おすすめ本特集

どんでん返しがクセになる!?ミステリー小説|必ず騙される衝撃のラスト

どんでん返し・おすすめ小説

必ず騙される衝撃のラスト

ラストに驚愕のどんでん返しがある小説を集めました。実際に読んだ中からご紹介します。思いっきり騙されたいときにおすすめ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
騙されるのがクセになっちゃうよ。

紹介する本は どれも最後に衝撃があるものばかりです。読み始めたら騙されたと思って (?) 最後まで読みましょう。

究極のどんでん返し!ミステリー小説

まずは、とにかく騙され感が半端ない!究極のどんでん返しを扱ったミステリー小説。

中には共感すら出来なかったものもありますが(笑)最後に衝撃がくること間違いなしです。

ひつじくん。
ひつじくん。
イヤー、まんまと騙された。

イチオシなのは、どんでん返しの帝王・中山七里さん、騙しのプロ・道尾秀介さんの小説です。どんでん返しを語るとき、この2人は外せません。

『贖罪の奏鳴曲 (ソナタ)』中山七里

悪辣弁護士・御子柴礼司シリーズ1

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

悪辣弁護士・御子柴礼司シリーズ、記念すべき1冊目です。主人公は、幼少期に猟奇殺人を起こし、日本中を震撼させた死体配達人で弁護士という異例な経歴のキャラ。冒頭から衝撃シーンがあってビックリしました。法廷シーンは読み応えがあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストにどんでん返し!最後まで気が抜けません。
『贖罪の奏鳴曲 (ソナタ)』あらすじ&ネタバレ感想・結末|御子柴礼司シリーズ1、悪魔の弁護人|中山七里 「贖罪」の意味とは―。 中山七里さんの小説『贖罪の奏鳴曲 (ソナタ)』感想です。悪辣弁護士・御子柴礼司シリーズ1を...

『連続殺人鬼カエル男』中山七里

殺人鬼「カエル男」の恐怖!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

中山七里さん『連続殺人鬼カエル男』。可愛い表紙ですが、グロい、怖い、目を背けたくなる 三拍子揃いのミステリー小説です。でも面白い。刑法第39条を扱った、なかなかに深みがある1冊。魅力的な人物・渡瀬&古手川刑事が登場します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
二重、三重に仕掛けがあって、最後の最後まで楽しめる。
『連続殺人鬼 カエル男』ネタバレ感想・あらすじ|連続殺人事件の結末|中山七里中山七里さんの小説『連続殺人鬼 カエル男』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。カエル男の恐怖、鋭い渡瀬と不死身な古手川、刑法第39条、刑罰と贖罪について書いています。...

『崩れる脳を抱きしめて』知念実希人

究極の恋愛 × ミステリー!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『崩れる脳を抱きしめて』は 終末期医療、恋、ミステリー、そして どんでん返しと盛りだくさん。作家の知念実希人さんはお医者さまです。リアル感のある医療現場が描かれていました。主人公の碓氷が恋した相手は、頭の中に爆弾を抱えた女性。泣けるんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラスト20ページは全てがひっくり返る衝撃の結末。

・・・でも、切なさの余韻を残しつつ終わるラストでも良かったのではないかと、こっそり思いました。

『崩れる脳を抱きしめて』知念実希人【あらすじと感想】愛した彼女は幻!?衝撃の結末知念実希人さんの小説『崩れる脳を抱きしめて』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。頭の中に埋まっている爆弾、恋のゆくえ、患者が望む医療、結末について書いています。...



『十角館の殺人』綾辻行人

このトリック、見破れるのか?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『十角館の殺人』は 誰もが納得のどんでん返しミステリーです。必ずランキングに入る有名作。大学ミステリ研の7人が訪れた 「十角館」 で壮絶な殺人劇が繰り広げられます。犯人が分かった瞬間、思わず声をあげました。ページを戻って確認したくなる衝撃・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
華麗なトリックに騙されること間違いなし!
『十角館の殺人』綾辻行人【あらすじと感想】犯人はだれ? 華麗なトリックと衝撃的な結末綾辻行人さんの小説『十角館の殺人』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「十角館」 で繰り広げられる殺人劇、死者からの告発文、犯人の動機、小説の魅力について書いています。...

『ハサミ男』殊能将之

騙され感が半端ない小説

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『ハサミ男』は いわゆる叙述トリックものです。こちらも 「どんでん返し」 小説のランキングでよく見かける有名作。タイトルを読むと猟奇殺人を扱ったものと思わせますが、そんなに怖くなくて読みやすかったです。ラストに あ然となりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
騙され感が半端ない小説。
殊能将之『ハサミ男』のあらすじと感想 / 騙され感が半端ない小説だった殊能将之さん『ハサミ男』のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。叙述トリックを扱ったミステリー『ハサミ男』は騙され感が半端ない小説でした。...

『悪いものが、来ませんように』芦沢央

気持ち悪さ100%のイヤミス!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『悪いものが、来ませんように』は 言わゆるイヤミス小説。登場人物が好きになれませんでしたが、リアルな怖さを感じました。小説のテーマは一卵性母娘です。「友だち親子」 と言われるように 友だちのような親子。現代には多いかもしれませんね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラスト25ページの衝撃よりも、登場人物の歪んだ関係にびっくり。
『悪いものが、来ませんように』芦沢央【あらすじと感想】気持ち悪さ100%!歪んだ愛のかたち芦沢央さんの小説『悪いものが、来ませんように』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。登場人物、紗英のコンプレックス、一卵性母娘の歪んだ愛のかたち、母親の気持ちについて書いています。...



『リバース』湊かなえ

全てがひっくり返るラスト!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『リバース』は イヤミスの女王・湊かなえさんの小説です。湊さんの本は女性が主人公の物語が多いイメージですが、本作は男性が主人公で新鮮でした。コーヒーを味わうようにゆったりと読みたい1冊。しっかりラストはひっくり返ります。『リバース』ですからね・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラスト2ページの展開は まさしくクロ湊さんだった。
『リバース』湊かなえ【あらすじと感想】コーヒーと友達の絆湊かなえさんの小説『リバース』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。コーヒー専門店「クローバー・コーヒー」と登場人物について書いています。ラスト2ページの衝撃。クロ湊さんでした。...

『向日葵の咲かない夏』道尾秀介

1度読むと忘れられない物語

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『向日葵の咲かない夏』は 子供を主人公として主観を描いたもので、屈折した世界観が怖かったです。ラストに近づくにつれて、主人公・ミチオの世界観が見えてきます。何度もあ然としました。決して後味が良い物語ではないですが、1度読むと忘れられない1冊。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ひっくり返るラストが怖かった。

『カラスの親指』道尾秀介

驚愕の逆転劇!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』は ミステリーというより、エンタメのように楽しめる1冊。騙しのプロ・道尾秀介さんの小説です。詐欺師のお話だけあって、騙され感が半端ない。それが爽快なんですけどね。タイトルの意味にも注目です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
二重、三重のペテンに誰もが騙されて ラストは爽快!
『カラスの親指』道尾秀介【あらすじ&感想・レビュー】タイトルの意味に驚愕!華麗な詐欺師たち道尾秀介さんの小説『カラスの親指』あらすじと感想です。ネタバレあります。騙されたこと、魅力的な登場人物たち、詐欺とマジックの違いについても書いています。最後まで読むとタイトルの意味がわかりました。...

ラストに衝撃!鳥肌が止まらなくなる小説

続きまして ラストが衝撃でインパクト大なホラー、ミステリー、SF小説のご紹介です。思わぬ展開に鳥肌が止まらなくなりました。

ひつじくん。
ひつじくん。
ラストに衝撃がある小説だから、絶対最後まで読んでね。

『おしまいの日』新井素子

最後に世界が一転する!?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『おしまいの日』は サイコ・ホラーです。少しずつ日常が狂い始める恐怖にゾッとしました。夫に依存する妻・三津子の異常さが描かれていて、ジワジワとくる怖さがあります。そしてラストが絶品。世界が一転します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
このラストが衝撃だった。
『おしまいの日』新井素子【あらすじと感想】本当に壊れていたのは誰?新井素子さん『おしまいの日』のあらすじと感想です。ネタバレもあります。本当に壊れていたのは誰か?最後まで読むと一転する結末にビックリしました。...

『地球星人』村田沙耶香

常識を破壊する衝撃のラスト!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『地球星人』は ホラー感満載のクレイジーな物語 (←褒め言葉です、念のため)。・・・何を言ってるんだと怒られそうですが、村田さんが描く世界観が半端なく面白かったです。何が常識で何がそうじゃないのか、わからなくなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストは常識が破壊されます。
『地球星人』村田沙耶香【あらすじと感想】常識を破壊するポハピピンポボピア星人村田沙耶香さんの小説『地球星人』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魔法少女・奈月、ポハピピンポボピア星人、世界のしくみ、人間工場、常識が破壊されるラストについて書いています。...

『まほり』高田大介

二重丸は何を意味するのか

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『まほり』は 言語学者の高田大介さんが描く長篇民俗学ミステリ。言葉には言葉以上の意味や背景があって、面白いと同時に圧倒されました。 最後に 「まほり」 の意味が判明。ホラー並の怖さと衝撃を受けます。読み終わった後に、もう一度 表紙の二重丸を見てほしい。怖さがぶり返します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「まほり」 の意味に驚愕!ラストに震えが止まらなくなった。
まほり
『まほり』高田大介【あらすじ&感想】蛇の目紋と「まほり」の意味に戦慄!言語学者が描くミステリー小説高田大介さんの小説『まほり』あらすじと感想・レビューです。少しだけネタバレあります。残酷無惨な歴史、順序が入れ違う恐怖、和んだシーン、蛇の目紋 (二重丸) とタイトルの意味に戦慄したことについて書いています。...



『新世界より』貴志祐介

下巻のラストが衝撃!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

『新世界より』は SF・ホラー小説です。かなりの長編だけど、面白くて止まらなくなりました。科学より超能力が発達した世界、呪力という特殊な力を持った人々が登場します。その世界で子どもたちが次々と消えていく・・・。歪んだ社会の仕組みが徐々に明らかになりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストは かなりの衝撃。この世界にゾッとした。
貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...
『新世界より 下』貴志祐介【あらすじと感想】崩れはじめたユートピア、呪力の末に・・・貴志祐介さん『新世界より』下巻のあらすじと感想です。ネタバレも少しだけあります。悪鬼に怯えながら呪力を手にした人々が暮らす世界。ユートピアならぬディストピアでした。...

『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン

意外な事実に驚愕する!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

海外作品から1冊『星を継ぐもの』です。本格的なSF・ミステリー小説。月で発見された5万年前の遺体をめぐり、人類と宇宙人の進化の謎や月の歴史を探っていく物語です。読みやすくはないけど、ぜひ最後まで読んでほしい。意外な事実に驚愕します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストがすごい!大いなる謎を一緒に解き明かした気分になって爽快だった。
『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン【あらすじと感想】ルナリアンとミネルヴァの行方ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。チャーリー、月の裏側、月はどうやってできたのか、ガニメアン発見で深まる謎について書いています。...

驚愕のどんでん返し!紹介した本まとめ

ラストに全てがひっくり返る、どんでん返しがすごい小説でした。こんな面白い物語を書く作家さんって、すごいですねー。

紹介した本
  • 『贖罪の奏鳴曲 (ソナタ)』
  • 『連続殺人鬼カエル男』
  • 『崩れる脳を抱きしめて』
  • 『十角館の殺人』
  • 『ハサミ男』
  • 『悪いものが、来ませんように』
  • 『リバース』
  • 『向日葵の咲かない夏』
  • 『カラスの親指』
  • 『おしまいの日』
  • 『地球星人』
  • 『まほり』
  • 『新世界より』
  • 『星を継ぐもの』
ひつじくん。
ひつじくん。
ビックリしたり、怖くなったり、爽快だったり・・・。どんでん返し小説おそるべし。
絶対ハマる長編ミステリー小説
お家時間におすすめ!長編ミステリー&ホラー小説|面白い本を厳選面白かったおすすめ長編小説をご紹介します。ミステリー&ホラー、史実を元にした小説をピックアップしました。...
読まなきゃ損!心に残った本
読まなきゃ損!心に残った本15選|2019年に読んだ面白かった小説読まなきゃ損!2019年に読んだ心に残った本を紹介しています。SF・ファンタジー、ミステリー、名作・ほっこり癒され小説から15冊を厳選しました。読書の参考にして下さい。...
面白い短編集
スキマ時間におすすめ短編集|サクッと読めて面白い小説を厳選サクッと読めて面白い短編集を紹介しています。ほっこりする小説、SF短編&ショートショート、ミステリー、ホラー短編小説などです。ぜひ読書の参考にしてください。...
思いっきり泣ける小説
【思いっきり泣ける小説】涙が止まらない!ファンタジー・恋愛からミステリーまで思いっきり泣ける、号泣間違いなしの小説を厳選して紹介します。絶対泣ける!ファンタジー&ヒューマン・恋愛小説と切なくて泣ける!ミステリー小説です。あらすじと感想も簡単に書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら