ミステリー・サスペンス

『コンビニ人間』村田沙耶香【あらすじ&感想】普通であり続ける必要なんてない!面白くて怖い衝撃作

コンビニ人間
この記事に書かれていること
  • 村田沙耶香さんの小説『コンビニ人間』あらすじと感想
  • 「普通」 や 「常識」 から外れている主人公
  • 世間一般の 「普通」 や 「常識」 は多数決で決まる
  • 「普通」 が逆転した瞬間
  • 結末と連想した3つの言葉

少しだけネタバレあります。

「普通」 って何?

村田沙耶香さんの小説『コンビニ人間』感想です。けっこうダークなお話ですね。ほのぼのとした物語を想像していたので、ヒヤリとする怖さに背筋が伸びました。

「普通」 って何かを考えたくなる1冊です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
それにしても『コンビニ人間』というタイトル、しっくりくる。

ほんとにピッタリでインパクトあります。上手いなと思いました。

『コンビニ人間』簡単なあらすじ

第155回芥川賞受賞作

『コンビニ人間』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
コンビニのアルバイト店員18年目・古倉恵子。36歳未婚。彼氏なし。毎日の食事はコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日 婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて・・・。

『コンビニ人間』感想

村田さんの小説を読むのは『地球星人』に続き2冊目です。主人公の社会に対する考え方など共通する部分があって、似た雰囲気を感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
このダーク (?) な雰囲気が好き。

『地球星人』も『コンビニ人間』も衝撃作という言葉がピッタリの小説です。

「普通」 や 「常識」 から外れている主人公

村田さんが描く登場人物は 「普通」 や 「常識」 に囚われてなくて (反発していて) ハッとします。独特の怖さがあるんですよね。

『地球星人』の主人公・奈月や彼女の夫、由宇、『コンビニ人間』の主人公・古倉恵子も 世間一般の 「普通」 の括りから外れていました。

小さい頃、小鳥が死んでいるのを見つけた恵子。周りの子は埋葬してあげようとするのに対し、恵子は 小鳥を焼いて食べる発想をします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
じゃっかんサイコパス?

ギョッとします。アスペルガー症候群や発達障害という言葉が浮かびました。母や妹に心配されて 彼女は 「普通」 を演じ続ける人生を歩みます。

理解できない!? 「普通」 を演じ続ける恵子

「普通」 を演じ続ける恵子が痛々しく思えました。

皆の中にある『普通の人間』という架空の生き物を演じるんです。あのコンビニエンスストアで、全員が『店員』という架空の生き物を演じているのと同じです

みんなと考え方が違う彼女には生き辛い世界ですね。もしも みんなと違うことがバレてしまったら もっと生き辛くなってしまう。

コンビニに入ってきた新人・白羽と同棲を始めた恵子。でもそこに愛はありませんでした。

恵子は 白羽と同棲することで 世間からの 「普通」 を得るために。白羽は 世界から逃げるために。

ひつじくん。
ひつじくん。
愛はないけど利害は一致したんだね。

白羽のことは最後まで嫌悪感しかなかったです。イヤな男でした。

印象に残ったフレーズがあります。

ああ、私は今、上手に 「人間」 ができているんだ、と安堵する。

上手に 「人間」 ができているって・・・。切なくなりました。みんなと同じであり続けようと努力する恵子の気持ちはわかるけど理解できない。そこに一種の怖さを感じます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「普通」 ってなんだろう。その境界線は誰が決めたの?

世間一般の 「普通」 や 「常識」 は多数決で決まる

世間一般の 「普通」 や 「常識」 は多数決できまります。多い方が 「普通」 や 「常識」 になって、少ないほうが 普通じゃない、非常識とされる世の中。

ひつじくん。
ひつじくん。
境界線って曖昧。

相手が理解できないと不安になりますね。普通じゃない、非常識としてしまうのはわかる。

でも人それぞれ考え方は違うから、少数だからと言って 「普通じゃない」 というのは違います。

意外と話してみると この人はこういう考えがあるんだと親しみが持てたり。みんなどこかしら普通じゃない部分を持ち合わせているものです。それが個性であり魅力でもある。

たまに 「この人 非常識」 って思うことがあります。でも冷静になって考えてみると、「常識」 は私の中のそれであって、必ずしも他人の 「常識」 ではないんです。

自分の 「普通」 が 他人の 「普通」 とは限らない。他人の 「普通」 が 自分の 「普通」 とも限らない。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
押し付けちゃダメなんですよね。

大切なのは 相手を知りたいと思う気持ちと、相手を尊重する気持ちです。

それがみんなにあれば、恵子にとってもっと生きやすい世界になったかもしれません。

「普通」 が逆転した瞬間

途中から 「普通」 や 「常識」 から外れている恵子よりも、周りの人たちのほうが非常識に思えました。それが興味深かったです。

「普通」 が逆転した瞬間。恵子が白羽と同棲を始めてからです。

周りの反応はこれまでと違うものに一転しました。皮肉なことに 余計に生き辛くなってしまった恵子。長年務めたコンビニを辞めることになります。

ひつじくん。
ひつじくん。
「常識」 も 「非常識」 も紙一重。みんな両方の面を持ち合わせて生きているのかな。

ハッピーエンド? 連想した3つの言葉

ラストはハッピーエンドです (そう思うか思わないかは人それぞれって気がしますが)。

恵子は 自分がどうしようもないくらい『コンビニ人間』だと気づくんです。1度 コンビニを離れたからこそ それに気づけたんですよね。

楽しい、生きがい、天職。

最後の彼女から 3つの言葉を連想しました。今までと違って生き生きとする姿が印象的です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼女は最初から最後まで『コンビニ人間』でした。

面白かったです。

こちらもオススメ

『地球星人』村田沙耶香【あらすじと感想】常識を破壊するポハピピンポボピア星人村田沙耶香さんの小説『地球星人』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魔法少女・奈月、ポハピピンポボピア星人、世界のしくみ、人間工場、常識が破壊されるラストについて書いています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなしのオススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA