おすすめ本特集

【Audible】ミステリー&ホラー小説おすすめ|面白い、聴くべき本を厳選|聴く読書

Audibleおすすめミステリー&ホラー小説

本を聴こう!おすすめミステリー&ホラー小説

『聴く読書』Audible(オーディブル)で聴ける本を集めました。どれも面白くてハマったミステリー&ホラー小説です。

【Audible】とは

Amazonが運営するボイスブック。40万冊以上の豊富なラインアップで、ベストセラーなど人気の本が揃っています。

  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

Audible公式サイト

Audible
本を聴くAudible(オーディブル)メリット・デメリット|ボイスブックの特典と魅力ボイス(オーディオ)ブック本を聴くAudible会員特典、メリットとデメリット、休会、便利な使い方について書いています。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
プロの朗読だから聴きやすいよ。

【Audibleで聴ける】ミステリー小説

まずはAudibleで聴けるミステリー小説より、面白かったものを紹介します。

ひつじくん。
ひつじくん。
どれも、おすすめ。

『あの日、君は何をした』まさきとしか

家族が抱える闇と愛

あらすじ

北関東の前林市で暮らす主婦の水野いづみ。平凡ながら幸せな彼女の生活は、息子の大樹が連続殺人事件の容疑者に間違われて事故死したことによって一変する。大樹が深夜に家を抜け出し、自転車に乗っていたのはなぜなのか。

まさきとしかさん『あの日、君は何をした』は、狂っていく母親たちに怖さを感じる小説です。いづみの息子・大樹は、あの日、何をしたのか?・・・後味悪かったけど、最初から最後まで面白く読めました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは母子の物語なんだね。
『あの日、君は何をした』感想文
『あの日、君は何をした』ネタバレ感想文・あらすじ|家族が抱える闇と衝撃の真実|まさきとしかまさきとしかさんの小説『あの日、君は何をした』あらすじとネタバレ感想文です。息子を亡くした母の狂気、真実の追求、三ツ矢&田所ペアの掛け合い、大樹は何をしたのかについて書いています。...

『幻夏』太田愛

切ないミステリー小説

あらすじ

12歳の夏、少年は川辺の流木に奇妙な印を残して姿を消した。23年後、刑事となった相馬は、少女失踪事件の現場で同じ印を発見する。相馬の胸に消えた親友の言葉が蘇る。「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」あの夏、本当は何が起こっていたのか。今、何が起ころうとしているのか。人が犯した罪は、正しく裁かれ、正しく償われるのか?

太田愛さんの『幻夏』は、冤罪を扱ったミステリー小説です。切なすぎて号泣しました。読み終わったとき、タイトルの意味を考えてまた号泣・・・。めちゃめちゃ面白かったので、まだ読んでいなければ読むことを強くおすすめします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
トリオシリーズ2作目だよ。『幻夏』から読んでもOK

ちなみに1作目は『犯罪者』です。こちらも絶品でした。

『犯罪者 上下』あらすじ&感想|裁かれない悪とメルトフェイス症候群|太田愛太田愛さんの小説『犯罪者 上下』あらすじと感想・レビューです。ネタバレあります。裁かれない悪、魅力的な登場人物、メルトフェイス症候群と原因について書いています。ドラマ 「相棒」 を連想しました。...
『幻夏』あらすじ&ネタバレ感想・解説|「冤罪」 と司法の闇|太田愛太田愛さんの小説『幻夏』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「冤罪」 に見る司法の闇、泣いたシーン、壊れた家族、タイトルの意味について書いています。結末は苦味が残りましたが、面白かったです。...

『カラスの親指』道尾秀介

ペテン、ペテンの連続で爽快!

あらすじ

詐欺を生業として生きる中年男2人組。ある日、彼らの生活に1人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?

道尾秀介さん『カラスの親指』は、騙され感が半端ない小説です。詐欺師の物語でペテンの連続でした。ミステリーというよりは、人情あふれた家族ドラマのような物語です。最後は爽快!!

ひだまりさん。
ひだまりさん。
道尾さんの本では一番好き。

タイトル『カラスの親指』が誰を指しているのかも注目してみて下さい。

『カラスの親指』道尾秀介【あらすじ&感想・レビュー】タイトルの意味に驚愕!華麗な詐欺師たち道尾秀介さんの小説『カラスの親指』あらすじと感想です。ネタバレあります。騙されたこと、魅力的な登場人物たち、詐欺とマジックの違いについても書いています。最後まで読むとタイトルの意味がわかりました。...

『コンビニ人間』村田沙耶香

「普通」って何?

あらすじ

コンビニのアルバイト店員18年目・古倉恵子。36歳未婚。彼氏なし。毎日の食事はコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日 婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて・・・。

ちょっぴりダークな村田沙耶香さんの『コンビニ人間』。普通って何だろう?と考えたくなる1冊でした。その境界線は曖昧です。村田さんが描く登場人物は「普通」や「常識」に囚われてなくて、独特の怖さがあるんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ダークな雰囲気にハマったよ。

これは、なかなかすごい。衝撃作でした。おすすめです。

コンビニ人間
『コンビニ人間』村田沙耶香【あらすじ&感想】普通であり続ける必要なんてない!面白くて怖い衝撃作村田沙耶香さんの小説『コンビニ人間』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。普通や常識から外れている主人公、普通が逆転した瞬間、結末と連想した3つの言葉について書いています。...



『代償』伊岡瞬

とてつもない悪の物語

あらすじ

ある事故をきっかけに、主人公の圭輔は 同級生・達也と暮らすことになった。それが不幸の連鎖の始まりだった・・・。

伊岡瞬さん『代償』は、2人の登場人物を主軸として展開されます。一人は弁護士、一人は犯罪者。描かれているのは、とてつもない悪でした。・・・悪い行いをすれば、やがて自分に返ってきます。いずれ「代償」をはらわなければなりません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼がどんな「代償」をはらうことになるのか、気になって止まらなかった。

重めミステリーですが、面白くて一気に読みました。

『代償』伊岡瞬【あらすじと感想】底知れぬ悪意の代償伊岡瞬さんの小説『代償』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。弁護士になった圭輔と犯罪者になった達也、とてつもない悪、達也の代償、結末について書いています。...

『氷菓』米澤穂信

古典部シリーズ

あらすじ

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていく。

古典部シリーズ第一作目『氷菓』です。省エネ少年が謎を解決していく学園青春ミステリー。米澤さんは小さな謎を散りばめるのが上手い作家さんなんですよね。日常に潜む小さな謎が面白かったです。ちょっぴり苦くもあり、ほのぼのした雰囲気にハマりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もう一度、学生時代に戻りたくなった。

『石の繭 警視庁殺人分析班』麻見和史

安定の警察小説

著:麻見 和史, ナレーション:大森 ゆき, 出版社:Audible Studios
あらすじ

モルタルで固められた変死体が発見された翌日、犯人から警察に電話が入る。交渉相手に選ばれたのは、女性刑事・如月塔子だった。

麻見和史さん『石の繭 警視庁殺人分析班』は、小柄な女性刑事が主人公の警察小説です。シリーズ化されていて、主人公の成長する姿も楽しめました。最後は驚愕のどんでん返し・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
推理小説は止まらなくなるよね。
『石の繭』あらすじとネタバレ感想|警視庁殺人分析班|麻見和史|執念の復讐と予想外の結末麻見和史さんの小説『石の繭 警視庁殺人分析班』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。女刑事・如月塔子と復讐に燃える犯人・トレミー、タイトルが指している石膏で再現した人の形についても書いています。登場人物が個性的で予想外の結末でした。...

『坂の途中の家』角田光代

心の闇を描いた心理サスペンス

あらすじ

子どもの虐待事件の補充裁判員に選ばれた里沙子。自分も幼い子どもを育てる母親だった。裁判で証言を聞くうちに、いつしか被告と自分を重ねて見ていることに気づくのだが・・・。

角田光代さん『坂の途中の家』は、重め心理サスペンス。ボタンをかけ違えただけで立場が変わるかもしれない恐怖を感じました。裁判員裁判、子育てなどを通して見えてくるのは「家族愛」です。心がボロボロの主人公だったけど、最後は少しだけホッとしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼女の心の闇は共感できなかったけど、面白かった。
家
『坂の途中の家』角田光代【あらすじ&感想と解説】家族愛と恐怖。気になる結末は・・・角田光代さん『坂の途中の家』あらすじと感想です。ネタバレもあります。WOWOWドラマ原作小説。テーマは家族愛です。裁判員裁判を通して変わっていく家族への愛。ズシッとくる心理サスペンスでした。...

【Audibleで聴ける】宮部みゆき、おすすめミステリーはこれ!

Audibleでは、宮部みゆきさんの小説も充実しています。その中から私の好きな3冊をピックアップしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったので、ぜひ。

『火車』宮部みゆき

社会派ミステリー小説

著:宮部 みゆき, ナレーション:三浦 友和, 出版社:Audible Studios
あらすじ

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?

宮部みゆきさん『火車』は、ひとりの女性の凄惨な人生を描いた物語です。クレジットカードによる自己破産などを取り上げた社会派ミステリー小説。追いつめられた彼女の行動が休職中の刑事によって明らかになるのですが・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
決して他人事ではない恐怖を感じたよ。

『模倣犯』宮部みゆき

渾身の長編ミステリー

あらすじ

公園のゴミ箱から発見された女性の右腕。それは「人間狩り」という快楽に憑かれた犯人からの宣戦布告だった。比類なき知能犯の狂気に立ち向かう第一発見者の少年と孫娘を殺された老人、二人を待ち受ける運命とは?

宮部みゆきさん『模倣犯』は、超長編ミステリーです。でも気にならないくらい面白くてあっという間に読み切りました。被害者側、加害者側の視点で描かれているからハラハラです。これはハマりますね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
映画化もされた作品。

『ソロモンの偽証』宮部みゆき

学校裁判、開廷!!

著:宮部 みゆき, ナレーション:羽飼 まり, 出版社:Audible Studios
あらすじ

クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった―。

宮部みゆきさんの超長編『ソロモンの偽証』。学園ミステリーで、学校裁判まで開廷しちゃうインパクト大の小説でした。面白すぎて止まらなくなります。特に後半、裁判が絶妙な展開・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
長編だけど、一気に読めた。

【Audibleで聴ける】ホラー小説

最後は、Audibleで聴けるホラー小説です。哀愁ある世界が魅力の恒川光太郎さんの本、怖くて面白かった貴志祐介さんの本をご紹介。

ひつじくん。
ひつじくん。
面白かったから読んでみて!

『夜市』恒川光太郎

今宵、どこかで 「夜市」 が開かれる―

あらすじ

裕司から「夜市にいかないか」と誘われた大学生のいずみ。小学生のころに夜市を訪れた裕司は、弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。そのことをずっと後悔していた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたのだった―。

恒川光太郎さん『夜市』は、ファンタジーよりのホラー小説です。程よいヒヤリ感と、ジブリ映画のような不思議な世界観が魅力。怖いけど行ってみたくなるんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
1冊に、表題作「夜市」と「風の古道」の中編2つ入ってるよ。

どちらも哀愁ある美しい物語。好きすぎて何度も読んでいます。おすすめ

『夜市』恒川光太郎【あらすじと感想】美しくも哀しいラスト/ホラーファンタジー恒川光太郎さん『夜市』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ラストは深い哀しみに包まれました。切なくも美しいホラーファンタジー小説です。...

『クリムゾンの迷宮』貴志祐介

生き残りを賭けたゼロサムゲーム

あらすじ

知らずにゼロサムゲームに参加させられた9人の男女。目覚めたら、そこは知らない世界だった―!彼らの運命は・・・。

貴志祐介さん『クリムゾンの迷宮』は、スリル感満点のホラー小説です。生きるか死ぬかを賭けたゼロサムゲームは、ハラハラの展開でした。ロールプレイングゲームをしているような感覚で、怖いけど楽しく読めます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読み進めるうちに怖さが増してくるよ。
『クリムゾンの迷宮』貴志祐介【あらすじと感想】生き残りを賭けたゼロサムゲーム貴志祐介さん『クリムゾンの迷宮』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。過酷なゼロサムゲームはホラー感があってハラハラしました。ロールプレイングゲームをやっているかのような面白さもありました。...

『天使の囀り』貴志祐介

とてつもない恐怖が、あなたを襲う

あらすじ

ホスピスで働く北島早苗の恋人・高梨は アマゾン調査隊に参加してのち人格が変わってしまう。さらに他のメンバーも異常な方法で自殺を遂げていた。いったいアマゾンで何があったのか―。

貴志祐介さん『天使の囀り』は、怖さとグロさを超えた面白さがある小説です。・・・グロいの苦手なんですけど、面白すぎて止まらなくなりました。怖さも絶品、ストーリーも絶品、ハマります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
貴志祐介さんの本はハズレない。
『天使の囀り』貴志祐介【あらすじと感想】恐怖と快楽のはざま貴志祐介さんの小説『天使の囀り』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。別人になった恋人、怖さとグロさを超えた面白さ、恐怖が快楽に変わる瞬間、早苗は感染したのかについて書いています。...

Audibleで聴けるミステリー&ホラー小説まとめ

Audibleで聴ける、面白かったミステリー&ホラー小説でした。紹介した本はこちらです。

紹介した本
  • 『あの日、君は何をした』
  • 『幻夏』
  • 『カラスの親指』
  • 『コンビニ人間』
  • 『代償』
  • 『氷菓』
  • 『石の繭 警視庁殺人分析班』
  • 『坂の途中の家』
  • 『火車』
  • 『模倣犯』
  • 『ソロモンの偽証』
  • 『夜市』
  • 『クリムゾンの迷宮』
  • 『天使の囀り』

耳で聴く本も味わいがあって良いんですよね。サンプルを聴いてからの購入がおすすめです。

ひつじくん。
ひつじくん。
Audibleで本を聴くなら、会員登録した方がお得に聴けるよ。

まずは聴きたい本を探そう!

Audible公式サイト

初めの一冊は無料

Audible

Audible(オーディブル)で本を聴こう!Audibleは、Amazonが運営するオーディオブック。「聴く」読書も良い感じですよ♪

  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

ひだまりさん。
ひだまりさん。
専用のアプリ、またはAmazon Echo(アレクサ)でも聴けるよ。
Audible
本を聴くAudible(オーディブル)メリット・デメリット|ボイスブックの特典と魅力ボイス(オーディオ)ブック本を聴くAudible会員特典、メリットとデメリット、休会、便利な使い方について書いています。...
一度は読むべき面白かったミステリー&ホラー小説
【本当に面白い】一度は読むべき本|ミステリー&ホラー小説おすすめ人生で一度は読むべき!本当に面白いミステリー&ホラー小説を厳選しました。私を読書沼に落とした名作本です。読みやすいから初心者にもおすすめ。...
読書初心者におすすめ!読みやすい小説
【読書初心者におすすめ】読みやすい小説|サクサク読めて面白い本を厳選!読書初心者におすすめ小説。面白くてサクサク読める、読みやすい小説を集めました。心温まる感動作、短編・連作短編、SFとミステリーを紹介しています。...