ホラー・オカルト

『闇祓(やみはら)』ネタバレ感想文・あらすじと結末|恐怖の闇ハラスメント|辻村深月

「闇祓」感想文
この記事に書かれていること
  • 『闇祓』あらすじと感想文
  • 「闇ハラスメント」の恐怖
  • マウンティングし合う女たち
  • 相手にかけてほしい言葉
  • 神原家の正体と関わった人々の末路

ネタバレあります。ご注意ください。

あの家族が来ると人が死ぬ。

辻村深月さんの小説『闇祓(やみはら)』読書感想です。辻村さん初のホラー小説らしい。・・・確かに怖かったです。

少しオカルトチックな展開。一番怖いのは「人間」かもしれませんね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ずっと、怖い怖い・・・と思いながら読んでたよ。

怖くても面白くて、ほぼ一気読みです。さすがでした。

『闇祓』あらすじ・評価

「闇ハラスメント」の恐怖

あらすじ

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい―」クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが―。

周りにもいるかも!?「闇ハラスメント」の恐怖

『闇祓(やみはら)』で描かれていたのは、闇ハラの恐怖でした。

パワハラやモラハラなど、いろんなハラスメントがあるけど、闇ハラ?

ヤミハラ。自分の心にある闇を振りまき、押しつけ、他人をそれに巻き込むのは闇ハラだ

闇ハラとは、闇ハラスメントの略です。検索しても出てこなかったから、どうやら辻村さんの造語らしい。

闇ハラスメント

精神・心が闇の状態にあることから生ずる、自分の事情や思いなどを一方的に相手に押しつけ、不快にさせる言動・行為。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ほんとうに、ありそうな言葉だね。

精神・心が闇の状態にある家族がでてきます。彼らに目をつけられたら最後、人生が狂い恐ろしいことになる。彼らの周りは死人が続出でした。

こんなひと、周りにいたらイヤだ・・・。

リアル感があって怖くなります。私の周りの人を思いうかべ、「よし、こんな人はいない。大丈夫だ!」と確認せずにはいられませんでした。

ひつじくん。
ひつじくん。
頼むから、自分の心にある闇を押しつけないでくれ!

ほんとうに、たちが悪いです。この家族・・・。

『闇祓』ネタバレ感想文|闇を押しつける「神原家」

『闇祓(やみはら)』は長編小説でいて、全てがつながる連作短編のようなかんじでした。

本の目次
  • 第一章「転校生」
  • 第二章「隣人」
  • 第三章「同僚」
  • 第四章「班長」
  • 最終章「家族」
  • エピローグ

5章+エピローグからなり、1〜4章までは、ある4人家族ひとりひとりが描かれて周りに闇を押しつけていきます。その家族とは「神原家」。兄、母、父、弟の順に登場します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
周りの人々が闇にのまれていくのが怖かったよ。

短編集(?)と思っていたけど、神原家ひとりずつでてきて、これは連作短編なんだと気づきました。神原という文字に反応してヒヤリとしてしまう・・・。

闇を押しつける家族が登場するなら、闇を祓う男の子・白石要も登場します。はじめはブキミくんだったけど、なかなかカッコいいキャラでした。

ひつじくん。
ひつじくん。
印象に残った章を中心としたレビューだよ。

マウンティングし合う女たち|「隣人」神原かおり

「隣人」では神原かおり(母)が登場します。見ためからちょっと異様な雰囲気で怪しげ・・・。

なんでもすぐ、『私もなの』って言うんですよね

元アナウンサーの梨津が仕事のことを話すと『私もなの』と同調するのが怖くなりました。かおりに関わってしまったために、梨津や佐渡家が崩壊していく様子が恐ろしい・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
神原かおりも異様だったけど、マウンティングを意識してる女たちもドロドロしてた。

主人公の梨津と佐渡博美のマウンティングが目を引きました。

マウンティングとは、自分の方が相手よりも立場が上であること、また優位であることを示そうとする行為や振る舞いのことです。

完璧すぎるコーディネートの家の中で、梨津は妙に居心地が悪くなっていた。これではまるで、すごい、すごい、と絶えず博美を褒めなければいけないようだ

博美より目立ってしまうような話題は、誰も口にしてはならない雰囲気の家。・・・これは居心地がわるいですね。

梨津も博美もマウンティングの張りあいをしている描写は、リアル感があるからこそウンザリする気持ちになりました。

ひつじくん。
ひつじくん。
辻村さんは女性の心理描写が上手いな。

相手にかけてほしい言葉|「同僚」神原仁(ジンさん)

「同僚」では神原仁(父)が登場します。会社でみんなに「ジンさん」と呼ばれていて親しまれる人がよさそうな人物。

上司である佐藤部長のパワハラがすごくて、最初は部長が闇?と思っちゃいました。実は、部長はジンさんに闇を押しつけられた被害者なんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
部長みたいなパワハラ上司、リアルにいそうだけど・・・。

ジンさんがくせ者でした。彼に相談すると全部受け止めてくれて、話を聞いてくれる。ジンさんは相手に「間違ってる」と教えず、あなたが不快だと突きつけないんです。

「みんな、言われたい言葉なんか、決まってるんですよ」

そう言いきるジンさんが、途中からブキミに感じました。間違っていることも全部正しいとするジンさんに関わると、周りの人々は変な方向にエスカレートしていく。

・・・神原家の中では、いちばんジンさんが怖かったです。彼に関わった人たちが犯罪に手を染めたりして狂っていく。

ひつじくん。
ひつじくん。
闇を抱えているように見えないジンさんは、まるで神さまのフリした悪魔だ。

闇を押しつけた結果|「家族」神原家の正体と関わった人々の末路

最終章「家族」では、白石要により神原家の闇ハラが全て暴かれます。

第一章「転校生」の主人公・澪も登場。神原家に関わり闇を押しつけられた人々の結果(その後)が描かれていました。

飛び降り自殺、屋上から事故死、殺人・・・。これが今まで読んできた神原家に関わった人々の末路です。

「あの家族が来ると人が死ぬ。あいつらは、そういう一家なんだ」

神原家に関わった人も闇を抱えて、周りの人々に押しつけるのが怖くもありました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
神原家の長男のようなストーカーや、パワハラ上司は周りにもいそうでリアル感がある。

闇を押しつける「神原家」とは何なのか。悪霊みたいな家族だけど、最終章で「神原家」の正体が明かされます。

怖い事実が発覚

「こいつら『家族』は補充するんだ」

いま構成されている「神原家」のメンバーは、かつては「何者か」であった人々だったのです。そして、第1〜4章に登場した人物が新しい「神原家」の一員になっていたことが衝撃でした。

花果は神原一太(長男)に、梨津は神原かおり(母)に・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
叙述トリックを読んだような衝撃だったよ。

辻村深月さんの小説は伏線の回収があるんですよね。最後まで面白くよめました。

『闇祓』はリアルな闇ハラにヒヤリとする小説

よみ終わったあとに、自分の周りに「神原家」のような人々がいないか確認したくなる『闇祓(やみはら)』。

あのひと(または自分)がやってることは、もしかしたら闇ハラなのかも―。

心が荒んだり、嫉妬、妬み、羨みなどの感情は誰でも持ち合わせるものです。でもそれがエスカレートして、自分の思いを一方的に相手に押しつける行為は「闇ハラ」にあたるかもしれません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私もそうならないように用心しよう。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

読書初心者向け、読みやすいミステリー&推理小説
【読みやすいミステリー&推理小説】読書初心者におすすめ!面白い本を厳選 読みやすいミステリー&推理小説 〈読書初心者向け〉読みやすくて面白かった本を、小説大好きな私がご紹介。迷わず読んでほしいミステリ...
一度は読むべき面白かったミステリー&ホラー小説
【本当に面白い】一度は読むべき本|ミステリー&ホラー小説おすすめ人生で一度は読むべき!本当に面白いミステリー&ホラー小説を厳選しました。私を読書沼に落とした名作本です。読みやすいから初心者にもおすすめ。...
感動必須!絶対泣ける小説
感動必須!絶対泣ける小説|ファンタジー・SF&ミステリー感動間違いなし、絶対泣ける小説を集めました。切なくて号泣&ほっこりと心温まるファンタジー、SF、シリアスなミステリー小説。どれも面白くておすすめです。読みやすい本ばかりでした。...