルト

『地球星人』村田沙耶香【あらすじと感想】常識を破壊するポハピピンポボピア星人

この記事に書かれていること
  • 村田沙耶香さんの小説『地球星人』あらすじと感想
  • 魔法少女・奈月
  • 世界のしくみ
  • 人間工場
  • 常識ってなに?
  • 常識が破壊されるラスト

少しだけネタバレあります。

常識が破壊されるラスト!!

村田沙耶香さんの小説『地球星人』感想です。村田さんの小説は初めて読みました。途中から読むのを止められなくなりました。これは すごい本です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
衝撃作。

『地球星人』あらすじ

常識を破壊する衝撃のラスト!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
奈月は 地球星人が作りあげた世界に馴染めずにいた。ここでは 若い女は恋愛をするのが当たり前。それができない人は 恋に近い行為をやらされる。やがて彼女は結婚をするのだが・・・。

『地球星人』感想

すごい本を読んでしまった!常識が破壊されます。何が常識で何がそうじゃないのか、わからなくなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ポハピピンポボピア星人の気持ちもわかるけど、私はなりきれない。

少しの間 放心していました。ラストはホラー。ポハピピンポボピア星人に感情移入していましたが、一気に目が覚めました。この展開は衝撃すぎる。

魔法少女・奈月

主人公・奈月は魔法少女

奈月は自分のことを魔法少女と思い込んでいました。

塾の伊賀崎先生にいたずらをされたり、家族に辛く当たられたり、奈月が可哀想になりました。そんな中で自分が魔法少女だと思い込むのもムリはないかなと。

前半は小学生時代が、中盤からは結婚をして30代の奈月が描かれています。

奈月のいとこ・由宇くん (自分のことをポハピピンポボピア星人だと思っている) との約束に胸が痛みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
なにがあっても生きのびる。彼女たちにとって地球はそんなに生きづらい世界なんだね。

世界のしくみ

村田さんが描く世界観がハンパない。

奈月と彼女の夫と由宇は、地球星人が作りあげた世界に馴染めずにいました。ポハピピンポボピア星人からみた世界の仕組みについて書かれています。

恋ができない人は、恋に近い行為をやらされる。

恋をするのも結婚するのも、ごく自然なことです。地球星人が繁殖するために作りあげた仕組みと言われると、そうかも・・・と思ってしまいますが。

世界は人間工場

奈月の結婚には愛が存在しませんでした。

手も繋がない。繁殖するために作られた世界のしくみから逃れるための結婚です。

世界は工場で、自分は宇宙人

『工場』とは この世界です。そこで暮らす地球星人は部品。

宇宙人の視点は凄まじいです。村田さんが描く世界観に引き込まれました。常識が通用しない。・・・でもこれはまだ序の口なんですよね。後半、本当に常識が破壊されます。

常識ってなに?

切なくなった瞬間があります。

愛がなくてもうまくいっていた結婚生活が破綻するときです。ほっといてくれれば良いのに、周りはほっといてくれない。

地球で暮らすからには 地球星人が作りあげたシステムからは逃れられないのかなと哀しくなりました。周りがこぞって 「仲良し」 と言うのには鳥肌がたちます。

そういえば 江國香織さんの『きらきらひかる』も 周りによって幸せが壊されるんですよね。

『きらきらひかる』江國香織【あらすじと感想】銀のライオンと純度100%の愛江國香織さんの小説『きらきらひかる』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。危うい結婚生活と純粋な愛、銀のライオンについても書いています。...

ひと味違う夫婦のお話です。妻と夫と夫の恋人がおりなす日常を描いた物語。こちらも周りによって幸せなときが壊される。

『きらきらひかる』も『地球星人』も、世間一般からはズレている夫婦が描かれています。世間では常識なことが彼らには非常識で、彼らの常識が世間では非常識。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
いったい常識って何なの? と思います。

常識が破壊されるラスト

ラストは常識が破壊されます。

ポハピピンポボピア星人は、地球星人が作りあげた常識を捨てました。

赤ちゃんの視点になって行動する感じですかね。一切の常識を捨てるとこうなるのか・・・。

ここまでくるとクレイジーですね、ポハピピンポボピア星人。(←未だに早口で言えない、ポハピピンポボピアって・・・) 村田ワールドにギョッとしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私は地球星人のままでいいや。

ホラー感満載だけど かなりのヒット作。村田さんの他の本も読んでみたくなりました。『地球星人』おすすめです。ぜひ、村田ワールドを味わってみてください。

こちらもオススメ

コンビニ人間
『コンビニ人間』村田沙耶香【あらすじ&感想】普通であり続ける必要なんてない!面白くて怖い衝撃作村田沙耶香さんの小説『コンビニ人間』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。普通や常識から外れている主人公、普通が逆転した瞬間、結末と連想した3つの言葉について書いています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA