ミステリー・サスペンス

『悪党』薬丸岳【あらすじ&感想】加害者追跡調査のやるせない結末。

この記事に書かれていること
  • 『悪党』あらすじと感想 (ネタバレあり)
  • WOWOWドラマのキャスト
  • 少年法や刑法39条に鋭く斬り込む薬丸小説の魅力
  • 少年犯罪について
  • 本の目次と 「悪党」 について
  • 罪の代償と結末

彼らは何をもって罪を償ったことになるのだろう。

薬丸岳さん『悪党』の感想です。
以前に読んでいたのですが、WOWOWでドラマ化されるとのことで再読しました。ハラハラの結末でした。

少しだけネタバレあります。

キャスト

主人公・佐伯修一役に東出昌大さん。ホープ探偵事務所の所長・木暮正人役に松重豊さんです。

探偵事務所で働いている佐伯修一が「犯罪加害者の追跡調査」をしていきます。様々な悪党を見つめ、姉を殺害した犯人と向き合うお話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
やはり薬丸さんの小説は深いですね。心に響くものがあります。重いテーマだけど読みやすかったです。

犯罪被害者に寄り添った内容の小説でした。薬丸さんはこういうの上手いですね。

『悪党』あらすじ

心の叫びが止まらない!

『悪党』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
探偵事務所で働いている佐伯修一は、所長・木暮の命令で、ある老夫婦の依頼を受けることになる。息子を殺して社会に出てきた男の追跡調査だった。調査を進める佐伯だが、実は彼もまた姉を殺された犯罪被害者遺族だったのだ・・・。犯罪加害者の現在を調査しながら、自分の過去、そして忘れることのできない犯罪と向い合う佐伯。やがて、かつて姉を死に追いやった3人に辿り着く。復讐心に駆られた佐伯が取った行動とは・・・!?

  • 「罪」 と 「贖罪」 について考えてしまう
  • 重いけどラストは泣ける
  • 心の中で叫びたくなる

少年法、刑法39条など法律の闇に鋭く斬り込む薬丸小説

一時期、薬丸岳さんの小説にハマっていました。彼の本のテーマはいつも重い。答えが出ない問いを描くのが上手い作家さんです。

『天使のナイフ』『闇の底』『虚夢』『死命』『神の子』『友罪』『誓約』『Aではない君と』『アノニマス・コール』『ラストナイト』

こちらは全て読みましたが、どれも良かったです。特に少年犯罪を扱った『天使のナイフ』『友罪』『Aではない君と』、刑法39条を扱った『虚夢』辺りが絶品でした。

被害者側からみた少年法や刑法39条。必ずしも割り切れるわけではない、やり切れない思いを正面から描いています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読むと心が抉られるんです。法律は必ずしも万全ではないのですよね。

今回よんだのが『悪党』です。滝沢秀明さん主演で、1度 映像化もされている小説。こちらも少年犯罪を扱っていました。

『悪党』感想

やはり薬丸小説にハズレはない。

扱っているのは少年犯罪です。主人公・佐伯を初め、所長の木暮、弁護士の鈴本、それから冬美 (はるか) ・・・。出てくる登場人物はほとんど何らかの事件の遺族、または被害者でした。

読んでいて何度も胸が苦しくなりました。犯罪は被害者だけではなくて、その家族や周りの人たちの人生までも狂わせてしまう。被害者側はもちろんですが、加害者側の家族までもです。

以前よみました東野圭吾さん『手紙』。罪を犯した人の家族の人生が描かれていました。こちらも合わせて読むと、犯罪がどれだけ罪深いものなのかが実感できます。

『手紙』東野圭吾【感想&あらすじ】深い絆と償い東野圭吾さんの小説『手紙』あらすじと感想です。ネタバレなしです。平野社長の言葉が印象的でした。キーワードになっている 「手紙」 についても書いています。...

薬丸さんの『悪党』で描かれているのは、ほとんどが少年犯罪でした。少年法に守られていずれ社会にでてくる彼ら。

何をもって罪を償ったことになるのか。被害者遺族たちは彼らを見てどう思うのか。どうしたら赦すことができるのか。

ひつじくん。
ひつじくん。
やっぱり、どうしても赦すことはできないよね。罪を犯したら一生そのことを背負っていくべき。

様々な悪党たち

探偵事務所を訪れる人たちの依頼は人探し。それもほとんどが、かつて犯罪を犯した加害者たちを探してくれというものです。

『悪党』は、主人公の佐伯を軸に展開される連作短編集のような感じになっていました。プロローグ、エピローグ+7つの章からなっています。様々な 「悪党」 たちが登場しました。

目次と悪党たち
  • 【悪党】・・・かつて殺人を犯して出所したものの振り込め詐欺をしている坂上洋一。
  • 【復讐】・・・育児放棄して自分の子供をして見殺しにした前畑紀子。
  • 【形見】・・・強盗殺人を犯した松原文彦
  • 【盲目】・・・かつて恋人だった沢村祐二
  • 【慟哭】・・・強姦殺人を犯した久保田篤史
  • 【帰郷】【今際】・・・主人公・佐伯の姉を殺害した当時の少年たち。(寺田、田所、榎木)

どの章も胸が痛みました。自分の姉の事件を未だに消化できてない佐伯が、彼らのその後を見つめながら悪党たちと再び向き合っていきます。

覚悟を決めて生きている人、当時と変わらぬまま贖罪の気持ちがない人と様々です。

悪党の覚悟

第1章から登場する坂上の言葉が印象に残っています。本書のタイトルでもある 「悪党」 について書かれていました。

悪党は自分が奪った分だけ大切な何かを失ってしまうこともちゃんとわかっている。それでも悪いことをしてしまうのが悪党なんだ

ひだまりさん。
ひだまりさん。
なんとなく覚悟がうかがえる。
ひつじくん。
ひつじくん。
自分が奪った分だけ大切な何かを失ってしまうって、けっこう重みがある言葉だね。

世の中にあふれる犯罪は、ここで描かれている覚悟を持った人ってどれだけいるんだろうと思いました。きっと覚悟もなしに犯罪を犯してしまう人たちが大半なのでしょうね。

誰かの大切な人を奪えば、いずれ自分の大切な人も失ってしまうのです。

世の中ってそういう仕組みだと思っています。

坂上は贖罪からか、自ら大切に思っている人と別れる決意をしました。悪いことをしているのに憎めない。不思議なキャラでした。

罪の代償はあまりにも大きい

『悪党』を読んでいると、贖罪ってなんだろうと考えてします。

犯罪者は何をもって罪を償ったといえるのか。刑期を終えれば償ったことになるのか。社会に出て真面目に生きれば、その罪は帳消しになるのか。

難しいところですね。刑期を終えれば罪を償ったことになるのかもしれません。でも被害者からしたら、それで赦せるものでもないと思うし・・・。

どういう生き方をしても帳消しになんてならないんだろうな。生きている限り自分の犯した罪を一生背負っていべきです。そう考えると罪の代償はあまりにも大きいですね。

「目には目を、歯には歯を」 という言葉があります。

もしもひだまりさん。が被害者と同じ立場になってしまったら、加害者にも同じ気持ちを味わってほしいと願うかもしれません。

ひつじくん。
ひつじくん。
小林由香さん『ジャッジメント』の 復讐法だ。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
読むのが苦しい小説だったけど、正論では割り切れない思いがあるのも確かだったよ。
『ジャッジメント』小林由香【あらすじ&感想】憎しみと苦しみの復讐法あなたは『復讐法』を選ぶ? 小林由香さん『ジャッジメント』感想。 本屋さんで目に止まって買った本です。デビュー作なんですね。これ...

感動したシーン

佐伯の父親の言葉をよんで泣きました。

「いつでも笑っていいんだぞ。いや、笑えるようにならなきゃいけないんだぞ。おれたちは絶対に不幸になっちゃいけないんだ」

探偵という職業をとおして様々な犯罪者のその後を見つめてきた主人公。姉を失い、未だその傷が癒えない彼に向けた父のことばです。

姉を殺害した犯人を憎むのは当然だけど、もし佐伯が復讐を遂げたら、父と母は悲しむだろうなと思いました。

父や母にとっては姉と同じく弟の佐伯もまた大切な子どもだから。

【やるせない結末】姉を殺害した3人の悪党に向き合った佐伯、そのとき彼は・・・。

ラストは佐伯が姉の事件の加害者たちを探し当てます。・・・彼らは何も更生してませんでした。

寺田、田所、そして主犯だった榎木に復讐心を燃やす主人公。結末はやるせない思いが後をひきました。でもそれで良かったんだと思います。復讐からは何も生まれません。

3人は結局、重い代償を支払うことになりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
深い傷を負ったひと、みんなが少しでも笑えるようになってくれれば・・・と思いました。

他にもあります

WOWOWドラマ原作本のレビュー

こちらもオススメ

薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
『Aではない君と』薬丸岳【あらすじと感想】子供の罪と父の苦悩薬丸岳さんの小説『Aではない君と』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。少年法と父の苦悩、付添人制度についても書いています。命の尊さを感じる結末でした。...
『死命』薬丸岳【あらすじと感想】タイムリミット迫る!犯人が抱える心の闇と刑事の執念薬丸岳さん小説『死命』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ドラマのキャストをまとめました。テーマは「命」です。犯人が抱える心の闇と刑事の執念についても書いています。...
『神の子』(上) 薬丸岳【あらすじと感想】孤独な少年の心と闇の組織薬丸岳さんの小説『神の子』(上) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ヒューマンドラマのような面白さがありました。戸籍がない少年・町田の欠けた心についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA