おすすめ本特集

【Audibleおすすめ小説】SF&ファンタジー・児童文学から感動必須の泣ける本を厳選

【Audible】おすすめSF&ファンタジー小説

聴く読書、Audible

Audible(オーディブル)で聴ける面白かった小説を集めました。ハマったSF&ファンタジー、癒やされる児童文学、感動必須のヒューマン・お仕事小説です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どれも面白かった本ばかりだよ。
【Audible】とは

Amazonが運営するボイスブック。40万冊以上の豊富なラインアップで、ベストセラーなど人気の本が揃っています。

  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

Audible公式サイト

Audible
本を聴くAudible(オーディブル)メリット・デメリット|ボイスブックの特典と魅力ボイス(オーディオ)ブック本を聴くAudible会員特典、メリットとデメリット、休会、便利な使い方について書いています。...
Audibleおすすめミステリー&ホラー小説
【Audible】ミステリー&ホラー小説おすすめ|面白い、聴くべき本を厳選|聴く読書『聴く読書』Audible(オーディブル)で聴けるミステリー&ホラー小説を集めました。どれも面白くてハマった本です。...

【Audible本】面白すぎたSF小説

まずはAudibleで聴けるSF小説より、面白かったものを厳選しました。海外小説2作品はとてもオススメです。

ひつじくん。
ひつじくん。
読みやすかった。

『三体』シリーズ|劉慈欣

中国SF小説『三体』

著:劉 慈欣, 翻訳:大森 望, 翻訳:光吉 さくら, 翻訳:ワン チャイ, 監修:立原 透耶
あらすじ

人類に絶望した科学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)は、謎めいた軍事基地にスカウトされる。数十年後、ナノテク素材の研究者・汪淼(ワン・ミャオ)は、世界的な科学者が次々に自殺している事実を知る。“科学フロンティア” への潜入を引き受けた彼を怪現象が襲う。汪淼が入り込む三つの太陽を持つ異星を舞台にしたVRゲーム『三体』の驚くべき真実とは?

中国SF小説『三体』シリーズは、海外小説ながら読みやすく面白かったです。『三体』『三体Ⅱ 黒暗森林』『三体Ⅲ 死神永生』の三部作完結。三つの太陽を持つ三体世界、そして暗黒森林攻撃・・・。凄すぎて圧倒されました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これはおすすめ。2巻以降がめちゃめちゃ面白かったよ。

ボリュームがあるので、サラッとAudibleで聴くのも良いですね。

小説『三体』のレビュー
『三体』あらすじ・ネタバレ感想文|第1部の解説と要約|魅力的なVRゲームの世界が斬新すぎる!劉慈欣さんのSF小説『三体』あらすじ・魅力&ネタバレ読書感想文です。第1部を簡単に解説・要約しました。VRゲームと三体問題、不可解な事件とゴースト・カウントダウン、三体人の目的について書いています。...
三体Ⅱ黒暗森林レビュー
『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文【解説】フェルミのパラドックス劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅱ黒暗森林』あらすじ・ネタバレ感想文です。タイトルの意味とフェルミのパラドックス、面壁計画、羅輯と章北海、「水滴」、結末と羅輯の呪文について書いています。...
『三体Ⅲ 死神永生』
『三体Ⅲ 死神永生』ネタバレ感想文・あらすじ|タイトルの意味、宇宙の真相を解説|劉慈欣劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅲ 死神永生』あらすじとネタバレ感想文です。タイトルの意味を考察&解説、階梯計画と天明の贈り物、崩壊した三体、暗黒森林攻撃回避のプロジェクト、マジック・リングの崩壊、次元と紙切れ、宇宙の真相について書いています。...

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』フィリップ・K・ディック

映画『ブレードランナー』原作

あらすじ

第三次大戦後、放射能灰に汚された地球では 生きた動物を持っているかどうかが地位の象徴になっていた。人工の電気羊しかもっていないリックは、本物の動物を手に入れるため、火星から逃亡してきたアンドロイドの首にかけられた莫大な懸賞金を狙って、決死の狩りをはじめた。

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』は、バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)が 8人のアンドロイドを狩っていくお話です。テーマはアンドロイドと人間。「彼らと人間の違いは何か」など、深く考えたくなる小説でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アンドロイドと人間は、大差ないように感じたよ。

海外小説ながら、こちらも読みやすかったです。

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』あらすじ・ネタバレ感想文と考察|タイトルの意味を解説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』あらすじ・読書感想文と考察です。ネタバレあります。タイトルの意味を考えました。アンドロイドと人間の違い、印象に残ったシーンについても書いています。...

『虐殺器官』伊藤計劃

ゼロ年代最高のフィクション

あらすじ

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう。彼の目的とはいったい何か?大量殺戮を引き起こす“虐殺の器官”とは?

伊藤計劃さん『虐殺器官』は、ミステリー感ありのSF小説。タイトル「虐殺器官」とは何なのか。謎が気になり面白くて止まらなかったです。作者の世界観や想像力が素晴らしく、圧倒されました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アニメ化もされたよ。

『ハーモニー』伊藤計劃

伊藤ワールド全開!

あらすじ

21世紀後半、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユートピア”。そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した―。それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰にただひとり死んだはずの少女の影を見る―。

伊藤計劃さん『ハーモニー』は、その世界観に魅了されます。ユートピアならぬディストピア・・・。登場人物に味があり、感情が揺れ動きました。こちらもアニメ化されています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
伊藤計劃さんの本は、独特の魅力がある。

『時をかける少女』筒井康隆

時間を超えて・・・

あらすじ

放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。このにおいをわたしは知っている―。そう感じたとき、芳山和子は不意に意識を失い床にたおれてしまった。そして目を覚ました和子の周囲では、時間と記憶をめぐる奇妙な事件が次々に起こり始めた。

名作中の名作、筒井康隆さん『時をかける少女』もAudibleで聴けます。タイムリープ(時間飛躍)を扱った時間SF小説。話の内容を知っていても、やっぱり面白いです。・・・なんとも言えない切なさが心に残りました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
筒井さんは想像力豊かだよね。
『時をかける少女』あらすじ・ネタバレ感想|甘く切ないラベンダーの記憶|筒井康隆筒井康隆さんのSF小説『時をかける少女』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ラベンダーの恋、テレポーテーションとタイムリープ、未来の社会について書いています。...

【Audible本】ほっこり癒やされるファンタジー&児童文学

続きまして、ファンタジー・児童文学よりAudibleで聴ける本をご紹介。名作なので繰り返し聴きたい作品です。

ひつじくん。
ひつじくん。
寝る前に聴きたいかも。

『銀河鉄道の夜』宮沢賢治

不思議な銀河の旅

あらすじ

孤独な少年ジョバンニとカムパネルラは、銀河鉄道の汽車に乗って旅をする。やがて様々な人たちと出会い、みんなの「ほんとうの幸い」を願う。

宮沢賢治さん『銀河鉄道の夜』は、Audibleでも聴けます。読み手が違うバージョンが数冊あるので、サンプルを聴いて自分にあったものを選ぶのがおすすめ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
Audibleで聴く『銀河鉄道の夜』も味があって良いよ。
藤城清治さんの絵本『銀河鉄道の夜』あらすじと感想 / 光と影の幻想的な世界藤城清治さんの影絵本『銀河鉄道の夜』あらすじと感想です。ジョバンニの孤独と「ほんとうの幸せ」、杉井ギサブロー監督のアニメ映画『銀河鉄道の夜』についても書いています。...

『星の王子さま』サン=テグジュペリ

いちばん大切なこととは?

あらすじ

砂漠に飛行機で不時着した「僕」が出会った男の子。それは、小さな小さな自分の星を後にして、いくつもの星をめぐってから七番目の星・地球にたどり着いた王子さまだった・・・。

サン=テグジュペリ『星の王子さま』は、年齢を重ねるたびに読み直したくなる本。その時々によって感じ方がかわりそうです。大切なこととは何かを教えてくれました。大人にこそ、読んで(聴いて)ほしい一冊。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とても素敵な物語だよ。
『星の王子さま』サン=テグジュペリ【あらすじと感想】心の目で見る一輪の薔薇サン=テグジュペリ『星の王子さま』絵本のあらすじと感想です。大切なものと忘れかけていた子供心、大人になるということについて書いています。...

『カラフル』森絵都

心が疲れたときにオススメ

あらすじ

死んだはずのぼくの元に現れた天使。抽選に当たったおかげで 別の人の体にホームステイすることに・・・。

森絵都さんの児童文学『カラフル』は、ハートフルな青春小説です。大人が読んでも楽しめるお話。自分を見つめ直したくなりました。癒やされるので、心が疲れたときや元気になりたいときにオススメ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
優しい気持ちになったよ。
『カラフル』あらすじと読書感想文・名言|愛にあふれた世界と天使のプラプラ|森絵都森絵都さん『カラフル』のあらすじと読書感想文です。小説の名言も書いています。世界は愛で溢れていてカラフル。いつも人の優しさや愛を感じれる人間でいたいなと思いました。結末は心が温かくなりました。...

【Audible本】感動必須!爽快!お仕事&ヒューマン小説

最後に胸熱くなるお仕事&ヒューマン小説です。感動作、スカッと爽快な本をピックアップしました。

ひつじくん。
ひつじくん。
オススメだよ。

『神様のカルテ』夏川草介

泣ける度NO1

あらすじ

信州の病院で働く内科医・栗原一止に、大学病院の誘いがかかる。悩む彼の背中を押してくれたのは・・・。

Audibleでは夏川草介さん『神様のカルテ』シリーズも聴けます。ひとりの医師として患者さんと真摯に向き合う主人公の姿に胸を突かれました。泣ける度NO1、涙が止まらなくなります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
このシリーズはどれもオススメ。
温かい涙と優しい気持ち【あらすじと読書感想文、学んだこと】『神様のカルテ』夏川草介夏川草介さんの小説『神様のカルテ』あらすじと感想です。主人公・イチさんの魅力、癌患者・安雲さんとイチさんの優しさ、『神様のカルテ』を読んで学んだことについて書いています。...

『羊と鋼の森』宮下奈都

調律師の成長物語

あらすじ

主人公・外村は ピアノの調律にみせられたことから調律師としての人生を歩み始める。彼の成長を温かに綴った物語。

宮下奈都さん『羊と鋼の森』は、ピアノ調律師の青年の成長物語です。コツコツと自分の信じた道を歩んでゆく主人公に勇気をもらえました。ゆっくり時間をかけて読みたい(聴きたい)一冊です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
静謐で安らぎを感じる文章が美しくて圧倒された。
『羊と鋼の森』宮下奈都【あらすじと感想】ピアノ調律師が奏でる安らぎの森宮下奈都さんの小説『羊と鋼の森』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ピアノが奏でる静謐な森、タイトルの意味、世界と調和された安息の地、繊細な音色と愛情、学んだことについて書いています。...

『下町ロケット』池井戸潤

胸が熱くなって、ラストは爽快!

あらすじ

主人公・佃航平が経営する佃製作所は、倒産の危機に立たされていた。身に覚えはないが、特許侵害の疑いで訴えられたのだ・・・。

池井戸潤さん『下町ロケット』は、胸熱くなるお仕事小説です。働くこと、夢、仲間・・・たくさんの想いが胸をよぎりました。悔しいシーンもたくさんあるけど、最後は爽快。このスカッと感がクセになるんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
感動の結末だよ。
『下町ロケット』池井戸潤【あらすじと感想】夢とプライドを賭けた戦い池井戸潤さんの小説『下町ロケット』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。池井戸作品の魅力、特許の落とし穴、ロケットへの情熱と夢、働くということ、佃製作所VS帝国重工について書いています。...

『アキラとあきら』池井戸潤

銀行マンのお仕事小説

あらすじ

山崎瑛と階堂彬。名前は同じだが、生まれも育ちも違うアキラ。彼らは様々な試練に立ち向かうが・・・。

池井戸潤さん『アキラとあきら』は、メガバンクを扱ったお仕事小説です。自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた2人が主人公。バブル時代から崩壊の激動の時代までが描かれています。銀行マンの熱い小説でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
仕事って、決してお金のためだけではないんだよね。
爽快な結末『アキラとあきら』池井戸潤【あらすじと感想】Wアキラの運命と宿命池井戸潤さんの小説『アキラとあきら』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。彬と瑛の宿命、メガバンク産業中央銀行の新人研修、カネは人のために、東海郵船の運命とWアキラの決断について書いています。...

『人間失格』太宰治

転落していく男の半生

あらすじ

東北の名家に生まれた成績優秀な青年・大庭葉蔵の手記。3枚の写真と共に渡されたそれには、彼の陰惨な半生が描かれていた。他人がどう思っているかわからず、自分を偽ってきた少年時代。次々、女性と関わりを持ち、やがて酒と薬物に溺れていくのだった・・・。

太宰治さん『人間失格』は、転落していく男の半生を描いた物語。登場人物には共感できなかったけど、人間の弱さがそのまま描かれていて面白かったです。たくさん悩みながら生きている姿には胸が痛みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人はみんな何かしら弱い部分を持ち合わせているものだよね。
『人間失格』あらすじ・読書感想文と名言|共感できない!? 太宰治が伝えたいことと学んだこと太宰治『人間失格』あらすじと読書感想文です。ネタバレあります。大庭葉蔵の波乱な人生、作者が伝えたいこと・学んだこと、タイトルの意味、名言・印象に残った言葉について書いています。...

Audibleで聴ける小説まとめ

Audible(オーディブル)で聴けるSF&ファンタジー、児童文学、ヒューマン・お仕事小説でした。紹介した本はこちらです。

紹介した本
  • 『三体』
  • 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
  • 『虐殺器官』
  • 『時をかける少女』
  • 『ハーモニー』
  • 『銀河鉄道の夜』
  • 『星の王子さま』
  • 『カラフル』
  • 『神様のカルテ』
  • 『羊と鋼の森』
  • 『下町ロケット』
  • 『アキラ』
  • 『人間失格』

まずは聴きたい本を探そう!

Audible公式サイト

初めの一冊は無料

Audible

Audible(オーディブル)で本を聴こう!Audibleは、Amazonが運営するオーディオブック。「聴く」読書も良い感じですよ♪

  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

Audible
本を聴くAudible(オーディブル)メリット・デメリット|ボイスブックの特典と魅力ボイス(オーディオ)ブック本を聴くAudible会員特典、メリットとデメリット、休会、便利な使い方について書いています。...
Audibleおすすめミステリー&ホラー小説
【Audible】ミステリー&ホラー小説おすすめ|面白い、聴くべき本を厳選|聴く読書『聴く読書』Audible(オーディブル)で聴けるミステリー&ホラー小説を集めました。どれも面白くてハマった本です。...
ハマる!一度は読むべきSF・ファンタジー、恋愛小説
【ハマる面白さ】一度は読むべき本|SF・ファンタジー、恋愛小説おすすめ私を読書沼に落とした名作(SF・ファンタジー、お仕事、恋愛)小説を厳選しました。一度は読むべき本です。...