アート・スポーツ小説

『翼がなくても』中山七里【あらすじと感想】御子柴礼司VS犬養隼人

御子柴弁護士VS犬養刑事

中山七里さん『翼がなくても』
きましたー!!御子柴弁護士と犬養刑事の共演!!!・・・本当は買う予定はなかったんですが、帯を見た途端レジに直行していました。そこには2人の名前が・・・。これは読まないわけにはいきません。

『翼がなくても』あらすじ

御子柴弁護士VS犬養刑事

『翼がなくても』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
左足をなくしたアスリート・市ノ瀬沙良。彼女は再び羽ばたけるのか?

『翼がなくても』感想

面白かったです。『翼がなくても』の読みどころはなんと言っても、御子柴礼司と犬養隼人の共演じゃないでしょうか。御子柴さんが出てきたときには、ニヤリとしてしまいました。

気になる!!初の共演

御子柴VS犬養

御子柴礼司、犬養隼人、初の共演!!

御子柴礼司シリーズ、大好きなんです。『贖罪の奏鳴曲』に始まり『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』と3作でています。悪辣弁護士である彼は、少年時代に凶悪犯罪を犯しながらも弁護士になった異例の人物です。このシリーズは全て「贖罪」をテーマに描かれています。

そして犬養隼人シリーズ。(・・・これは、一冊しか読んでいないのですが) 臓器移植を扱った『切り裂きジャックの告白』は面白かったです。前にドラマ化されていて、沢村一樹さんが演じておられました。

心に染みる父さんのひとこと

本作はアスリートのお話でした。

スポーツ選手が交通事故で左足を切断・・・。絶望的な状況ですね。しかも加害者は、被害者である沙良の隣の家に住む幼馴染みなのだから、たまったものじゃありません。なかなか立ち直れない沙良に父親が言った言葉にジーンとしました。

嫌われものだけど・・・

沙良の左足を奪った幼馴染み、泰輔が何者かに殺害されてしまいます。

そして5000万円もの保険金が支払われました。動機が充分にありすぎる沙良が怪しいとにらむ犬養刑事ですが・・・。彼女は果たして、幼馴染みを殺してしまったのでしょうか?

御子柴弁護士の影がチラチラと。彼が出てきたということは、この事件には必ず裏がある・・・。刑事さんたちに嫌われている悪辣弁護士、御子柴。評判は最悪です。

苦笑いしちゃいました。刑事さんにしてみれば、ことごとく判決をひっくり返されるので、酷評はしょうがないのかな。

でも御子柴シリーズを全て読んでいる私は、彼が「贖罪」に対しての情があることを知っています。本作でも、ある切ない「贖罪」が描かれていました。それは書きませんが、ポイントは誰が誰へのものなのか、です。

アスリートが背負う期待と夢

アスリートって、たくさんの思いを背負っているんだ。

1人で戦っているように見えますが、決してそうではないんですね。カロリー配分をしながらご飯を作ってくれている母。義足をオーダーメイドしてくれたデビット・カーターや研究者の鬼怒川など、バックにはたくさんの人たちの助力があるんです。彼女はそれらの人たちの期待と夢を背負って走る。・・・熱い思いがこみ上げてきました。

記録を伸ばして勝つためには本人の努力はもちろんですが、分析していくと様々な要因が重なり合っていることがわかります。

趣味で走る分には良いけど、アスリートというプロを目指す人たちは分析も必要になってくるんだなと感嘆しました。

たとえ『翼がなくても』

ラストに沙良の競技を見つめながら話す御子柴と犬養のシーンが好きです。

「たとえ翼がなくても、きっと彼女は無理にでも飛び立とうとしただろう。時々そういう諦めの悪い人間を見かける」

翼がなくても、彼女は飛び立とうとした。

どこか冷めたような御子柴のことばですが、彼の観察眼は優れています。沙良の陸上に賭ける熱い思いを感じました。たとえ足があってもなくても走ることへの情熱は変わらない。そんな彼女が愛おしくなる結末でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA