おすすめ本特集

【薬丸岳】おすすめミステリー小説|迷ったらコレを読もう!

薬丸岳おすすめミステリー小説
この記事に書かれていること
  • 薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選
  • 薬丸岳さんの小説の魅力

司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さん。少年法、刑法39条などのテーマを深く掘り下げた小説が逸品です。

重めテーマだけどサクサクと読めて止まらなくなるんですよね。オススメを厳選しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
間違いなく面白い薬丸さんのミステリー小説を集めたよ。

まずはコレ!薬丸岳おすすめ小説

薬丸さんの小説の中で面白かったものを紹介。何を読むか迷ったら、まずはこちらを読みましょう。

  • 天使のナイフ
  • Aではない君と

こちらの2作品は絶品です。少年法を扱っていて読み応えたっぷりでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
法律の前では人は無力・・・。最後まで感情移入しっぱなしだった。

『天使のナイフ』

少年法に鋭く切りこんだ小説

【あらすじ】
生後5ヵ月の娘の目の前で妻は殺された。犯行に及んだ3人は 13歳の少年だったため、罪に問われることはなかった。4年後、犯人の1人が殺され、檜山貴志は疑惑の人となる・・・。

薬丸岳を語るなら、こちらは外せません。『天使のナイフ』です。少年法に鋭く切りこんだ本作は絶品でした。

少年法により守られて更生していなくても社会に出てくる彼ら。被害者のことを思うと理不尽な気持ちになりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
映像化もされているよ。そちらも良かった。

『Aではない君と』

自分の子供が“少年A”になった―

【あらすじ】
翼が逮捕された。吉永は息子の逮捕に衝撃を受ける。真相を探ろうとする父と何も語ろうとしない息子。やがて彼は、付添人制度というものがあると知り・・・。

もしも自分の子どもが「少年A」になってしまったら・・・。こちらも少年法が描かれています。

『天使のナイフ』と違うのは、『Aではない君と』は加害者側の親族をメインに描いている点です。

真実を知りたくても知ることが叶わない加害者の父親。その憔悴ぶりに胸を痛めずにはいられませんでした。

ひつじくん。
ひつじくん。
なんだか切なくなってくる。

犯罪は周りの人の心も殺してしまうんですよね。悩む父親の描写が痛々しかったです。

『Aではない君と』薬丸岳【あらすじと感想】子供の罪と父の苦悩薬丸岳さんの小説『Aではない君と』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。少年法と父の苦悩、付添人制度についても書いています。命の尊さを感じる結末でした。...

こちらも読もう!薬丸岳おすすめ小説

『天使のナイフ』と『Aではない君と』を読んだら、次はこちらもおすすめです。

  • 悪党
  • 友罪
  • 神の子
  • 虚夢
  • 告解
ひだまりさん。
ひだまりさん。
『告解』は加害者本人が主人公のお話で、読み応えがあったよ。

『悪党』

心の叫びが止まらない!

【あらすじ】
探偵事務所で働いている佐伯修一は、ある老夫婦の依頼を受けることになる。息子を殺して社会に出てきた男の追跡調査だった。調査を進める佐伯だが、実は彼もまた姉を殺された犯罪被害者遺族だったのだ・・・。

様々な悪党がでてくる連作短編です。胸が苦しくなりました。犯罪者は何をもって罪を償ったと言えるのか。刑期を終えれば償ったことになるのか。

やり切れない思いでいっぱいになりました。重いけど、読みやすいのが薬丸さんの小説の良いところです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
誰かの大切なものを奪えば、いずれ自分も大切なものを失うことになる。

一生消えることのない重い十字架を背負って生きていくことになる・・・ということを実感した小説です。

『悪党』薬丸岳【あらすじ&感想】加害者追跡調査のやるせない結末。薬丸岳さん『悪党』のあらすじと感想です。ネタバレもあります。犯罪加害者の追跡調査をしていく佐伯。やるせない結末でした。WOWOWでドラマ化されます。罪と贖罪について考えました。...

『友罪』

友だちが凶悪犯罪者だったら?

【あらすじ】
寮付きの町工場で働き始めた益田純一は、同じ日に入社した鈴木秀人という男に出会う。ある日、益田は昔の恋人から14年前に起きた少年犯罪について話を聞かせてほしいと頼まれる。事件について調べるうちに、その犯人が同僚の鈴木ではないか?と疑念を抱きはじめ・・・。

もしも友だちが過去に凶悪犯罪を犯していたら?『友罪』はそれをテーマにしたお話です。

ひつじくん。
ひつじくん。
映画化もされているよね。

自分が主人公・益田の立場だったらどうだろうと想像しました。贖罪について考えたくなる小説です。

『友罪』薬丸岳【あらすじと感想】友達の罪と命の重さ薬丸岳さん『友罪』あらすじと感想です。テーマである少年犯罪についても書いています。もしも私が主人公の立場だったら、この小説のようにはできないかもしれません。心に響く深いお話でした。...

『神の子』

孤独な少年は救われるのか―

【あらすじ】
逮捕されたIQ161の少年には戸籍がなかった―。自分の頭脳だけを頼りに生きてきた町田。収容された少年たちと決行した脱走事件の結末は、予想だにしなかったものとなった。彼に救いはあるのか。

『神の子』はミステリーであり、ヒューマンドラマのようでした。上下巻とボリューミーだけど面白かったです。

登場人物に味があるんですよね。特に主人公・町田のキャラが抜群です。18年間、戸籍もなく、ただひたすら本の知識を頼りにして生きてきたIQ161の少年。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本当は優しい心の持ち主なんだ。

多くの感情が描かれていて、感情移入しながら読んでいました。

『神の子』(上) 薬丸岳【あらすじと感想】孤独な少年の心と闇の組織薬丸岳さんの小説『神の子』(上) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ヒューマンドラマのような面白さがありました。戸籍がない少年・町田の欠けた心についても書いています。...

『虚夢』

テーマは刑法第39条

【あらすじ】
通り魔事件によって三上孝一の娘の命が奪われた。だが犯人は心神喪失状態であったとされ、罪には問われることはなかった。その後 心に大きな傷を負い、三上は妻とも別れてしまう。事件から4年、元妻・佐和子からあの男を街で見たと告げられ・・・。

通り魔事件をおこした犯人が精神鑑定の結果、無罪になってしまう・・・。『虚夢』は刑法39条をテーマにしています。

ひつじくん。
ひつじくん。
被害者のことを思うとやり切れないよね。

『虚夢』では、統合失調症と診断された犯人も描かれていました。犯人の立場になって考えてみると、やはり刑法39条は必要かなとも感じます。・・・なかなか深みにハマる小説でした。

『虚夢』薬丸岳【あらすじと感想】刑法39条に切り込んだ小説!有罪と無罪の境目とは?薬丸岳さん小説『虚夢』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。テーマ 刑法39条について、統合失調症とされた犯人についても書いています。司法制度を取り入れた小説は深く心に刺さりました。...

『告解』

自分が加害者になったら?

【あらすじ】
飲酒運転中、何かに乗り上げた衝撃を受けるも、恐怖のあまり走り去ってしまった大学生の籬翔太。翌日、一人の老女の命を奪ってしまったことを知る。自分の未来、家族の幸せ、恋人の笑顔―。失うものの大きさに、罪から目をそらし続ける翔太に下されたのは、懲役4年を超える実刑だった。一方、被害者の夫である法輪二三久は、“ある思い” を胸に翔太の出所を待ち続けていた。

加害者の翔太と被害者の夫・二三久を通して、罪と罰について考えたくなる小説です。もしも自分が加害者になってしまったら・・・と怖くなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
翔太を通して身近に起こり得る恐怖を感じた。

刑期を終えれば罪を償ったことになるのか。でも自分の罪が消えるわけではないし、やっぱり苦しみは続くのでしょうね。

『告解』あらすじ・ネタバレ感想|号泣!加害者の罪と罰|薬丸岳薬丸岳さんの小説『告解』あらすじとネタバレ感想です。もしも自分が加害者になったらと考えてしまいました。罪から逃げ続ける翔太、被害者の夫・法輪二三久の真意、号泣した父の手紙、印象に残った言葉について書いています。...

ここが好き!薬丸小説の魅力

最後に薬丸さんの小説の魅力を簡単に・・・。

ここが良い
  • 重めテーマが多いけど読みやすい
  • 感動する
  • 人間味のあるキャラが良い
  • 司法制度について鋭く書いているのが魅力

まずは少年法を扱った『天使のナイフ』や『Aではない君と』がおすすめです。読んでなければ読みましょう。

ひつじくん。
ひつじくん。
読み応えたっぷり。読むとハマるよ。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!徹夜本・おすすめ小説|ミステリー、SF、ホラー作品面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
本好きにおすすめ「本」と「ことば」にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
こちらは読んだ?